TonnyNekowasherさんの映画レビュー・感想・評価

TonnyNekowasher

TonnyNekowasher

映画(1130)
ドラマ(0)

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.8

「女子スケーターの青春ストーリー」
スケボーがめちゃくちゃ好きでしょうがないって気持ちが等身大に描かれていて、甘酸っぱくていい映画だったな〜
ちょっと前にかなりエグめの青春ストリートカルチャー映画「K
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

「お腹の中で蝶が羽ばたくような痛さ」
最初から最後まで本当に良かったな〜
評判が良過ぎて見る前のハードルがめちゃくちゃに高くなっていたけど、余裕で飛び越えてきました。
友達のヨーキーが可愛過ぎたし、サ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

すごい良かった。
暴力から子供達を守るために夫を殺した母親が帰っきてからのお話。
めちゃくちゃ重い話かと思ったけど、強くポジティブなメッセージがしっかりと描かれているので気持ちのいい映画だった。
3兄
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.5

チック症のノートンのキャラが結構好きな感じだったけど、このキャラ付けのせいでテンポが悪く感じてしまったところがあったりした。
ストーリーとしてはなかなか入り組んでるなと思わせといて意外とそうでもなかっ
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.3

メタル伝説の幕開けだ!
めちゃくちゃバカで最高の神映画だった!
なんかもう色々と雑だけど大好き!
めちゃくちゃ笑えて泣けて本当楽しい時間を過ごさせてもらえました。
ストーリーもものすごい緩さから一気に
>>続きを読む

ホームステイ ボクと僕の100日間(2018年製作の映画)

3.3

原作がもアニメ版もあまりピンと来なかったけど、この実写版は画が綺麗なシーンが多かったので良かった気がする。
でもストーリーはやっぱり説教くさいので好きになれないな〜
オチはいいんだけどねー
ヒロインが
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

インドの熱すぎたラップ映画!
まさにボリウッド版8 Mile!!
差別や貧困、決めらつけられた人生をなんとしても打ち破ってやるという熱いパワーがラップを通してものすごい熱量で伝わってきて見終わってもし
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.5

なんなのこいつ?感だけでずっと引っ張るから引き込まれるけど、終始一本調子の同じ展開なのでちょっと中だるみしちゃってたかな〜
実話だからこれ以上やりようがないっていう感じもあったけどね。
そもそも本物の
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.6

スミソニアン博物館を舞台に前作よりもスケールアップ!
アクションも派手になったり
恋愛要素もちょっとだけあったりとかしながら楽しめました。
しっかりと全部が博物館で完結するのがいいよね。
子供の頃に見
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.7

この話はアンビリバボーでやっていたのでなんとなく側は知っていたけど、パレスチナ問題がよく分からなくてちょっと調べてから見ました。
結局は国や宗教じゃなくて人と人がちゃんと分かり合うことが大事ですねー

真実(2019年製作の映画)

3.6

「真実」ってタイトルからしてかなり重めの映画かと思ったんですけど、キャストが豪華で皆超絶上手い人達だったし、内容もサラッとしててかなり見やすかったです。
でもこのキャストでもっと深めのやつ見たかったな
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.9

前半は若者向けって感じで結構退屈かな〜、なんて油断していたら、後半バチクソに泣かされました。
3つの物語が並行に進んでいくんですけど、どのストーリーも良かった。そして驚きの展開にまんまとやられてしまっ
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ酷くて地獄みたいで最悪の場所のはずなのに、あえて明るく楽しいラテンミュージックがかかったり明るいタッチ撮影されているのもあり見る前に思ってたイメージと全く違ってサラッと見れた。
ドキュメン
>>続きを読む

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.9

なんかツボにハマってしまった。
笑って泣けて思ったよりもいい映画だった。
障害者だから感動とかじゃなくて、登場人物の粋な気遣いとか遊び心がすごく素敵で脚本の良さに素直に感動してしまった。

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

4.0

サリンジャーの最後に着いた場所は、極め過ぎたクリエイターの行き着く最果ての場所みたいなところで孤独だったかもしれないけど、本人が幸せならばそれはそれでいいよねって話。
ライ麦畑を読んだことある人も読ん
>>続きを読む

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

3.7

マダム・マロニーが主人公のエレガントな料理映画を想像していたら、マダム・マロニーは主人公じゃなかったし、少年漫画的なスポ根要素強めで思ってたよりも楽しかったし、出てくる料理、フランス料理とインド料理も>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.2

楽し過ぎて最高にHAPPYな気分になった!
まず最高ポイント①
無双しまくり王者フェラーリを倒すために、試行錯誤しながら最強の車を作って行くっていう展開がワクワクを減速させてくれない!
最高ポイント②
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

4.0

ウラー!!
ドイツの戦車の砲撃を紙一重で振り切る激アツフルスロットルオープニングが終わったと思ったら、即T-34単機VS複数のドイツ戦車の激しいバトルでテンション下げる暇ないよ!
本物の戦車を使った迫
>>続きを読む

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.8

ベッタベタなクリスマスラブコメが欲しくなったら超絶おすすめ!
ライトなコメディですごく見やすかったけど、意外と後半のサプライズもいい仕事しいて少し得した気分になりました。
理由なくハッピーな気分になり
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.7

前情報無しで見たら全くどんなストーリー展開になるのか予想できなすぎて楽しかった。
序盤から中盤にかけては意味わからないレベルが凄すぎてかなりワクワクしちゃいました。
常にじっとりと嫌悪感を感じさせる巧
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

盲目と同性愛と青春とでかなりしんどい話になるのかなと思ったら、あらやだ!すごくスッキリ気持ちのいい青春ストーリーにもっていかれました。
3人の演技、特にガブリエルがはにかんだ時の表情なんかかがすごく良
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

最初から最後まで事実を淡々と描いているのでラストのカタルシスは薄めなのだが、それがかえって権力やメディアの恐ろしさを際立たせていたような気がする。
ぶれない真っ直ぐな正義感純粋さをもったリチャードとサ
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

主要キャスト3人がすごく魅力的だった。
王道な青春ストーリーに不思議な三角関係を当てはめ哲学やLGBT要素を押し付けがましくなくうまく伝えていて最初から最後まで気持ちのいい映画だった。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.8

中3女子のケイラはパッとしないし、友達もいない。嫌なことも沢山あって自分が嫌いになっちゃうけど、くじけずに少しずつ少しずつ前に進んでいくから、なんだかさえない時の自分の学生生活を思い出したりして懐かし>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.4

胸が熱く苦しくなった。
そしてゼイン、こんなに尊くて優しくて強い子はいないってくらいに愛おしくなった。
この子にどんな演技指導したらこんな役を演じれるのかと思ったら、監督が役柄に近い素人の子をキャステ
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.6

ストーリーにツッコミどころは多いけれど、細かいことは気にせずに美しき女性たちが悪を成敗する痛快劇を楽しめた。
前のシリーズ、ドリュー・バリモア、キャメロン・ディアス、ルーシー・リュー3人のインパクトに
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

3.5

家族の紡がれる歴史をオムニバス形式でかなり丁寧に描いていて、序盤のスローペースで分かりにくい展開から徐々に全体の輪郭が見え始めると一気に引き込まれて行く感じだった。
オムニバス形式なのですごく好きな章
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.2

インド映画なのに歌もダンスもなく静かで優しい演出がすごく良かった。
主人と召使い、カースト制度という途方もない大きな壁を間に少しずつ近づいていく2人の距離感の描き方が繊細で絶妙で心地良い。
プリティ・
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.5

若い子に見てもらいたい、友情とか恋愛とかちょっとの優しさが悲しい掛け違いを回避できたりすることもあるかもね。
ゲイ役の男の子すごくいいキャラクターだったなな〜

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.4

この監督の作品でこのテーマだから気持ち良くは見させてくれないとは思っていたけど、リアルでアートな殺人にすごい嫌悪感と同時に興味をそそられるいい感じの内容ではあった。しかしラスト20分の展開が独特過ぎて>>続きを読む

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

4.0

激しい二つの火花がぶつかり合ったり離れたりしながらパリの夜を駆け抜けていく。
橋の上の花火のシーンは夢でも見ているみたいに綺麗だった。
物語の、結末が全然読めなかったけど意図して演出していたんですね。
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.3

小学生の頃自分が何を考えてたのかとか思い出させてくれる映画だった。
障子の穴覗くところなんかすごく好きだな〜

15ミニッツ・ウォー(2019年製作の映画)

4.0

常にスリリングな緊張感な晒されていて非常に疲れたが、おちゃらけたスナイパー達はいざ本番になるとカッコ良すぎるし、フランス政府はクソだし、終盤の激しい撃ち合いは気持ち良かったけど、戦争やテロの虚しさがだ>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.7

ふつうに面白かった。
伏線の回収が気持ちいい〜
見たあと??なところは色々な方の解説などを見てなるほど〜と思ったりしました。
でも2時間ぴっちり使うよりもうちょっとコンパクトにしてもよかったかも。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.7

自閉症の妹に売春させる兄の話というかなり攻めまくったテーマで心削られそうかなと思ったんですけど、意外とスッと見れました。
とにかく追い込まれた生きなきゃしゃーないじゃんって話だし、なんだか笑えるところ
>>続きを読む

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(2018年製作の映画)

4.0

シュヴァルが物静かで無口なので、最初は台詞に余白が多くて感情が掴みにくかったけど、その余白を埋めるように妻が現れ、娘が誕生して彼の人生に目標と生きがいを与えてくれたんだな。
あまり感情を出さないシュヴ
>>続きを読む

>|