モモさんの映画レビュー・感想・評価

モモ

モモ

映画(222)
ドラマ(7)

無限ファンデーション(2018年製作の映画)

3.3

喧嘩のシーンの空気感リアルすぎて学生時代を思い出した。
歌っていた三つ編みの子がふわふわかわいい

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

全体の世界観好き。
内容は男女の友情云々言っているけどやっぱりどこかで恋愛感情が芽生えてしまっていたので、んんん…と思ったけど柳瀬が絶妙で個人的にはとてもハマった、よかった。
「いつも演じてたわけじゃ
>>続きを読む

そこにいた男(2020年製作の映画)

3.2

理性なんて全部どっかいっちゃうくらい感情的になって誰かを好きでいたりとか自分だけのものであってほしいとか
すごいな人間って

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

3.6

実写の方を先に観ていたからそれぞれのキャラクターがスッと入ってきて楽しく観れた

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.3

日本とアメリカ、文化や人間性?がだいぶ違うから日本人が観ると好みが分かれそうだなと思った。
けど、これだけドーンとやってみたいことに挑戦したり知らない世界に飛び込んでみたり出来たら人生は大きく変わりそ
>>続きを読む

普通は走り出す(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画の良さを一発で理解するのは私には難しかった…
終始、こういうタイプの人いるよね、と。
何かをつくる人はそれぞれ葛藤が付き物だとは思うけど、ただ口だけ達者でやるべきことを必死になってやれてない主
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.6

頭からっぽにしながら観れた。
日本にはない世界観というか、アメリカみがめちゃくちゃに強くて面白かった。
犬がお利口でかわいい。

花とアリス(2004年製作の映画)

3.7

先輩が花の帯を結んであげるシーン、好きすぎて何回か巻き戻しちゃった。

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.8

前半はどういう話なのかよくわからなくて最後までついていけるか不安だったけど、途中からなるほどという展開で最後までちゃんと観れた。
死んだ事実を知らなければまだ誰かの中で生き続けられるなら私は人知れず死
>>続きを読む

いつか輝いていた彼女は(2018年製作の映画)

2.7

小倉青さんを観たい人はこれ観たらいいね、という印象の作品でした

それからのこと、これからのこと(2016年製作の映画)

3.1

笠松くんがかっこよすぎて久々に自分の中にときめく心を感じた…
ひとつの机を挟んで座るあの絶妙な距離感は、学生時代の宝物になる

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.8

なんの気兼ねもなく、思いっきり恋をして、想いを伝えられる世界になってほしい。

あしたの私のつくり方(2007年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

内容がドンピシャで私の学生時代だった。嫌われたくないからその場にあったキャラを演じて当たり障りなく過ごす。そうするうちに自分がなんなのか分からなくなっていく。私もずっと『本当の自分』と『偽りの自分』に>>続きを読む

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013年製作の映画)

3.9

クリープハイプを聴く人が観ると凄く楽しめる作品だと思った。社会の窓の話で泣いた。
いろんな人がいろんな場所でいろんな立場で生きていて、でも上手く繋がっていて、そういう話とても好き

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

好みが分かれそうな映画だと思ったけど、私は詩的なものが好きなのでこの作品はとても良かった。
愛という言葉を軽率に投げてくる人間にどこか薄っぺらさのようなものを感じて生きている。愛、恋、誰かを好きになる
>>続きを読む

Happy Hunting(2018年製作の映画)

2.5

自分の中の譲れない部分とか許容できるラインとか、そういうのをひとつひとつクリアする相手を見つけるのほんと難しい

(2017年製作の映画)

3.6

演技っぽさのないこの自然な雰囲気を出せる山田孝之が素晴らしすぎ
2人にしか分からないその場の空気感を覗かせてもらってる感じがした。短編だけど満足度が高い

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.5

私も何かに対して、誰かに対して、全力で向き合えたらいいのになと思った

ぼくたちは上手にゆっくりできない。(2015年製作の映画)

-

ポスタービジュアルから想像した雰囲気と全体像がだいぶ違った
好き嫌いが分かれそうな作品だと思った。個人的には好まない。観始めたからには最後までちゃんと観ようと思って頑張って観たけど時間もったいなかった
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.5

銀杏BOYZは今まで全然通ってこなかったけど、これをきっかけに聴き始めよう。
聴きながら、泣きながら、思いっきり走りたい

サラバ静寂(2017年製作の映画)

3.3

音楽が無い世界で自分が生きていける気がしなかったから観てみた。
演技演出に関して少し残念だなと思ったけど、エンドロール、最後の最後まで曲を聴くとそれが緩和されるような感覚になった。
家でイヤホンをしな
>>続きを読む

悪魔(2018年製作の映画)

3.0

吉村界人、タートルネック、煙草、鼻血がとても似合う

太陽を掴め(2016年製作の映画)

3.0

所々、ん?となるシーンがあったけど、吉村界人さんが好きなので彼の良い表情をたくさん観れたという点ではとてもよかった

>|