赤沼俊幸さんの映画レビュー・感想・評価

赤沼俊幸

赤沼俊幸

ドキュメンタリー映画とフランス映画に興味があります。狂気が見たいです。邦画は北野武と山田洋次が好きです

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.6

今さらながら観た(Blu-ray)。確かに絶賛されているように素晴らしい映画だった。序盤はすべてのシーンが完璧のように思えた。監督の能力の素晴らしさを存分に感じた。役者では石原さとみが一番株を上げたよ>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

ミュージカル映画としてはたぶん素晴らしい映画ということはわかったのだけど、ジャズ愛を語るところがジャズ好きにとっては物足りないのと、劇中に流れるジャズへの気持ちが入らなくて、ジャズ好きとしてはその点が>>続きを読む

みうらじゅん&いとうせいこう 20th anniversary ザ・スライドショーがやってくる!「レジェンド仲良し」の秘密(2017年製作の映画)

4.1

まさかのスライドショーの映画化(笑) 誰が映画観るんだろうと思い行きましたが、意外にも観客席埋まってました(3割ほど) 笑いが耐えないドキュメンタリー映画でした。創作の発想について、今自分が考えて>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.2

「おもしろい」「すごい」「できる人だ!」を連発して観てました…いろいろな驚きと、単純に楽しめるエンタメ映画だった!

聖の青春(2016年製作の映画)

3.4

将棋に関する描写、物、時代の描写は本当しっかりしていた。松山ケンイチの演技はさすがだと思った。ストーリーがちょっと緩いかな

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE(2015年製作の映画)

3.2

テレビで観たけど、楽しかった。映画館ではどういう雰囲気だったんだろう…蛭子さんの民宿へのこだわりが面白かった

ヴィクトリア(2015年製作の映画)

4.1

「ヴィクトリア、ダメ!」と叫ぶこと多数の映画。「バードマン」より濃密度は下がるけど、迫力やリアルさ上かな(それぞれの良さあり)

カルテル・ランド(2015年製作の映画)

4.6

「どうやって撮ったの?」と思えるようなシーン続出。カメラマン、命落としてないんだろうか…。救いのないメキシコの現実がハッキリと提示される…

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

3.6

アイドル映画かと思いきや、ちゃんと飛行機映画。テンポ良くて面白い!綾瀬はるかが素晴らしいよ

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

2.9

こういう映画苦手だ…王室もの、感情的すぎる登場人物、魅力的じゃない登場人物、先の展開が読めてしまうストーリー…イギリスもので、こういうのが良くある気がする…(吹き替えみたけど、字幕を見た方が良かったこ>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

4.6

ドキュメンタリー映画として対象者の魅力溢れる映画だった。メッセージ性に関してはAやA2と変わらないと思い、それよりも対象者をいかに面白く撮るのかどうかが本当の見どころだと僕は思った。傑作だけど、ヤクザ>>続きを読む

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

3.8

スノーデンに惚れた。真似できないけど、こういう男になりたい。最後の衝撃の事実はあるけど、内容自体は下調べで知っている話が多いのと、ドキュメンタリー映画としては記録的な前半が少し退屈だったかな

ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー(2014年製作の映画)

4.3

ドキュメンタリー映画として、テンポや挿入されるシーンなど、技術的に素晴らしかった。内容も興味深くて、日本人が知らないゲーム事情が勉強になった。題材の語るテーマ性も大変魅力的だった

わたしの自由について SEALDs 2015(2016年製作の映画)

3.6

SEALDsの評価は別として、まずドキュメンタリー映画としての良い点としては混乱のあるデモでも対象に対して近く、迫力のある映像だったということと、結成当初から追っていったということ。悪かったところとし>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.1

じーんとする場面がたくさん。僕は長男だから、綾瀬はるかの気持ちもすごくわかるのと、ああいう凜とした長女が大好き。姉妹もの、女性の友情ものも大好き

ヤクザと憲法(2015年製作の映画)

5.0

シアターキノで一部で超話題になっている「ヤクザと憲法」観てきました!もうずっと興奮っしっぱなし…!!約90分でしたが、4時間ぐらい観てたかった…ドキュメンタリーはそもそも大好きなんですが、その中でもす>>続きを読む

A2(2001年製作の映画)

4.6

前作Aと比べて、解説が少しあり、わかりにくさが改善。シーンのテーマもわかりやすい。やはりこちらも衝撃の映像が多く、歴史的意義が多いドキュメンタリー。ただ、こちらも投げっぱなし感とか、下知識が必要なのが>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

4.5

内部の映像や信者の素顔に近いところを撮ったという意味では衝撃の映像の数々。歴史的意義のあるドキュメンタリー。一方、マイナス点は説明が少なく、下知識がないと理解に難しいので、もう少し解説がほしいと思う。>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

おじさんが喜びそうな映画だなと思った。おじさんの妄想を叶えてくれる映画で自分がおじさんだったら、映画見た後、肩で風を切って女性を口説いたりしそう。(そもそもそういう映画みたいですが…) でも、アクシ>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

鬼先生にも共感ができず、ただただ狂っている人という印象だった。才能があるならまだしも、それも特に感じない。主人公も才能があるかどうかもよくわからないし、素晴らしいドラマーなのかもよくわからないし、良さ>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.9

ヒーローものとしてカッコよかった!意外なヒーロー、最初見たときドキドキでした!

劇場版 BiSキャノンボール2014(2014年製作の映画)

3.3

本家と比べてしまうと、どうしてもダイジェスト感や盛り上がりにかけるような印象だった。でも、完全版はもう少し違うらしいけど、劇場版はこれぐらいの評価かな…もう少しアイドルの人間性や男の悲哀みたいなのがも>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.3

超大作だった。邦画でこれほど豪華なのは見たことなかった。少し前に見たクレイジージャーニーでスラム街の様子とイエンタウンは似ていて、リアルな感じを受けた。みんな必死に生きて、でも、いろんな必死さがあって>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.1

4DX観てきました。アクションがとにかく凄い!!ストーリーはめちゃくちゃだと思うけど、理屈とかいらない!!とにかくドカンドカン!!これ以上、4DXに向いている映画はないんじゃないかと思いました。もっと>>続きを読む

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE(2013年製作の映画)

3.6

バラエティー+お笑いとして面白い作品だった。(映画としてはちょっとという感じはありました)

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.5

引き込まれた。ストーリーはそんなに捻ったものじゃないけど、シーンシーンとか言葉の選び方とか、絵的な美しさが光っていた

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

3.1

リズムが良かった。深さはまあまあかな。もっと若い時に見たら気づきがあったかも。10代とか20代の男が見る映画かな。女性は新しい発見があるかもだけど

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.4

音楽が超カッコ良かった。撮影技法も素晴らしいよ。映画技術としては文句の付け所がない感じする

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.9

妹が1万回ぐらい見てた。僕は100回ぐらい見たけど、いつも面白かった

フラガール(2006年製作の映画)

4.7

全体的にベタなんだけど、どのシーンも美しくて最後のシーンで大泣きしてしまう

>|