tokoさんの映画レビュー・感想・評価

toko

toko

映画(304)
ドラマ(0)

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.8

観る人の年代で感想も違ってくると思います。

ジヨンは専業主婦だけど、子育ても家事も完璧にこなして、(その完璧さが時として痛々しく感じたけど)、優しくて子育てに協力的な夫も居る。(だから愚痴も言えない
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.2

障害があるだけで、人より臆病になる。
言いたい事、したい事も我慢してしまう。

母親に守られて育ったユマ。
友達に利用されても何も言えないユマ。
そんな彼女が、自分を変えようと行動していく。

それは
>>続きを読む

ニューヨーク東8番街の奇跡(1987年製作の映画)

3.8

懐かしさと温かさが伝わる映画。

こんな映画なら、のんびり家で観るのも良いね。

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

4.0

それぞれの気持ちの揺れが、上手く描かれてると思う。

言い訳で逃げてるって、うんうんあの頃には有るよね。傷つくのが怖いのも青春だもんね。

相手の気持ちより自分の気持ちの方を優先してしまう理央と自分に
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.0

やっぱり観て良かった。

幼い頃に葵を助けられなかった自分を許せず無気力に生きる漣。
平成生まれの2人のそれぞれの生き方、2人を取り巻く人達との触れ合い。

8年後の再会は、それぞれの生活の中でのすれ
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.6

容姿がコンプレックスのレネー。
外見が美人でスタイル抜群に変わったと勘違いして、どんどん積極的になっていく。
言いたい事を言って、やりたい事をやって…

美人なら許される?
全く変わってない姿で自信満
>>続きを読む

ひとつの太陽(2019年製作の映画)

4.0

光と影…誰の心にもあると思う。

この映画は、本心を語る台詞が少ない。
兄も何も語らず自殺してしまう。
残された家族もそれぞの想いを心に秘めて生きて行く。

ぶつかり合わず距離を置きながらも親は息子を
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.5

5ヶ月ぶりの映画館でした。

久しぶりだから、やっぱり気分爽快になる映画が良い!
うん!やっぱりガー子達は元気だ!

キャスティングも最高!ビビアン・スー!お久しぶり!
古川雄大君も東洋の御坊ちゃまっ
>>続きを読む

先に愛した人(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

愛した夫がゲイで妻と息子を捨てて出て行く。
残された妻と息子の葛藤。

夫が癌で亡くなり、妻は保険金の受取が息子から交際相手に変わってた事にショックを受ける。
自分から家庭を奪い保険金まで奪おうとして
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.6

記録

小さな頃のお伽話の小人の世界をワクワクして読んだ記憶が蘇りました。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.8

記それぞれの家族への愛が深く感じられた。
でも、やっぱり母親目線で見てしまった。

姉中心の生活の中での兄妹の気持が辛いけど、家族を想う気持ちの強さに胸が熱くなりました。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.8

ウザいけど頑張り屋の母と反抗期の娘のやり取りがリアル。
ガンガンうるさく言う母親は、思春期には確かにウザい存在でしょう(笑)

でも働きながら毎日キャラ弁を作る事は簡単な事では無いし、それを作る事が母
>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

3.8

記録

控えめだが芯の強い春と、兄の死で包丁侍として家を継いだ安信の心の迷いが静かに描かれてました。
2人の心の距離がゆっくり近づき、そして大切な人となっていく。

淡々と料理を作る春の手捌きが、凛と
>>続きを読む

ひまわりと子犬の7日間(2013年製作の映画)

3.8

記録

犬を信じ愛する気持ちに感動したけど、この実話の裏に助けられない命が沢山ある事実を思うと胸が痛くなる。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.5

個性的な役者が勢揃いしてて楽しい。
クスッと笑える作品。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.6

番組表見て偶然に見つけて録画しました。

絵が可愛すぎて小学生向け?と少し偏見を持って見始めたたけど、後半のそれぞれの想いに大人の方がグッとくると感じました。

祖母の古い旅館に住み込むユーレイのウリ
>>続きを読む

愛を積むひと(2015年製作の映画)

3.6

自分の命が短いと知った時に、自分よりも残される旦那さんを思いやれる素敵な奥さん。
頑固でぶっきらぼうな旦那さんには、奥さんがいる生活しか考えられない。

北海道に転居し夫婦の穏やかな生活の中で、旦那さ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.5

全体的には実写版の方が好きだけど、
アニメには実写版より星の王子様を感じる部分が有った。
空想的な描写は、アニメだからこそなのですね。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.8

自分の時代を思い返しても.15歳って不安定な時期だと思った。

大人の事情が分かり始め、でも何も言えない環境から平気な顔して過ごすサトル。
学校では友達に悩みなんて無い明るい自分を演じるナズナ。
その
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2016年製作の映画)

3.6

娘と同い年のエイミーを愛してしまったエド。
愛するが故、エイミーの心の傷を癒そうと思ったエド。
自分の命の期限をエイミーの為に費やすエドの気持ちは?

エイミーを悲しませずに静かに自分の死を受け止めて
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.8

以前、TV番組でお二人の事が取り上げられて感動したのを思い出しました。

実話の映画は、感動だけではなく闘病も家族の思いも綺麗事では無い部分を淡々と描いていました。
それでも、映画では描ききれない葛藤
>>続きを読む

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

3.5

王道のラブコメ。

キャメロン・ディアスの明るさと彼氏役の男優さんの軽い感じも良かった。

相性なんて、自分が決める事だけど、お互いを知る事で一緒に居たいか居なくないかだと思う。
夫婦を何十年もしてる
>>続きを読む

プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行く(2015年製作の映画)

3.8

さすがポリウッド❗️
楽しかった❗️

踊る!踊る!濃い!濃い!
長い!長い!(笑)
ストーリーも読めちゃうんだけど、何故か引き込まれちゃうんだよね!

まるで水戸黄門の様な王道なストーリーに見終わっ
>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.8

イケメン達に癒されて来ました。(笑)

真剣佑君の明るさと軽さがボーカルのアキにピッタリ。
北村匠海君も引きこもりの颯太が外に出て少しずつ変わって行く姿が普通なんだけど、やっぱり歌ってる姿はカッコいい
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.8

ザックとタイラーの自然な距離感が良かった。
自分の心の傷から荒んだ生活を送っていたタイラー。ザックの純粋さに、ぶっきらぼうだけどさり気なく気遣う優しさが有ります。
ザックの面倒をみていだつもりが、いつ
>>続きを読む

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

4.0

介護と生き甲斐。

不慮の事故で半身不随の車椅子の生活になったチョンウインには、絶望と諦めしかなかった。
偏屈で我儘な彼の世話をする家政婦は長続きしない。
そんな時にやって来た看護婦の経験があるフィリ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

10歳のジョジョの世界はナチスドイツが正義で有り全てでした。

そんなジョジョの目線で描かれるこの映画は、今まで観たドイツ人とユダヤ人との辛く哀しい映画とは違って、普通の少年が普通に自国を愛し敵を悪と
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

半地下に暮らす貧しい家族。
しかし、彼らには悲壮感が無い。
過去の栄光の飾られたメダル…優秀だが貧困から大学へ行けない兄と妹…そんな優秀な子供を褒める父親。
家族全員がどこかで、自分達はこんな生活をす
>>続きを読む

>|