しゅくりさんの映画レビュー・感想・評価

しゅくり

しゅくり

ターミナル(2004年製作の映画)

3.3

トム・ハンクスの演技は好きだな〜と再確認出来た映画。思ったよりコメディだった。言うほどの感動がなかったのが残念。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.1

「寧子に共感できなかった」ってレビューが多すぎてびっくりした。やっぱり鬱ってならないと理解など出来ないの。寧子の行動一つ一つが自分に重なって津奈木の一つ一つの反応が彼氏と重なった。私は私と別れられない>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.7

1より好きかもしれん。
言葉じゃ表せないけどなんか良いよな。。音楽なのか、シルヴェスタースタローン本人が監督脚本主演だからなのか、

渇き。(2013年製作の映画)

3.3

久々の鑑賞。
初回は人多くてよくわからなかったけど字幕付けて観たら理解出来た。
思ってるよりグロい、けどなんか癖になるんだよなあ。登場人物の全ては伏線回収されてない気がするが。
子どもにも社会があるし
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.5

実話を元にしてるらしいがこれが現実に起こったなんて、、と思わざるを得なかった。映画としてもよくできてると思う。
でもちょっと犯人おバカ過ぎん??その程度の野郎どもだったんかな。演技もリアルで大袈裟なシ
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.1

普段前説読まずに映画を観るタイプだが、裏目に出たな。さっぱり分からなくて深く深く考えすぎドツボにハマった。途中で何となくわかった気になったけど終わってみるとやっぱり分からない。不思議な映画だ。どこか腑>>続きを読む

ビタースウィート(2002年製作の映画)

3.5

最初退屈だったけどラスト30分がめちゃくちゃタイプだった。
親の不仲と離婚、どちらも傷は深い。
それぞれの思いがあって、想いがあって、こうゆうのを友達って言うんだと思う。

メランコリック(2018年製作の映画)

3.2

松本結構好きだあ。。
映画というより舞台向きな演技と脚本という印象。メインが東大卒のどうにもならんやつで、華がないし何となく偏屈な感じが見てて不快で逆によかった。

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.7

やっぱ映画館で観たかった〜😭
ジェイコブくんはじめ、3人のキャラがバランスよくてつい親の気持ちで観てしまう。下ネタの嵐だけど、小6っぽい馬鹿なイキリ方とか、もうとにかく可愛いw
何も考えず気分あげたい
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.6

オードリーヘップバーン綺麗だな〜。
本当に美しい。
昔の映画って変にラブシーンがないからいいよね。

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.2

岡田将生の演技が所々辛いなと思って観てたけど、全部わかった時は圧倒的演技力を見せつけられたという感じ。
ロケーションいいなあ。ちょっと行ってみたいと思う街の景色があったりしてうっとりした。
たまに、え
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.4

浮気やん。ってなっちゃったけど、
王道系ラブロマンス
表情のシーンがグッとくるね

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

普段映画で泣くことがあまりないけど私も本当はお父さんが大好きで大好きで、感動しすぎて涙が溢れた。
娘への愛を片時も忘れずに大事にしてたんだね。
家族の愛が何かを教えてくれる映画だ。

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

3.8

すごく暖かくなるお話だ。
タイムリープで思いっきりファンタジーだけど、考えさせられた。
思い悩んで日常が送れなくなることも少なくないけど、きっと時間が足りないんだよね。こんな風に時間があればいいよね。
>>続きを読む

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.7

難しいけど何処か分かった気になってる。
彼女は自分を繭に例えてたんだね。
父親に搾り取られた自分は空っぽなまま。
寂しい雰囲気がとても心地よかった。

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.2

子役の演技力高い。
でも、うーん、ほんとに知らないだけなのかな?
現状は「誰も知らない」かもしれないけど、映画としては疑問に思う点が多かった。サキは何がしたい訳?

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

3.7

主演二人が好きすぎて観た。
ストーリーは単調だけど男女の映し方がすごく好みだったな。特にラストがめちゃくちゃ好き。

キャリー(2013年製作の映画)

3.5

内容忘れたから久々に観た。
アンセル・エルゴートかっこいい。。
宗教学をちょうど少し勉強してたから、狂信者っていてもおかしくないのかなあとか思ったりした。いじめられてこんだけやり返せたらいいよなって1
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

思ってたより良かったな。
ボーイズ・オン・ザ・ランとか宮本から君へ好きな人は好きそう。
クリープハイプの主題歌合ってる。

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.6

あなた幸せ?がグッときた。
前編音楽に乗せた言葉ですごくすんなりと入っていけた。レミゼより好きだったな。
すごく純粋な愛の映画。
悲しいわけでも嬉しい訳でもないけど余韻が残る映画。

きっと恋は冷めて
>>続きを読む

ポカホンタス(1995年製作の映画)

3.6

アナ雪と繋がりあるんじゃ、、?って思ったら止まらなかったw
思ってるより良かったけど、盛り上がりにかける。
やっぱこの絵じゃないとディズニー映画って感じしない。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.4

なんかよくわからんかった。
ちょっと展開読めちゃう感じ。
伏線回収上手いけど。

ハーフネルソン(2006年製作の映画)

3.7

ブルーバレンタインぽいなーって思ったら制作が一緒なのね。
固定されてないちょっとぶれたカメラワークが味あっていい。観る度に一つ一つの言葉の捉え方が変わりそう。

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.3

どんな親でも子どもにとっては1人の親でしかないんだなと。痛みでさえ唯一もらったものなんだって、刺さって痛かった。
けど映画館で観たらもっと良かったかも、家で観るほどじゃなかったのが残念。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

Life is beautifulよりコミカル。
題材的にどうしても重くなりがちだけど子どもがメインということでポップに描いたのは正解だったと思う。母親の足元を印象的に映したり、顔に見える家のシーンが
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

ヘレディタリーのがインパクトあったな。
明るい不気味さを演出したせいなのか、コストを削ったのか分からないけど、小道具のチープさがもったいないと思った。あとモザイクの入れ方も、
あのモザイク入れるならR
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

噂通りの代物ですわ。。
音楽が裏切らんなあ〜!
カーアクションとひと夏の恋って感じ。
映画館で観たかったよ。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

演技力の塊。めちゃくちゃ悲しい話だったな。サイコスリラーかと思いきや、割とホラーで怖かった。寝る前の1本としては勧めない。
ただひたすら悲しい話。
所々静止画のようなシーンも含まれ終始不気味で宗教チッ
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.1

一瞬一瞬を大切に生きる
日常として当たり前になっていたものたちの素晴らしさ、改めて考えることって大切だって思った。子どものころは輝かしかったことって、大人になると忘れちゃうんだよね。感性を大切にしたい
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

飯食いながら観るんじゃなかったw
豚糞ぉ〜!
ポケベルとか缶ビールのプルタブとか、どこもかしこも昭和で平成生まれとしては新鮮だった。ガミさんかっこいいな〜てか登場人物全員かっこいい。
2が今年やるって
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.6

サブリミナル
FIGHT CLUBのことは口外しちゃダメです。
昔観たのに交流会のシーンだけ記憶にあって題名思い出せなかったから、見始めた時大感動してしまった。ボブいいやつ。。
ブラピやっぱかっこええ
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.2

評価で期待しすぎちゃったな。
伏線回収ちゃんとされてた?なんかあんまり感動しなかった。

E.T.(1982年製作の映画)

4.0

すごいETが怖かったけどこの映画に憧れてチャリンコ練習した記憶ある

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.2

ちっちゃい頃自分のおもちゃたちも夜動いてるんじゃないかってすごいワクワクしてた

>|