tさんの映画レビュー・感想・評価

t

t

映画(63)
ドラマ(0)

スモーク(1995年製作の映画)

3.7

エンドロールが本編みたいな映画。
優しいオーギーの優しいクリスマスストーリー。

メメント(2000年製作の映画)

4.2

まんまとミスリードしてしまいました。
本当に緻密で斬新で難解な構成。

最後の答え合わせで僕は合点がいったが、レナードはこれからもずっと“ジョン・G”を探し続けるんだろう。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

“真実の愛は 一時死を遠ざける
   小心は愛のなさゆえに起こるのだ”

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.7

バイト先の店長からオススメされた一本。

役者陣の目線の動きやカメラワークがそれぞれの人物の心理状態をよく表現されていて、機微も感じ取れることができたため、内容はもちろん、技術的にも見応えがある作品で
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

素直にめちゃくちゃ面白かった。

香川さんと堺雅人さんは特筆した器用さを待っていると思う。

特に堺雅人さんの売れない俳優が瀬戸際で行った決死の演技を表現する演技が特に素晴らしかった。
役者の演技を表
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.8

コメディ100%かと思ってたけど、シリアスなシーンやクールな殺陣の演技もあってバランス良かった。

マルコムX(1992年製作の映画)

4.0

後半にかけて落ち着いていくマルコムのスピーチのコントラストが、マルコム自身の思想の成熟に伴い、落ち着いた力強い言葉を表すようになっていったように見えた。

George Froyd氏の事件も相まって、
>>続きを読む

ブルー・イン・ザ・フェイス(1995年製作の映画)

3.6

とりとめもない雑談からはエナジーが生まれる。
ローカルコミュニティの良さを再確認できた。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

しんどかった。もう一回は見れないと思う。
場面転換の時に水の上で色んな色の水彩絵の具が広がっていくような表現はすごく綺麗でした。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

4.1

映像がすごいイケてる。
lo-fiな画質に銭湯のコントラストは抜群。

本編より好きな雰囲気やったかも。

サウダーヂ(2011年製作の映画)

-

大学の授業で観た。
周りがガヤガヤしてて集中して観られへんかったからもう一度ちゃんと観たい。

永遠の0(2013年製作の映画)

3.8

百田尚樹は個人的に好まない人物であるが、V6 岡田准一の演技には心奪われた。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

美しい映像にコリンファースの演技、映像作品として素晴らしかった。

敵国であるヒトラーの堂々たる演説姿に心奪われるような表情からは、かっこいいヒーローに憧れるような憧憬の念を抱いてるように伺えた。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.3

特にSNSが蔓延している現代において、ありのままの自分を表現するということは困難を極めるセンシティブな難題である。

誰もが理想や一定数の客観的高評価を得られる人物を演じ、その鎧を脱げない人間が多いよ
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.2

アンダーワールド・イギーポップの音楽が本当によく似合う作品。

個人的にはベグビーの荒れ具合には辟易させられるが、やるせなくどうしようもないやっつけ心がよくわかる演技で共感を得た。

最後のレントンが
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

4.0

実写化とはこういうことだと世の愚作に知らしめるような圧倒的なアクション、演者の演技にただただ見惚れる始末。

>|