たろさんの映画レビュー・感想・評価

たろ

たろ

映画(893)
ドラマ(0)

下女(1960年製作の映画)

3.5

いやーメンヘラ怖いなぁ
奥さんと下女の対比が良い
映像的にも雨の日に迫られるシーンとかタクシーのシーンとかかなり良い

オチが微妙すぎるので0.5点減点
あのオチは絶対いらないでしょ
当時の情勢的に入
>>続きを読む

死んでもいい経験(1995年製作の映画)

4.0

滅茶苦茶な映画だがこういうの嫌いじゃない
前半は殺しの烙印を彷彿とさせる感じだが、ホテルシーン以降は普通に良かった
ベッドが光ってるのもカッコ良い

BGMがundertaleのアマルガムにすげー似て
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

ラスト30分はとても良かった
それまではホラー映画なのか?って感じ

90分映画だったらもっと楽しめた気がする
もう少し前半に盛り上がりが欲しい

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

4.3

すげー辛い話だった•••
ミニシアター系の秀作といった感じ
配役もなかなか良く、特にジョーの絶妙な不幸顔が素晴らしい

完璧にジョーに感情移入する映画なのでとにかくひたすら辛かった
もう少し強い感情の
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

うーん普通•••
主題がなにかあまり良くわからなかった•••

内容自体は悪くないのでもっとお父さんに寄ってくれればもっと好きだった気がする

「すべて」の所とカーチェイスは良かった

ブコウスキーの
>>続きを読む

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.5

アホアホ映画だが、こういうの意外と嫌いじゃない
アンハサウェイが普通に可愛いのも良い

最後の方ちょっとかっこよくなり過ぎちゃってたからもっとアホアホでも良かったなー

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.0

他の作品よりはまだマシな気もするがタルコフスキーはやはり俺には難しすぎる•••

オープニングの鳥と雨漏りの家、最後の蝋燭は良かった

映像的に面白いシークエンスもあったので全体的にもう少し彩度を上げ
>>続きを読む

サクリファイス(1986年製作の映画)

3.0

タルコフスキーは俺には難しすぎる•••
永遠の独白•••

中終盤のひたすら暗い画面が続く所は睡魔との戦いだった

自然、ベッドシーン、火はよい

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.8

とにかくお洒落雰囲気映画の一言に尽きる
だが、こういうの嫌いじゃない
安っぽいバーとかで流してほしい感じ

警官親父あたりまでは物凄く好きだったんだが、ポーカー女ら辺からお洒落感が著しく低下してしまっ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

思ったよりも難しい映画だった•••
どこまで現実なのか•••

全体的にぶつ切り感があってあまり集中できなかった
まあこれは狙ってやってるんだろうけど個人的にはいまいち

オチのギャグは好きなので0.
>>続きを読む

リミットレス(2011年製作の映画)

3.8

まさかのドラッグ映画だったがなかなか面白かった
オープニングの永遠に拡大し続ける感じとか映像的にも楽しい

ドラッグ映画としてはありえないオチだがそういう所も結構好き
やたら合法を推すからスマートドラ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

いやーこれはアカデミー賞とるわ
もっと説教臭い問題提起ものかと思ってたら熱い友情ものだった

音楽の使い方が本当にうまい
1回目の演奏でトニーのように引き込まれるし、最後の演奏の楽しさもとてもよい
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

2.5

事実の羅列であまり映画としての楽しさはなかったなぁ
ジェンダー論が前面に押し出され過ぎてたように感じたからかも
もう少し背景の描写があったら共感できたかもしれない

事実としては政府側の意見も含めて色
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

山田さんの絶妙な可愛さと中原くんのキャラクターが最高すぎる
呪いと解放のバランスも心地よい

ラップのシーンが非常に印象的
最後の像はエレファントの由来と同じ意味なのだろうか

しかし成田凌に自分はそ
>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

1.5

ぞっとするくらい薄っぺらいな•••
サブカルくそ女さんが好きそう

頼むからアルバム名にlovelessを使わないでくれ•••
本当に冒涜的なので•••

曲はまともだったのが僅かな救い
あいみょんち
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

詩的な世界観が良い
親子バトルでは思わず涙が•••

惜しむらくは思ったより登場人物が多くて関係性の把握が難しかったのでもっと集中できる日に見ればよかった•••

最後の話だけあんま関係性がよくわから
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

3.5

やりたい事も分かるし尋問のシーンとか映像的な面白さもあるんだけど、いかんせんCGの感じも相まってなんとなく乗り切れない感じ•••
ストーリーはSF古典なので仕方ないが後半をもう少し丁寧に描いて欲しかっ
>>続きを読む

恐怖城/ホワイト・ゾンビ/ベラ・ルゴシのホワイト・ゾンビ(1932年製作の映画)

3.3

うーん普通
初めてゾンビが映画に出た作品らしく、そういう歴史的価値はあるのかも

術師のおっさんのキャラは結構好きなので0.3点加点

ボーモン氏は素で気持ち悪い•••

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

よかったが思っていたより後味悪い感じの映画ではなかった
非常にリンチっぽさがあるので好きな人は好きそう
病気がマーティンの恨みとかではなく、現象である感じも好き(自分はそう解釈した
そんなに難解映画で
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.5

私達は事実や歴史について知らなければいけない

とても宗教感がある映画だった
実行犯が単純な暴力装置としての描写だけでは無いところも考えさせられる

単純に立て篭もり脱出モノとしてもとても緊張感があり
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

4.5

とてもよかった
冒頭のモノクロの使い方が上手く、ジャンレノがイケメンに描かれていないのもよい

中盤少しだれるのだけが玉に瑕
個人的には恋愛描写はもう少し薄めでもよかったかなー
その分エンゾのラストダ
>>続きを読む

パーフェクト・ストレンジャー(2007年製作の映画)

3.0

うーん普通•••
やっぱりこういう話にはもう少し必然性が欲しいかな

歩く死骸(1936年製作の映画)

3.5

単純な話だけどなかなか悪くなかった
エルマンが音楽を愛しているのもよい

みんなが死んだのは超能力ではなくて罪悪感に負けたのかなと思った

ゴースト・ブレーカーズ(1940年製作の映画)

4.0

コメディ!サスペンス!ホラー!アドベンチャー!ラブロマンス!
まさに娯楽映画って感じ!
最後にアレックスが活躍するのもよい

オチに向けて少し駆け足感があったのだけ残念だった

私はゾンビと歩いた!(1943年製作の映画)

3.3

前半はメロドラマかと思ったが後半はちゃんとゾンビ映画だった
門番が印象的

大脱走(1963年製作の映画)

4.0

いやーさすが名作だわ・・・
きっちり作ってあるしすごく面白い
ちょっと長いかなとは思ったけどねw

しかしこれがほぼ実話だというから恐ろしい
ホント史実は小説よりも奇なりって感じだよ

つー
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

まさにタランティーノからハリウッドへの祝福だった!
タランティーノの映画愛がこれでもかと言うほど伝わってきた!

中盤若干長いかなーと思ったが、オチが良すぎるので0.5点加点
多分もっと若い時に見てた
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

1.5

話作る気ある?
君の名はは瀧くんがリア充だったのが偉かったな…

過去作のキャラクターを出すのもセルアウト感があって嫌い

PVやシーン集としてみれば流石といった感じ

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

とても良かった!
最近、パニックに寄りがちなゾンビ物だがこの映画はちゃんとゾンビ映画らしく人間関係に重きを置いているのが良い
展開も良く、始めの不穏な空気感がとても上手
その後もイベントが沢山あって飽
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.0

設定は滅茶苦茶面白いのにもったいない!
もっと説明を省いて単純化したら12モンキーズばりの名作になっただろうにホント残念すぎる…

オチも一歩前まではすげー好きな感じだったのに、このオチはないでしょ
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.0

何というか思ったより普通だったなー
もっともハードコアなのを期待していた
クリーチャーの造形は言われてるほど悪くないと思う

ギャグパートは全面的に微妙だった…

伝説巨神イデオン 発動篇(1982年製作の映画)

4.0

ここまで間抜くなら接触編見なくてもあんま変わらんなと思ってみたり
話の骨子はかなり良いので誰か3時間くらいの映画でリメイクして欲しい

最後10分くらいは滅茶滅茶好き

伝説巨神イデオン 接触篇(1982年製作の映画)

3.0

総集編なので仕方がないがこいつらずっとドンパチやってんな•••

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんとか世間のネタバレを受けずに視聴
メタメタネタだとは思ったがまさかジャンルがコメディとは…
てっきり最期の血の紋章が本当に効いちゃってカット後ガチゾンビ映画になる話かと思ったよ

映画愛に溢れる作
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

想像に反してかなり良かった。
女一代成上り記。成り上がりたい女性はプラダを着た悪魔よりこっちを見よう!
1日でパーティ客の顔を覚えるより謀略と性技が成上りのコツだ!

それにしてもアビゲイル美しすぎじ
>>続きを読む

>|