しゃもじお兄さんさんの映画レビュー・感想・評価

しゃもじお兄さん

しゃもじお兄さん

『どんなにイイ男で情に厚くても、悪い仕事をしている男は幸せになれないよね映画』が好きです。乾いたタッチと濡れた路面。テカテカのクルマとピカピカのネオン。3.5あったら褒めてます。接待いいねは要らないので、中身を読んで下さると幸いです。

映画(1088)
ドラマ(35)

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

ニヤニヤなトムクルーズのハチャメチャセスナ密輸伝!

アメリカをはめたんじゃなくて、アメリカにはめられてるっしょコレ!

ALI アリ(2001年製作の映画)

3.3

伝説的ボクサーモハメドアリの波乱に満ちたの半生と彼が生きた激動の時代を、考証の鬼マイケルマン監督が丁寧に描く!

ボクシング映画というよりも伝記映画の属性が強いです。

マイケルマン監督の真面目さが伝
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

3.4

マイケルベイが送る、IQ−100映画!

"筋肉=勝利" にならない現代アメリカ社会に対し非合法な手段で反抗する脳筋達!

キラー・キッド(1967年製作の映画)

3.3

アンソニーステファン演じる静かな賞金首キラーキッドがメキシコ革命の平和革命派と武力革命派の間で板挟みになるが、実は彼の正体は…

キラーキッドの服装の色合いがシックでかっこいい。

ドラキュラZERO(2014年製作の映画)

3.3

厨二病的格好良さに特化したドラキュラ誕生潭。吸血鬼王無双映画。

バットマンはコウモリの群れを呼びますが、今作のドラキュラはコウモリの大群操れるし、自らの体をコウモリの群れ化することができます。バトバ
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

4.0

プロレスファン落涙必至。プロレスにおける必要悪、ヒールレスラー涙の物語。チャンピオンにはなれなくとも、わるものチャンピオンにはなれる!感動してパンフ買いました。

父親の仕事を内緒にされていた小学校低
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

魂の継承と滅びの美学。

映画人イーストウッドからの熱い拳と暖かい手。

少々話が戯画化や単純化されていたり、クサかったりするが、そんなことは気にならないくらいのドドド傑作。

長年連れ添った妻を亡く
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.4

スコセッシにしては珍しい(?)ミステリー作品。面白さは脚本のおかげで、演出の力ではないように感じた。

音楽が大袈裟かな〜

ディカプリオが現実と幻とを行き来するという点ではインセプションと共通してい
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.8

ヴァーホーヴェン節とシュワちゃんの顔芸とのエクストリームなユニゾン!

残酷なのに愉快爽快。アホらしいのに知的。記号的なのに鋭い。悪趣味なのに心打つ。全編エグみのあるバカバカしさに満ち溢れている。これ
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

プレデターという題材に、不謹慎なスラップスティックコメディの遺伝子をかけ合わせ誕生した魔改造新種プレデター映画。

ギャグ>>>>>>怖さ

シェーンブラック監督の個人的好みに沿ったサービス精神を優先
>>続きを読む

殺して祈れ(1967年製作の映画)

3.4

停戦協定と偽り、呼び出したメキシコ人達を虐殺するという凄惨な事件を生き残った少年は牧師に育てられ敬虔なクリスチャンガンマンに成長する!そんな彼はタイトル通り、早撃ちを披露した後、おもむろに聖書を取り出>>続きを読む

ザ・ロード(2009年製作の映画)

3.2

一面灰色の終末世界

詳細不明の"何か"が起きて文明が崩壊した未来に、父と子が餓死と略奪の恐怖に震えながら放浪する様子を描いた、ヴィゴモーテンセン主演の静かなポストアポカリプス映画!

絶望的な食料の
>>続きを読む

バッジ373(1973年製作の映画)

3.3

新宿TSUTAYAでVHSをレンタル。

フレンチコネクションの異母兄弟的作品。あのポパイ刑事のモデルになった実在の刑事の実話をベースにしている。フレンチコネクションと同じく本人も出演。

地味すぎる
>>続きを読む

アパルーサの決闘(2008年製作の映画)

3.4

エドハリスとヴィゴモーテンセンによるド渋西部劇…と思いきや!のんきな雰囲気のするライトなタッチの西部劇!シリアスではなく、むしろゆるふわ笑 暴力は振るわれるけどね笑 しかし後半から次第に暗さを帯びてく>>続きを読む

未来警察(1985年製作の映画)

3.4

未来警察とはこれまたド直球なタイトルですな笑 原題のRUNAWAYの方がヒドイですが笑

未来といってもかなり近い未来に(テクノロジーのレベル的にはロボコップの世界くらい)、警察の対ロボット課の警官で
>>続きを読む

センチュリアン(1972年製作の映画)

3.6

"現代のセンチュアン(百人隊)"

百人隊とは古代ローマにおいて治安維持に務めた兵隊のこと。彼らは市民から嫌われていたが、それでも彼らの安全の為に戦っていた。

新宿TSUTAYAでVHSをレンタル。
>>続きを読む

RENDEL レンデル(2017年製作の映画)

3.4

フィンランド発のアサルト型ヴィジランテダークヒーロー意欲作!

拳と鈍器で悪党をボコす黒マスク&なんかアーマーに見えるゴツイライダースジャケットの戦士レンデル!

そんなレンデルによる成敗に苦しむ犯罪
>>続きを読む

ロング・ライダーズ(1980年製作の映画)

3.5

ケレン味暴力番長ウォルターヒルによる西部劇!でも西部劇的な面白みよりも若き強盗一味の人間模様を前面に出した映画!

ウォルターヒルのフィルモグラフィの中でも屈指のアクションが炸裂しまくる傑作!!

>>続きを読む

スポーン(1997年製作の映画)

3.3

ちょい渋激ハデフェティッシュ悪魔戦士!

すっげぇIQ低い映画だけど、悪魔系厨二デザイン満載で楽しめます。

脚本はガタガタでドイヒー。

スポーンのグロい分泌装着シーンは見ものですな!あとクソデカい
>>続きを読む

ロビン・フッド(2010年製作の映画)

3.3

ドラマアローを観ているのと、ランボーシリーズのグレネード矢のスローモーションシーンの影響で、弓矢映画熱が高まったので鑑賞。

最高にお金のかかったロビンフッド映画。これリドスコ監督作なんかーい。リドス
>>続きを読む

ロビン・フッド(1991年製作の映画)

3.3

ドラマアローを観ているのと、ランボーシリーズのグレネード矢のスローモーションシーンの影響で、弓矢映画熱が高まったので鑑賞。

結論、長ぇ… もっとタイトにできたやろ。

肝心の弓矢アクションも、そんな
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

3.3

イーストウッドが脱獄!実話ベース!

手斧のシーンがショッキング!

もうそろグラントリノが観たい…

恐怖のメロディ(ラジオパーソナリティ)
白い肌の異常の夜(女に拷問される)
アイガーサンクショ
>>続きを読む

ブラック・ダリア(2006年製作の映画)

3.3

1940年代のハリウッド映画芸能業界で起きたブラックダリア事件という惨殺事件から着想を得た同名フィクション小説を題材にデパルマがノワールしてみた映画!

デパルマの悪趣味さが活きそうなテーマなのに、な
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.6

凶悪な軍事勢力によって支配されている地域の捕虜を救出に行くという、2,3とほぼ全く同じ話を過去最凶の超絶ゴアで送る!グロいの無理な人は吐きます。肉片。

ランボーシリーズが始めてしまった、殺しまくり命
>>続きを読む

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

3.5

筋肉が凄すぎて皮膚が足りてない感じさえするランボー!ステロイド感ある!

前作もそうだったが、今回はさらに対ソ連感が増している!79年のソ連によるアフガン侵攻をモロ敵対視!

一番の理解者である大佐か
>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

3.4

アメリカの矛盾が生んだ悲しき男ランボーは、2作目ではいつのまにか政府の便利な筋肉ヒーローになってしまっていた!罪悪感無く殺しまくり!

悪い上官による裏切り展開があるので、少しはアメリカへの批判的な視
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.5

聞いてたよりも何倍も可哀想な物語だった… 居場所無き男の魂の叫びと哀しき暴走…

ただのアクション映画と侮るなかれ!

ほぼアメリカンニューシネマかもしれんな… 最後にランボーが一定の安らぎを得ること
>>続きを読む

アウトランド(1981年製作の映画)

3.5

鉱山コロニー惑星の基地で、精神が錯乱し異常行動を起こす労働者が続出したことから始まる閉鎖空間SFサスペンス!ショーンコネリー演じる基地内保安官が不正に気がつき、管理会社は隠蔽のために本部から殺し屋が派>>続きを読む

ジャスティス(1979年製作の映画)

3.8

若きアルパチーノが熱意溢れる弁護士が公正性からかけ離れた政治的原理と出世欲で動く法曹界に苦悩しながら信念を突き通そうとする日常系法廷モノ。しかし彼を待っていたのは救いようのない悲劇の連続だった…

>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.8

同監督のアイアムアヒーローを超評価しているのと、漫画BLEACHは俺の青春だったので鑑賞。良いところは虚のCGだけでした。原作のオサレさは微塵も無くただただダセェ。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

トムクルーズは絶対アドレナリン中毒だよ笑

こんなに全キャラクターがちゃんと魅力的になってる映画は久しぶりです!いつメンもサイコーだし、上官のアレックボールドウィンも良かった… レベッカファーガソ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

"あぶなーい"や"間に合わなーい"といった見せ場を発生させるためだけに作られた、バカで雑で都合の良すぎる下品な脚本にはため息が止まらなかった。見せ場は多けりゃいいってもんじゃないよ。見せ場過多の風潮そ>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

"ひどい吹雪を抜けると死の雪国であった"

地理的にも制度的にも隔絶された極寒の先住民保留地ウインドリバー。そこは暴力さえも雪に埋もれる純白の地獄であった。

肺も凍るほどの広大な雪山地帯に、警官はた
>>続きを読む

NY検事局(1997年製作の映画)

3.8

傑作やわ… ルメット×警察組織の闇 ハズレ無し!!

オープニング…センス良いなぁ… 真っ黒の画面にだんだん青の絵の具が塗られていき、ニューヨークの摩天楼のシルエットになっていく…

NY市警の分署同
>>続きを読む

ファイヤーフォックス(1982年製作の映画)

3.3

ソ連のサイコミュ搭載型(笑)超速ステルス最新戦闘機を奪取するため、ベトナム戦争でPTSDを負った元エースパイロットのイーストウッドが他人になりすましてソ連に潜入! 頭悪そうな話や笑

ドッグファイト映
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.4

万里の長城は、対北方民族ではなく、対緑のキモいクリーチャーだった!

最近ドラマアローにハマっているので、弓矢ファイトを期待したのですが、全然ありませんでした。

冷静に観てはいけない。ドラマは極薄味
>>続きを読む

>|