小福さんの映画レビュー・感想・評価

小福

小福

映画は人々を楽しませ、希望を与えてくれる。

ろう者

映画(481)
ドラマ(16)

散り椿(2018年製作の映画)

-

ちりつばき

エンドロールによると殺陣シーンの担当は三人で岡田准一がその1人

岡田准一が重心を低く構える姿勢がカッコいい。

否定と肯定(2016年製作の映画)

-

イギリスの法廷シーンに全ての発言はモニター画面に文字起こしを写っているアクセシビリティが素晴らしい

セデック・バレ 第一部 太陽旗(2011年製作の映画)

-

日本統治下の台湾で起きた原住民族・セデック族による抗日暴動「霧社事件」を描く台湾の歴史超大作(公式サイトより引用)

日本人が話すシーンに字幕なし。なんでやねん

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

プルトニウムの入手と核爆発計画の阻止するミッション。前作のローグネーションの続きなので、前作を観てから本作を観るといい。

様々なアクションのリアリティが凄く伝わる演出が印象だった。素手アクションする
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

-

シンジケートという組織を破壊するミッション

『非常時には非常手段です。』
英文では『Desperate times, desperate measures.』

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

-

元教え子の救出するミッション→ブラックマーケットの商人を逮捕するミッション。

前作よりアクション質が格段に向上したので見応えあり!変装も良い感じ。

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

-

CIAの情報員リストを盗んた内通者を捕獲するためのミッション。
本物リストを盗む時の宙吊りシーンが大変名シーン。

アクション要素は低めだが、サスペンス要素が結構高め。撮影技法が印象に残る。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

-

森林消防
ホットショット
夫婦の口喧嘩
仲直り

一瞬
乗馬
イジメ
アメリカ車
カウボーイハット

>|