たかひろさんの映画レビュー・感想・評価

たかひろ

たかひろ

大学生男。映画は映画館派。映画を観るときはどんな映画でも面白いところを見つけたい。そのためつまらないと思う映画はあまりなく甘めの評価になりがち。終わり方重視。
3.0〜3.4は普通
3.5〜3.9は満足、面白かった
4.0以上だとオススメしたい、
4.5以上はその中でも心の琴線に触れた作品、
3.0未満だと寝落ちしてよくわかんなくなった

映画(347)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

全人類の夢がつまった映画だった。


現実に希望を見出せなくなった人々はVRワールド「OASIS」に生きる希望を見つけてそこで自分の生きたいように生きている。

OASISの創設者であるハリデイの遺言
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.9

隣に越してきた奇妙な隣人との出会いと父親の愛人との密会を発見したことから動き出すトーマスの人生。

物語前半のトーマスの人生が動き始めるきっかけとなる隣人が発した

「人生は作為的でもあり無作為でもあ
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.4

公開中のアップライジングの予習のために鑑賞。

前半部分長すぎて眠くなったけど、中盤〜後半の怒涛の戦いは何だかんだ胸熱だった。

結局デッカいロボットやモンスターが戦う映画はなんだかんだ戦いシーンしか
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.3

ずっと前に一度観てたけど、その時はよくわからずただただラストに呆然としただけだったので久々の鑑賞。

今回も結局ラストに呆然としたわけですが、最後の最後で全てのピースがつながる爽快感と後味の悪さがやっ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.9

『死』という概念で人を笑顔にできるピクサーには脱帽。


死者の世界の幻想的な世界観と、メキシコの死者の日のオレンジ色の花びらがマッチしててただただ美しかった。

ストーリー展開自体は王道かもしれない
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.1

無難なサクセスストーリー。

だけど、2人がレスリング始めたきっかけとかスパルタ指導とか見てると、こんな風に自分のエゴを押し付ける親にはなりたくないと思った次第。

結果的に2人はきっと両親に感謝して
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.2

前作へのリスペクトも残しつつ、ゲームの設定がしっかり現代風にアレンジされていて楽しく観れた!

自分がテレビゲームをやって育ってきたからスキルとか、NPCとかいう要素が本当にワクワクさせてくれた。
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

期待値低めだったけどなかなか楽しめた。

こういう映画観てる時の子供の笑い声はほんといいですね。

子供視点メインの中に時折入る大人目線とか、赤ちゃんの視点ならではの笑える要素がよかった。

そして芳
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

「動物奇想天外」とはまさにこのこと。

リメイク版を観に行くために予習として鑑賞。

シンプルな設定から始まるめちゃくちゃな物語。

ゲームの世界に飛ばされて色々のするのかと思ったら、現実世界がめちゃ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

報道の自由を守れるのは報道だけだ

社の安泰を取るか、報道機関としての使命を全うするか。

一市民からしたら、

「そんなのちゃんと事実を報道しろよ!!」

ってなるのは至極当然だけど、マスコミからし
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.0

想像力は人類の持つ最大の力。

全体を通して盛り上がりに欠けたけど無難に良い話だった。

モーガン・フリーマンは良い人のイメージしかないから序盤の心を閉ざしたお爺さん的なキャラにどうしても違和感があっ
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

保険会社の営業としてはたらくリーアムニーソン
元警官の彼がいつもの電車で帰路につこうとしたところ知らない女性に話しかけられ、そこから何も起こらないはずもなく…


明らかに挙動不審なリーアムニーソン。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

チャーチルさんかっこいいっすわ…

別に歴史に詳しいわけではないのでチャーチル以外の人物はみんな初見だったけど、どうしてチャーチルが首相になって、どういう問題を抱えていて、どういう風に行動したのかがス
>>続きを読む

バットマン:ゴッサム・バイ・ガスライト(2018年製作の映画)

3.8

単体で観れるような作りになっててサクッと楽しめた!

頑張れバットマン!!

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

良くも悪くも普通のアクション映画。


ララは一体何回死んでるんだよって感じだったけど笑笑


「Himikoー!」
「Yamata-i!」
は笑った

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.6

2018/03/20

2回目の鑑賞。

1回目に気付かなかったことに気付けてウルっとしてしまった。

「かるたって写真みたいだね」
という千早のセリフ

一瞬が時を超えて結ばれてきた百人一首。
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.1

明日の地上波放送を観ることができないので我慢できずにレンタルした笑

いや〜やっぱり青春してるね〜
って感じ笑笑

太一にめちゃくちゃ感情移入してしまってめちゃくちゃ応援してた。
新もめちゃくちゃにい
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.3

なんかTSUTAYAで見かけて、ちょっと賢くなった気分になりたくなって鑑賞。


スティーブ・ジョブズについては最低限の知識しかなかったから、

「誰の話をしてるんだろう(^_^;)」

と思う部分も
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.1

百田夏菜子さんの吹替目当てで観に行きました。

吹替は最高だった!

ストーリーに関してはどうしても敵の方に感情移入してしまって素直な気持ちで観れなかった。
「結局そうするんかい!!」って感じだし。
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.8

これは見破れなかった…
(結構ずるい気もしたけど)

自分の推理的には途中いい線までいけたんだけどなぁ…笑

岩田剛典の演技も違和感なく観れました。

ネタバレになっちゃうので言いたいことはコメント欄
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

4.0

広瀬すずがかわいい!!!


だけで終わらなかった笑

無音の間や、カルタを叩く音、息遣いとかの音がすごい繊細な感じがしたから映画館で観たかったな〜と。

今度公開されるやつは映画館で観ます絶対に。
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

3.5

自分に忠実で、野心家で、妥協が大嫌いで、友達もいなくて、めちゃくちゃ不器用な元女社長のお話。

どんなすごい業績を残した人でも気付けてないことってあるだろうし、みんながみんな自分じゃ見えない何かを抱え
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

不思議な映画だった。

ドラマチックさは全くなく、終始淡々と進んで行くストーリーが、「これは誰に起こってもおかしくないできごと」であることを感じさせてくれた。

「人生に導かれている気がする。」
そう
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

再鑑賞。

ニュートいいやつすぎるぜ…
ちょっとドジなところが可愛い。

あとゴールドスタイン妹も良き。


魔法動物のビジュアルや動きのワクワク感がたまらない。

この世界観は永遠に続いてほしいと思
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.9

前半部分が長かったけどやっぱりインド映画はすごい。

宗教にあまり馴染みがない自分でも、「これネタにして大丈夫なの?笑」と感じてしまわずにはいられないほどグレーなネタがあって面白かった笑

これインド
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

圧倒的エンターテイメント。

慣習、世間体、伝統、既成概念に囚われることなくただひたすらに「楽しさ」を追求した男の話。

ミュージカルシーンは華やかさと寂しさのバランスが絶妙だった。

かっこよかった
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

原作全く知らなくても笑えるネタが結構あって面白かったし、銀魂ってこんな世界観なのか〜という新鮮さもあった。
結構ぶっ飛んでた笑


アクションシーンは冗長。

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.0

本家ボーンシリーズと無理やり絡める内容ではなかった気がしたけど、そもそも本家ボーンシリーズがなければこの映画は存在していないんだな笑

ジェレミー・レナーは意外とスパイ役ハマってた。

終わり。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.5

数年ぶりに鑑賞。

前回観た時の衝撃が蘇った。

過去を乗り越えようとするオスカー。
父が遺した1つの鍵を頼りに。


本当に「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

結果がどうかじゃなくて自分
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

「敵ばかりではない」

本音、建前、正論、怒り、憎しみ、戸惑い、赦し、愛

3枚の看板広告から始まったストーリー。

それぞれの登場人物のありとあらゆる感情がぶつかり、すれ違い、絡み合っていく。

>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

「意外と真面目なバカ映画」

「彼氏も凍る」とかいう寒すぎるキャッチコピーである意味話題になっていた本作。

最初はお決まりの破天荒主人公と頭の固い役人のバトルかみたくなってて地雷臭がして怖かったけど
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

終始展開が気になるけど、最後は結局超常現象でしたね〜

sea monster があそこで効いてくるとは。

最後に逆転サヨナラ満塁ホームラン観れたので良し。

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.8

期待値低めで観た分めちゃくちゃ面白かった!!!

ガンスリンガーかっこよすぎるよ〜
マシューマコノヒーは時空超えがち、超能力も良い。

ストーリーがサクサク進むので観てて退屈しない。

世界観の説明が
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.5

前作に比べて

ドラマ強め、アクションサスペンス弱め
って感じ

台詞回しとか展開の仕方が一昔前のアクション映画って感じでかっこいい。

ジャックリーチャーから溢れ出る全能感。

もう少しストーリーに
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

今年初映画館!!!


長さも感じず楽しく鑑賞できました。

ツッコミどころ満載だし、腑に落ちない部分もありましたが、コミカルかつおしゃれな雰囲気でいい感じに誤魔化せてたんじゃないでしょうか?

(キ
>>続きを読む

>|