SUNAOさんの映画レビュー・感想・評価

SUNAO

SUNAO

ラブロマンス以外は何でも見るのですが、サメとゾンビ...B級も多少嗜んでおります

映画(330)
ドラマ(1)

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

凄すぎて口が笑ってました

何も言うめぇ

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

新年一発目

僕の26人格のうちの、14を占める
『自分に自信が無くて踏み出せない女子』の満場一致により、この作品は4点越えに至りました



ただ、主人公1人の脳内自己評価を変えるだけで

2人1役
>>続きを読む

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず、僕から言える事など何もありません

シャークネードの最新作ですから

映画見ないうちに感想なんか先に聞いたらダメですよ!

大体、シャークネード観てる人にロクな感想言える人なんていないんで
>>続きを読む

選挙の勝ち方教えます(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

実家に帰ってHDD内録画から弊ママンのセレクションより

や、面白い

女神の見えざる手とは違った、パワーゲームと戦略が売りっていうよりも

キャラクターと愛着とチーム感が売りといった感じ

微妙に優
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

お祭り感がお祭りしている

なんというか、言語外の楽しみと喜びに満ちた

バカプロレスをご覧あれ




小さい頃、お正月にドラゴンボール劇場版の再放送が何度かやっていたんですが、だいたいブロリーに心
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

芯の通らないホラーなのだと感じました、褒めてます

不吉な日常のなんか笑えてくるホラーシーンと、真逆な様相

日常をダークに変える黒木華の顔力、追い詰められ具合が分かる怖ぁい雰囲気

ホラーシーンをコ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

世界一受けたい授業

グレてしまった若者に向けた
ベネチオ・デル・トロ、恐怖の二者面談が始まる...(終わる....)







前作女性主人公が不在のため
全編通して恐ろしくセリフの少ない作品に
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

3.5

ヨガでソーセージ産のカナダ人ナチス軍団率いるオフ会0人のクリエイターを殺す

そんな映画

可愛くて楽しい

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

2.3

(^ω^)よし!帰ってゴーストライダー見よ!!









時は1980年代

作中最も怖い顔をした奥さんと過ごす、過去のある男(役名)ことニコラス・ケイジ

歌ってみた崩れの狂気のカルト教祖(
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレしますよ、もう


『スマホを落として、ITに強いサイコパスが拾って、それを悪活用されて、疑心暗鬼に陥るタイミングで大学時代のゲス先輩が現れてゲスムーブをして、バカリズムで、彼女の秘密が砂の器
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.4

アーミル・カーンが持つ

『何考えてるのか全く分からない顔のはっきりした奴』感

宇宙人などに活かされていたその変人感ですが

今回は『頑固オヤジ』にその感じがぴったりハマってしまいました

彼の顔面
>>続きを読む

ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~(2014年製作の映画)

4.0

詳しい方のオススメで拝見

『リメンバー・ミー』とか見てない時代遅れな私でございますが

この作品は可愛くて煌びやかで

もちもちしてキラキラしてるのです

というのもキャラクターの頭身を揃えず

>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

恐ろしい発想といいますか

POVに嫌でも貼りつくドキュメンタリー感を

検索画面とマウスの矢印アイコンの動きだけでライブ感で上書きする

電脳追跡サスペンス

最初の動きは遅いですが、それは設定を掴
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まずはこの作品

見て

ムカついて

見て

居心地悪くなって

見て

吐き気を催すような気分になって

楽しむ作品



このジェイク・ギレンホール演じる主人公をサイコパスと呼ぶなら

明日から
>>続きを読む

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

Netflix限定作品

インドネシア映画特有のノリなのかもしれませんが

美しい舞のような今時のアクションとは大違いの
凄惨極まりないゴア殺戮といった感じ

話は分かりづらく、とにかくバトルやろうぜ
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

記憶が意味不明なつながりでふわふわ混ざって湧いてきて

なんというか統合が失調してました

風邪引いた日の夢のような映像です

でも登場する変なキャラクターのモチーフが面白いというか
目に残るというか
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

まぁ書いてある通りですが、静かにしろってね

個人的には横の人がうるさければうるさいほど楽しめる作品です

だって、20分もしたら一言も喋らなくなるんですから、体験型体験型

しかして内容は、世紀末ホ
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.3

宝石のような一作

あらゆる全ての映画好きに紹介してたとして

全員が悪い顔をしないであろう作品

珠玉とはこの事で

玉のように美しい男子の、珠のような美しい友情でございます。

BL脳の方でしたら
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

政治とか民族の問題ですとか
知識による所はさておき



原題の通り、『侮辱』に端を発する口喧嘩が巨大化してしまった、というお話

原題と日本題がかけ離れてるけど
割と両方とも見終わった後には腑に落ち
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.6

『あかん...あたし...食べられたい...』

※間違いなく男目線からです

ロボシャーク vs. ネイビーシールズ(2015年製作の映画)

3.1

まだ言ってなかったですね


サメじゃないんですよ、サメじゃ


ロボシャークなんですよ


もうそれで分かって下さいよ


アホすぎて好きなんですよ!


DVDレンタル開始初日に借りて見るくらいに
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.4

『「何もしない」は最高の何かにつながるんだよ』

休日出勤、超過残業、中間管理、家庭内不和

近代高度経済成長にあるロンドンにてエコノミックアニマルに身をやつすクリストファー・ロビン

自己正当化のた
>>続きを読む

五毒拳(1978年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

岡山のB級映画好き友人から勧められた作品

5人の毒拳使いと最後の弟子が
師匠の残したお宝を巡って戦うそんなカンフー映画

恐ろしくベタな筋書きとは裏腹に、中身は珍しい物語

メインが5人の毒拳使いの
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

『高慢と偏見とゾンビ』の鮮やかな殺人舞踏で僕らを魅了したリリー・ジェームス

作中セリフ通り、まさしくダンシングクイーン

色々と感動ベースの良い話なのですが、曲がかかるたびに号泣していました

最近
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

(*≧∀≦*)『ヒャァァァァ!!ゴミB級映画だぁぁぁぁぁ!!』

グロテスク映画にもかかわらず
グロテスクにできるところをわざとそうしない、そして一部にはしつこく混ぜてくる

多分、死ぬほど真面目な監
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

あのね!

面白いのよ!

もうね!

分かってるの!

だけどね!

佐藤二朗がくどいんだよ!!!!

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

悪の美学を魅せるファッションショーです

お美しくありましょうね

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あれあれ、実は1作目アントマン苦手だったんですが

こんなにきちんと面白おかしくアクションチックでしたっけ

笑える笑える

燃える燃える

これなら一生観れるなぁと、やはりシリーズ面白いです

やー
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

(実は森見登美彦 節がちょっと苦手だったんですよね....無駄事が多すぎて....)


《ーーーそんな時は、◼︎◼︎◼︎◼︎について考えると、大変平和な気持ちになるーーー》

真理に満ちた作中名言も
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マグマが流れるような雪山のルックが美しく

一面の雪景色で隔絶されて見える

恐ろしく矮小で卑近な人間ドラマ

あんまり流れで語れませんが
静かな雰囲気で煮えたぎってる感じが怖くて、魅力的です

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

目眩がするような激しいアクションシーンのルックはシリーズ総決算的な勢いでした

2.冒頭のロッククライミング
3.さんざん見たパルクール的なランニングチェイス
4.砂と雪は違えど嵐
5.冒頭の飛行機捕
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

教育ビデオ的な内容

サイズ感は極めて小さく
違和感バリバリのCGに囲まれた
現実に根付かない倒錯的な舞台

そんな子供の成長物語、今まであったでしょうか



あったでしょうね


細田守監督のフ
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.9

のほほん心霊ギャグ?

明るいサイコメトラー

のほーん

日本映画でしかできない緩さ
その具現のような作品でした

ゆるーい

バカみたいな感想ですいません

椿三十郎(1962年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

言いたい事をすべて、大先輩が語ってましたので一言

『抱腹絶倒のコメディに、アクション洋画に求める全てが詰まってた、びっくり』

色褪せない台詞回しと絶妙な間

ほんの数秒かつ、ほんの数回しかない殺陣
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

襲われるヒロインが
『妊婦』かつ『補聴器が必要な難聴』という上手いアイデアはまさしく秀逸かと

その時点で、この作品の脚本は他の人に一任してれば面白かったんじゃないでしょうか

>|