トトCINEMAライフさんの映画レビュー・感想・評価

トトCINEMAライフ

トトCINEMAライフ

※あらすじに沿った細かいレビューは殆どネタバレしてる ※文章で物語の見どころを再現したり、核心に触れるなら必ず(ネタバレ表記)を❗

自らは素人評論家・解説にならないように気軽に感想・印象を綴る

作品のお薦めなどしない…自分が思う事を素直に述べるのみ…🙄

2017年10月開始〜

映画(1899)
ドラマ(21)

ハンター(1980年製作の映画)

3.5

"トム・ホーン"の方がスティーブ・マックイーンの遺作だと思い込んでいました…同年公開とはいえ、撮影の順番は素人には分からない?!むしろ、本作の方が顔色が良くまだまだ現役感がある

物語に悲壮感は無いの
>>続きを読む

旅情(1955年製作の映画)

3.5

映画史上の先人達や作品に敬意はあるし、まるで歴史を遡り学ぶように見てきた作品もあるが…

1960年以降と、それ以前

マーロン・ブランド出現以降と、それ以前…

それは、役者の演技や台詞回しが全く違
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

4.1

鑑賞3回目…もう20年前の作品かぁ、少し複雑な内容だが悪と善と灰色が上手く描かれていて色褪せない作品だ…

名優揃いの豪華キャストだけでも見応え有り…セクハラ問題であえなく退場中のケヴィン・スペイシー
>>続きを読む

ネバー・サレンダー 肉弾突撃(2009年製作の映画)

2.5

日曜日の昼下りB級アクション

どこかで何度も見た事があるような設定・ストーリーで捻りも0%、興味無いラジオのように付けておくだけで聞き流すような映画 苦笑

見所?!答えられない…

オースティン・パワーズ:デラックス(1999年製作の映画)

3.5

パロディコメディー作品の代表シリーズの一つ

007シリーズを一通り観てから再見したので、よりクスッと来るシーは多かったかな…

個人的には、マイク・マイヤーズがやるパワーズやDr.は余り好みの笑いで
>>続きを読む

スワンの恋(1983年製作の映画)

3.5

途中までは何となく眺めてたが、中世独特のゆっくりしたテンポと、恋愛一つにも良く言えば哲学的、悪く言えば能書きが多くて睡魔に負けた…

ビッグ・ガン(1972年製作の映画)

3.5

引退間際の殺し屋アラン・ドロンの復讐劇

ゴッドファーザーPARTⅠの最大の悪玉ドン・パルジーニ役のリチャード・コンテが貫禄タップリで出てるので、重厚感はある!

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

4.0

「復讐は完璧でならねばならない、つまり標的は全員だ…火種は残してはならない」

前作でテンポ良く、派手に"復讐劇"を斬新に描きVo.2に繫げたが、一転作風もキャラクターや物語の掘り下げも深い

対抗馬
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.2

再鑑賞、相変わらずのサクッとした快作だ👍

ルーシー・リューの「ヤッ チ マイナァ〜‼」がツボ❗😅

"パルプ・フィクションでブッ飛んだイイ女ミアことユマ・サーマンが本作では(復讐に執念を燃やす元殺し
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

今夜、BSジャパンで半年も経たずに再放送

う〜ん・・・久々2回目の鑑賞だが、印象は変わらなかった…

集団パニック・ヒステリー、とにかく叫び声が多くカオスなホラーだ…

キング&ダラボンの名コンビな
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.5

今夜、BSジャパンにて放映

忘れる事の出来ない世紀の大事件、アメリカ同時多発テロが起こった9・11

あえて無名の役者を揃え臨場感を出し、全編ドキュメンタリータッチで描かれたこの映画は、もちろんエン
>>続きを読む

フルスロットル(2013年製作の映画)

3.5

カーアクション"ワイルド・スピード"で有名だったポール・ウォーカーの遺作

そして、身体をフルに使ったアクションで注目を浴びた"アルティメット"出演のダヴィッド・ベルが引き続き、身体能力全開のお得意の
>>続きを読む

男と女(1966年製作の映画)

4.0

この歳(中年)になって初めて観る機会を得た…

映画は素晴らしい、恋愛は素晴らしく切ない、改めて素直に感じさせられる作品だった

ダ〜バ〜ダ タバダバダ ダバタ🎶聴き馴染みのあるメロディーなのに、コレ
>>続きを読む

ブリッツ(2011年製作の映画)

3.5

もう3回目だよ(それだけステイサム作品の再放送が増えてる…沈黙のアレが減ってる 笑)

もうね、ジェイスン・ステイサムはアクション映画のハゲカッコいい界の帝王を襲名してイイと思う(ブルース・ウィリスに
>>続きを読む

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

4.0

監督作は殆ど観ているトニー・スコット(不思議と?!)
そして脚本:クエンティン・タランティーノ

その傑作"パルプ・フィクション"の下敷きと呼ぶには贅沢過ぎるが、確かにソレを感じさせる作品ではある…だ
>>続きを読む

ムービー43(2013年製作の映画)

4.0

コレがラジー賞ね・・・さすがハリウッド、酷評だなんだってお下劣コメディ作品にとっては最高の賞を与えちゃってる事自体が賛辞(笑)

あれだけ、よくもまぁくだらないブラックジョークをストーリーにして一流の
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.7

やっぱり自分はピクサーアニメ作品中、コレが断トツトップで好きであり、その続編が16年の時を経て作られ観れたのは感慨深い

しかも、1作目も2作目も娘と劇場で・・・自分を含む色んな事が変わったがこの作品
>>続きを読む

教祖誕生(1993年製作の映画)

4.2

北野武監督作品では無いとは言え、原作はビートたけしで、監督スタッフもほぼ北野組の人間が占めているので、皮肉の効いたコメディ作品として「みんな〜やってるか!」ほどでは無いが、特に難解ではなく、むしろ分か>>続きを読む

赤穂城断絶(1978年製作の映画)

4.0

正直、冬頃の風物詩であり、無数の「忠臣蔵作品」がある中…やや食傷気味でもある物語だが…

巨匠 深作欣二監督、更に"仁義なき戦いシリーズ"の面々を主要キャストに散りばめ、かと言ってパロディにならぬよう
>>続きを読む

ブラック・ドッグ(1998年製作の映画)

3.5

大型トラックアクションは永遠に・・・アメリカ大陸のみだな…苦笑

とりあえずデカいトラックが走れる広い道と、必要な距離がある限り生き残れるボジション?!列車に食われるか…💦

ゴーストのパトリック・ス
>>続きを読む

ザ・ワイルド(1997年製作の映画)

3.5

日曜日の昼下りの吹替版

A級の出演者アンソニー・ホプキンス御大を据えながらも、B級の香りのする気軽に観れるアクションサスペンス

恐ろしいのは熊なのか❓人間なのか❓

まぁ、そんなに深くは無い(笑)
>>続きを読む

パーフェクト・カップル(1998年製作の映画)

3.5

面白かった、つくづく自分はトラボルタの"抜けたカッコ良さ"が好きだ👍

2018 9/1久々の鑑賞、中身をすっかり忘れてて、初めて観る感覚だった💦

つくづく思ったね…政治家は(役者)なのだと😏

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.5

主人公は思ってたより思想の強さが感じられず、むしろ情が強く哀れな立場にあった女性と不倫を貫いたり、だが取り調べ等では淡々としてたり

ある意味、完全無欠のテロのプロでは無い男が大事件を企てたプロセスを
>>続きを読む

リプレイスメント・キラー(1998年製作の映画)

3.0

チョウ・ユンファ、ニヤケ過ぎ?!…迫力不足💧

ダニー・トレホの無駄遣い
冒頭からの展開が物語を分かりにくくさせてる、単純なハズなのに❓

カプリコン・1(1977年製作の映画)

3.5

一応、ジャンルとしてはSF映画に分類されてるけど、観たところ陰謀サスペンス

感想は、昨日再見した傑作"ミクロの決死圏"とは対照的に非常に短い💦

長ゼリフの多いスペクタクルな茶番劇…💧

ハル・ホル
>>続きを読む

ミクロの決死圏(1966年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

実に、荒唐無稽な物語だが・・・久々、3回目くらいの鑑賞で再投稿

宇宙を目指し 宇宙船やエイリアンみたいな未確認生物と対決、深海や地底に潜るだけがSFじゃない、これもSF(サイエンス・フィクション)だ
>>続きを読む

華麗なる激情(1964年製作の映画)

3.5

1964年のスペクタクル映画

スペクタクル映画≒チャールトン・ヘストンという程の強いイメージがある

今までは端正ながらも野性味があり勇気があり、肉体派でタフな役どころ(ベン・ハー、猿の惑星十戒 e
>>続きを読む

アンドロメダ…(1971年製作の映画)

3.5

深夜の放送で、帰宅・就寝の準備をしながらも、字幕と画面の雰囲気に魅せられた…最後まで完走出来なかったので、"平凡"な点数にしてるが、途中までで相当高いと思った…

不気味さと、何か重大な事が起きている
>>続きを読む

赤ひげ(1965年製作の映画)

4.0

黒澤明監督作品のヒューマンドラマ

このジャンルにおいては邦画史上に残る名作だ

主演 三船敏郎の演技の重厚さ・深み、黒澤監督の演出も相まって二人の才能の結晶とも言えよう

残念ながら、天才二人のタッ
>>続きを読む

ミッション(1986年製作の映画)

3.8

名作"キリング・フィールド"の監督が地味ではあるが宗教の布教を重厚に描いた作品…数々の受賞をして評価されている

ロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・アイアンズというオスカー俳優が並び立つ良作

近年、
>>続きを読む

弾丸ランナー(1996年製作の映画)

4.0

"そして…ランナーズ・ハイ"www😁

久々の鑑賞だが、人の記憶とは実に曖昧だ…。

全体的なイメージだけ残って一応主演❓になる田口トモロヲとダイヤモンドユカイの順番などぶっ飛んでたし、大杉漣さんの役
>>続きを読む

陰謀のセオリー(1997年製作の映画)

3.5

とりあえずタクシードライバーが超お喋りかどうかは置いといて、運転は前向いてやってくれ 苦笑

テーマは分かりにくい?!

座頭市逆手斬り(1965年製作の映画)

3.5

"座頭市"シリーズは勧善懲悪のワンパターン時代劇ではないとは言え、映画にしろテレビドラマにしろシリーズを重ねればマンネリからは逃れられない・・・それは、座頭市に限らず何の作品でも同じ事

但し、この勝
>>続きを読む

ソイレント・グリーン(1973年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

SF映画の傑作「ミクロの決死圏」の監督が描く近未来SF

1973年の作品だが、舞台は来たる2022年頃…食糧難…

人間はゴミだ…ゴミのようでいて、ゴミのように扱われている

生きていてもだ、ゴミの
>>続きを読む

>|