sususuさんの映画レビュー・感想・評価

sususu

sususu

ダイ・ハード4.0(2007年製作の映画)

3.5

ちょっとマクレーンが超人過ぎたと思う。

これがダイ・ハードじゃなければ別に気にしなかったかもしれない。

観てる最中の印象は、ウォンテッド観てる感じに近かった。ちょっと現実離れしたアクションシーンは
>>続きを読む

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

3.9

観終わったあとにまず思ったのは、もうお腹いっぱいという感想だった。

主要キャストそれぞれのアクションシーンもよかったし、ラストの決着のつけ方も個人的には良かった。

ストーリーはあって無いようなもの
>>続きを読む

P.O. Box 1142: 知られざるナチ捕虜収容施設(2021年製作の映画)

3.7

ヨーロッパから逃げてきたユダヤ人の青年たちが、ドイツから連れてこられた捕虜を迎える任務に就く実話のドキュメンタリー。

自分たちの敵だった人間を接待しないといけなかった彼らの気持ちはかなり複雑だっただ
>>続きを読む

ジュラシック・リボーン(2016年製作の映画)

2.8

安っ。

ハードルを下げに下げて鑑賞したせいか、思ったよりは楽しめた。思ったよりは。

シュガーランドの亡霊たち(2019年製作の映画)

3.5

親友がISに入っちゃうなんてかなりショックだと思う。それが、自分が誘ってイスラム教に改宗した友達ならなおさらだと。

彼方に(2023年製作の映画)

3.8

主人公が抱えていた悲しみが、とある出来事で溢れ出してしまうシーンがなんとも辛かった。

最期の祈り(2016年製作の映画)

3.7

重たい…

人工呼吸器をつけるか外すか、どちらが正解かなんてのは誰にも決められない。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.9

タイムループ自体にここまで意味を持たせている映画を初めて観た。

泊まった女性の部屋に銃があるのを知りながら、最後まで使わなかった所が良かった。

物ブツ交換(2018年製作の映画)

3.5

ジャガイモて物々交換する職業というのが新鮮だった。

各地の無垢な子どもたちと荒んだ大人達の差が印象的だった。

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.9

ざまぁと思うと同時に、後味悪すぎる映画だった。

ハドソン・ホーク(1990年製作の映画)

3.0

なんというか、アメリカのコメディアニメを実写化したような、ドタバタコメディだった。

アクションとかは大したことなかったが、主人公たちの掛け合いは好きな感じだった。

吹き替え版を鑑賞したが、懐かしく
>>続きを読む

リアリティ(2023年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃ金かけた再現VTRみたいな映画。

ただ、リアリティ役の人の演技は良かった。ただの再現VTRではなかった。

最初の方は、柔らかい表現でリアリティに自分で喋らせようとするFBIが、どんどん
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.9

クレイモアで建物爆破とか、いろいろツッコミどころ多いが、それがいい映画。

スター・ウォーズ・ホリデー・スペシャル(1978年製作の映画)

2.0

YouTubeでたまたま見つけて鑑賞。

評判通り酷かった。

スター・ウォーズに出てたキャラが出るまでの時間を耐え忍ぶ映画だった。

ブロークン・アロー(1996年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

主人公の吹き替えがいまいちだったなぁ…

内容はまあまあ。
核兵器雑に扱いすぎ笑。

ジョン・トラボルタの最期は面白かった。

エネミー・オブ・アメリカ(1998年製作の映画)

3.9

この映画、今の時代のほうが怖さが増すと思う。

最後の落ちは最高だった。面白かった。

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

1作目がかなり良かったので、2作目はあまり期待せず鑑賞。

結果、めちゃくちゃ楽しかった。

最後のHey Siriは鳥肌立った。

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

3.8

戦闘シーンは最高だった。

特に震電が飛んでる映画は初めて見たので、かなりワクワクした。

GHQが全く出てこないのは違和感あった。

ただ、戦艦とゴジラが戦うシーンとか、いいシーンはいっぱいあったの
>>続きを読む

ナポレオン(2023年製作の映画)

3.8

ナポレオンについては授業で習った程度の知識で、ジョゼフィーヌに至っては初めて知ったくらいの知識で鑑賞。

結構笑えるシーンもありつつ、迫力の戦闘シーンもありとても楽しめた。

しかし、ジョゼフィーヌは
>>続きを読む

ウェザリング(2023年製作の映画)

3.0

ラストまではなんだかよくわからなかったが、最期パソコンに入力した文字でやっと理解した。
黒人差別の中にはこういうものもあるというのを全然知らなかったので、そういう意味では観て良かった。

ザイオン(2018年製作の映画)

3.8

すごすぎる。生い立ちもいろいろ大変だったようだが、ハンデがある中ここまで戦った事はほんとに素晴らしいと思った。

父として(2023年製作の映画)

3.7

トランスジェンダー本人の葛藤はよく作品で観たりするが、家族にスポットを当てた作品はあんまり見たことがなかった。

父親には父親なりの悩みがある。

隣のヒットマン(2000年製作の映画)

3.8

マシュー・ペリーが亡くなったと聞いて鑑賞。

話は緩い感じだが、マシュー・ペリーや、ブルース・ウィリスの演技も楽しくて良かった。
マイケル・クラーク・ダンカンはちょっと可哀想だった。

(2023年製作の映画)

3.9

結構不謹慎ギャグ多めで、北野武というよりはビートたけし寄りの映画だった。

徳川家康の影武者の扱いには笑ってしまった。

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

3.9

後半になるに連れ展開がなんだか雑になったような印象があったが、個人的には特に前半、めちゃくちゃ好きなシーンがところどころに散りばめてあって、すごく良かった。

死んだ人間の意識をチップにコピーし、アン
>>続きを読む

ロスト・キング 500年越しの運命(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

専門家じゃない一般人が、通説を覆して新発見をするというあらすじを聞いてわくわくしながら観に行った。

確かに王の遺体を発見するところまでは予想通り楽しかったが、その後の展開がなんとも言えない気持ちにな
>>続きを読む

キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン(2023年製作の映画)

3.9

見終わったあと、ものすごい満足感のある映画だった。

観る前は長い上映時間に少しビビッていたが、観終わったあとは思ったほど長く感じなかった。

静かに、確実に彼らの土地や財産を白人たちが蝕んでいく様は
>>続きを読む

グランツーリスモ(2023年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃテンポよく話が進んでいき、最後のレースはめちゃくちゃ熱くなった。

逆に、テンポ良すぎて周りの人間をもう少し深堀りしても良かったんじゃないかと思うくらいだった。

ぼくたちの哲学教室(2021年製作の映画)

3.7

なにか失敗したりしても安易に攻めたりせず、何がいけないのか、どうすればいいのか考えさせる校長にはとても感心した。

映画「ベルファスト」でこの街のことは知ったが、現在もなかなか物騒な事件が起きているこ
>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.5

いろいろツッコミどころはあるが、出演者は豪華だし、ニコラスロン毛だし、カーチェイスやら銃撃戦やら空飛ぶコルベットやら、挙句の果てにラスベガス大破壊などクライマックスの連続で見どころ満載の、楽しい映画だ>>続きを読む

ヴィーガンズ・ハム(2021年製作の映画)

3.8

面白かった。

偶然食べてしまったヴィーガンの人肉の味に目覚め、次々と犯行を重ねていく肉屋の夫婦の話。

ブラックな笑いが多く、中には流石にアウトじゃないか?と思うセリフもあったが、全体的には面白かっ
>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ドイツ軍✕黄金といえば色々な映画があるので、個人的には「戦略大作戦」にグロをプラスした位の内容だと思って観に行ったが、全然そんなことはなかった。

完全にマッドマックスで、Mr.ノーバディで、想像以上
>>続きを読む

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

3.7

物語が進むにつれ、劇中劇なのか現実なのかよくわからなくなっていったが、なんだかんだ退屈することなく最後まで楽しめた。

観ているだけで楽しいのがこの監督の好きなところ。

>|