たたみさんの映画レビュー・感想・評価

たたみ

たたみ

ジャンクフードと炭酸ジュースが大好きです。
エーガ館ではよく寝ちゃいます。

映画(95)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シュワルツェネッガーと言う異形の俳優を、異形の殺人機械としてそのまま出した!というコペルニクス的転回・・・!
幼い頃からターミネーター2ばかりTVでやってたので、どうしてもT2のシュワのイメージが強い
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

4.0

サメ映画の総決算だし、ステイサムのアイドル性を堪能出来るし、一粒で2度美味しい作品!
批評家の評価よりも、顧客満足度を極限まで高めた一本。
エンドロールのアッパラパーな選曲まで、選びに選び抜かれた感じ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

2.5

良く悪くも、キッズムービー。。。
嗚呼、ロビン・ウィリアムズの子供が絡みやすいオジサン感は見てて安心出切るが、、、
子役でキルスティン・ダンストが出ていてビックリした。この頃は美少女やったんやな~・・
>>続きを読む

コナン・ザ・グレート(1982年製作の映画)

4.0

無骨で汚くて男くさくて、女は完全に男の慰みもの!!なにこれ、スカイリムみたい!!!!(こっちのが全然前だが)
ただ、半裸でダンビラ持ちながら険しい顔して立ってるだけで、シュワは完全にバーバリアンとして
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

破綻寸前の暴走列車!に見えるが、スタイリッシュな画面とアクションのせいか、最後まで飽きずに見れた。もう途中から何を見ているのか分からなくなってくるがwww
「前作の戦いはなんだったんだよ・・・」ってい
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

オナラでウォーターボード!!ってゆうものすごい出オチから、どうやって展開していくのだろう?と思っていたら、、、こうゆう手で来たか!!!
非常に愛おしくて忘れがたいストーリーなのだけど、ちょっとゴンドリ
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

アニメ界に久々に現れたケッサクだと思う。
と、同時に、非常に手堅い作品にも感じた(声優チョイスも。美術も。場面設定も)。だから、初監督作としては、ちょっと大人し過ぎる様な・・・次回作にどう打って出るか
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

5.0

アトロク夏期講習の同時鑑賞にて。

てらさわホーク氏の「あらすじがない。ただシュワがランダムに暴力を振るうだけの映画」という評が、この作品の全てを表していてお見事。
シュワルツェネッガーという不世出の
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

静かに地味でズッシリと、良いエーガでした。

主演のジェレミー・レナーはC調で頼りないキャラを演じる人かと思ってたけど、今作で、人生の苦渋が詰まったイイ表情の出来る役者さんなんだと再発見。
あと、スナ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.0

前作がめちゃんこ面白かったし、それを継承してる作風で楽しかったけど、トムの生身アクションをハラハラしながら見守るとゆう不思議な映画だった。
「トムあぶない!」「トム、もういいよ!!」と声をかけたくなる
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

ワンちゃん殺しの罪は重い・・・あまりにも・・・
スムーズミックスかの様に、あっちこっちから出てくる複数人の敵を華麗に
屠っていくキアヌ。その所作は舞踏の様な、伝統芸能の様でいて、非常に美しい・・・
>>続きを読む

追跡者(1970年製作の映画)

3.0

渋くてイイ西部劇~!
バート・ランカスターが如何にして法に殉じる冷血漢になったのか・・・?そこが謎めいてるのがカッコいいし、基本ロウマンである姿勢からブレないので見てて安心できる!
しかしそんな彼を揺
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

2.5

テレビでながら見。
「ウォッチメン」から厭世観と毒気と冷戦とマンハッタンを抜いて、代わりに家族とホンワカとディズニーを足した感じ。フロスティ格好いいのに、あんまり出てこなくてガッカリ~。

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の中で、刑事さんと保母さん以外は全員目がイッちゃってるのが画期的!
そんな狂人天下一武道会なキャスト陣の中にあって、特に終盤の兄君の狂いっぷりには感銘を受けた。目だけで作中トップクラスに狂って
>>続きを読む

処刑軍団ザップ(1970年製作の映画)

4.0

B級映画も極まっていくと、ある種の芸術性に似たものを獲得するのだなあ~と、感動した次第。結構な御手前で御座いました・・・
この題材から「クレイジーズ」を作り上げたロメロもすごい!!!!!

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

男VS女!!!!っていう、小学生みたいな対決が実際に大々的に行われて、スタジアムに3万人も観客を集めていた!!!!!っていう実話の衝撃!!!!(ちびまる子ちゃんの、クラスが男子と女子に分かれて戦争した>>続きを読む

パラダイム(1987年製作の映画)

3.0

カーペンターの良作オカルトホラー!音楽も美術もキャラも職人の仕事って感じでイイっすね~。特に生理的にグロい描写はかなりリキ入ってて、ベネ!!!!
世界を揺るがす重大な危機なのに、やってる事は地味な篭城
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.0

ドニー・イェンの涼やかな顔も健在だが、本作は何と言ってもサモ・ハン・キンポー。彼の酸いも甘いも経験しつくしたナチュラルな悪役顔にシビれた。コメディ俳優から正当な演技派へと脱皮し、なおかつアクションのキ>>続きを読む

ウィッカーマン(1973年製作の映画)

3.5

ホラーと言うよりかは、ヘンテコ村探訪の趣きが強い。ウィッカーマンは最後の最後まで出てこんし。
それにしても音楽がどれもこれもサイッコー。下品な酒場の歌唱。ヌードの美女が諳んじる美しいフォークソング。凄
>>続きを読む

去年マリエンバートで(1960年製作の映画)

3.0

ただひたすら、男女が去年あった(はずの)事をブツブツと語り合う。超絶難解で、超絶眠い。しかし、狂った時間と空間の中で一体何が正常なのか見えなくなってしまう。無機質なセリフの押収。カット毎にコロコロと替>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.5

世界がもう少しだけ優しかったら・・・!その願いを叶えてくれるステキなお話・・・誰もがポリコレ棒でボコボコに叩かれる、狭量な現代にこそ必要な寓話だと思う。
ローテクで懐かしいテイストの着ぐるみ番組がどれ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

すっごい良かった。
今までは、芸能人キャストのタレントパワーにやや振り回され気味だったディレクションも、ここに来て完璧な精度で仕上げてきている。どのキャストもめちゃくちゃ輝いてるのに、その中心には一家
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

まさかの大・大・大・大傑作~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!
爆笑出来て、おおっ!とゆう驚きがあって、話の仕掛けだけじゃないキャラクターのキュートさがあって、手に汗握る展開もあり、最後には感動
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

4.0

12モンキーズ、この映画のまんまやないかいッ!!これで見てないなんてありえないだろう、ギリアムよ。。。
映画そのものは、とても簡潔でアイデアに溢れてて素晴らしかった(未来人のくだりはちょっと「?」だっ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

この話に、「三度目の殺人」って命名するの、すっげー小憎らしいセンスだな!トンチが効いてる。脚本も演出も一級品なのは間違いないが、一級品故に細かいところで違和感が。特にキャスト。広瀬すずだとちょっと美少>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.0

ド迫力ッッ!!!!!!!!!!!!
全部が山場!!!!!!!!(故にけっこう見た後は疲れる)
地味にイイ所として、エンドロールがスッキリ終わる所。ハリウッド作品もこうなればいいのに・・・

秘密(1999年製作の映画)

2.5

ヒロスエを依り代にした、ドリーミーなオッサンファンタジーかと思いきや、土壇場のオチで急転直下、奈落の底に落とされる。微笑ましく見えたファンタジーが、すっげーダークで打算に満ちた、男女の愁嘆場に様変わり>>続きを読む

リディバイダ―(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

アイデアや映像の感じやヨシ!特にFPSのパートはテンポ良かった。
しかし、ストーリーがなあ~。単純に練りこみ不足だと思った。特に、各人物の目標設定があやふや過ぎるので、誰の何に物語の焦点を当てればいい
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

2作目で保守化する事無く、ギャグの面では良くも悪くも先鋭化してる(その代わり、一見さんお断りな面も増えたが)。アクションもヨカッタ。おふざけとストーリー面のバランスは今回の方が好みではある(前回は逆に>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

ドタバタコメディー映画の意外な掘り出し物!!
パッと見、オーシャンズ11っぽい設定なんだけど、イタリアのローマが舞台だけあって、登場人物全員がめちゃくちゃ早口で喋りまくるのが大きな特徴。ローマを活かし
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

2.5

なんか、PTA作品にしてはフツー・・・オバチャンが好きそう。

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

3.0

OPの音と映像でカマしてくれる(音の設計は全編通してメチャクチャ格好いい。サントラ切望!)。なんつうか中盤まではサスペンスフルなんだけど、途中から緊張感が失速。ラストのオチもなんじゃこりゃって脱力系だ>>続きを読む

殺人狂時代(1967年製作の映画)

4.5

ドタバタギャグあり、ド派手なアクションあり、スパイ要素もありで盛り沢山の娯楽作!とぼけた雰囲気の仲代達矢は、なかなか他の作品では見れないし、その他のキャラの立った登場人物や、前衛的なセットや小道具、二>>続きを読む

座頭市と用心棒(1970年製作の映画)

4.0

特集上映にて。岡本喜八作品のせいか、三船との対比の為なのか、普段の座頭市よりも饒舌で欲深くて人間くさい感じ。豪華なキャストの丁々発止のやり取りは贅沢極まりない!面白かった。

>|