かささんの映画レビュー・感想・評価

かさ

かさ

映画(558)
ドラマ(0)

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

うーん。途中ちょっと意識を失ったのもあるかもしれないけど、どう受け取ったらいいのか分かんないな。
主人公ぽい子の狂い方だけ演技ぽくて、彼女はばれないように狂ってただけで、まともで意識あったよね。だから
>>続きを読む

THE UPSIDE 最強のふたり/人生の動かし方(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

編集がちょっと…。大事なとこがっつり寝てしまって、いつのまにか仲直りみたいになってたけど何があったんだろう…。元のほうを観たい

スラッカー(1991年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最近考えてたことが言葉となってて、アアとなったんだけど、何だっけな。移り変わり続ける視点って主人公いなくていいから良いな〜と思った。途中、ちょっと寝てしまった…

あなたはわたしじゃない(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ここ最近で、一番ヘビーだった。一週間、映画観たくなくなる。しんどすぎてどうしようかと思った。

眠る虫(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

すごい……。おばあちゃんを蘇らせたる!という感覚で、これができるのすごい。棺桶からの視点、印象的。
日ごろ感じてる感覚を、ここまできちんと映像にできるってほんとすごいなぁ。そして、「コンビニ店員が何で
>>続きを読む

妻よ薔薇のやうに(1935年製作の映画)

-

時代的に限界はあれど、成瀬ってほんと、モダンすぎてびっくりする。開いた口が塞がらない。

茄子 アンダルシアの夏(2003年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

え、素晴らしすぎ…。人生描いてる。

ハル・ハートリー短編集(1991年製作の映画)

-

ハルハートリーって好きになりたいのに、なれない。要素とか言葉とかは好きなはずなのに。強烈な壁を感じる。

WEEKEND ウィークエンド(2011年製作の映画)

-

ショッキングだった。わたしは、理解があるほうだと思ってた。でも全然そんなことなかったんだな、て。本当の意味で。
「僕の名前で君を呼んで」とかって、ただティモシーシャラメの美しい物語として消費してたんじ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

キャストで胃もたれするじゃないですか?でも、マリッジストーリーより泣いちゃった…。こんなシンプルなのに、面白く撮れるんだなぁと。映画観ないひとにも、観るひとにも泣けるポイントがあって、なんかわかりやす>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

-

すごい考えちゃうポイントがあって、バーって長文の感想書いたけど、スマホのメモにしまっておきます。

水と砂糖のように(2016年製作の映画)

-

最近、散歩くらいしか楽しいことないな、て思ってたので、カルロディパルマが「散歩が好き。自分で映画撮ってるみたいだから」と言ってて、「そういうことか〜!」ってなりました。再生した光じゃなくて、自然光が浴>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

-

ただ設定が裏社会なだけで、ふつうに中間管理職のサラリーマンの話だった……。せつねぇ。

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

え、何も撮れてないですけど…。それだけ撮れない、ってことはよく伝わってきたけど。他の森達也作品を観てみよ。
望月さんの、服の制服化した着方がよかった。黒のタートルネックに柄ワンピ。考えるべきことに頭を
>>続きを読む

普通は走り出す(2018年製作の映画)

-

こんなシンプルに面白い映画久しぶりに観た。映画館で声を出して笑うの、良いですよね。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あ、あれがピークだったのか。じゃあそこでもっと笑っておけばよかった、となった。歌舞伎みたいに、くるぞくるぞくるぞキター!と面白いところを分かったうえで観たほうがいいから、もっかい観たいけど。でもやけに>>続きを読む

夏の夜の騎士(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気だけ。中身は、え?って感じだった。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

-

何も無さ。でもそれが良いし、大事。
味のしない学生生活送ってた身として、企画の時点で大拍手なんですわ…

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

観たあとに読んだ記事が、そう、そこがいいですよね!となった、内容は忘れたけど

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

たしかにこの映画良いって言うのめっちゃ恥ずかしいけど、でも良かったな…。

典座 -TENZO-(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実家が寺なので、たぶんこの映画を観るうえで気にしなくていい部分が気になってしまったんですよね。うーん。物申したいことがありました。

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

映画観る人にも観ない人にもグッとくる映画ってよい。半生に重なるからこその、バートレイノルズへの、過ちを犯した悔やむ者への肯定。彼のギトギトした若さ、きっと当時だったら絶対に苦手な類で、でもこれ観たらギ>>続きを読む

>|