eigafunさんの映画レビュー・感想・評価

eigafun

eigafun

映画(183)
ドラマ(10)
  • List view
  • Grid view

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

もっと助けられた、この台詞で泣いてしまった。スピルバーグの名作。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

2.5

男同士の友情を越えた物語という説明になるほどと思った。

ロボコップ(2014年製作の映画)

3.5

昔のロボコップとはCGレベルがちがうね。アクションムービーとして十分楽しめた。

ロボコップ(1987年製作の映画)

2.5

結構グロいシーンが多かった。あと、時代的にCGが急にアニメーションみたいになって笑えた。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.0

単なるボクシング映画じゃなかった。なんとも切ない、そして感動的な映画。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

勧善懲悪、友情、サプライズ、などの要素が入った素晴らしい映画。これ、スティーブンキングが原作なんだね。

グリンチ(2018年製作の映画)

3.0

子供向けだからか、ストーリー自体が単純すぎで、そこが残念だった。

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

2.5

子供向けのファンタジー。欧米ではよく出てくる妖怪なんだろうか。ロードオブザリングにも同じような妖怪がでてきていた。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

くどかんのはちゃめちゃロック絵巻。みうらじゅんとかロック系の著名人も随所に出てきて楽しめた。出落ちになりがちな設定なのに最後まで飽きさせずに持っていくのは流石。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

もしも音に反応する殺人クリーチャーがいたら、というシチュエーションホラー。赤ちゃんの泣き声はそんな消音できないだろ、などつっこみどころ多し。クリーチャーを見せなかったほうが怖かったんじゃないかと思う。

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.5

ちょっといい話感が強くなったバージョン。昔なのに未来的な一輪車は設定的にどうかと思ってしまった。

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.0

是枝監督の家族のかたちシリーズの良作。「いつも少しだけ間に合わないんだよな」、ほんとそう。今の自分と重なる。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

2.5

ジブリの影響が強いのかな。あと、個人的には、魔法的な世界観についていけなかった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

DVがすべての悪の元。子たちの様子見てると血のつながりなんかより一緒に生活をともにした嘘の家族のほうがいい、そこに戻りたいと感じてるのが明らか。しかし悲しい話だ。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

こりゃこじらせてますな。でも最後にはようやく自分を好きでいてくれる「二」
の存在にようやく気づきハッピーエンド。面白かった。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.0

途中までは世にも不思議な物語っぽい秀逸なストーリーでぐんぐん引き込まれた。最後が消えちゃう系のよくある感じたったのはちょっと残念。

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.5

今回見て気が付いたのは、絵がすべて丸みがかっていること。優しい雰囲気が出ているのはその影響があるかも。

>|