トトCINEMAライフさんの映画レビュー・感想・評価

トトCINEMAライフ

トトCINEMAライフ

※文章で物語の見どころを再現したり、核心に触れるなら必ず(ネタバレ表記)を❗

自らは素人評論家・解説にならないように気軽に感想・印象を綴る

作品のお薦めなどしない…自分が思う事を素直に述べるのみ…🙄

2017年10月開始〜

映画(1933)
ドラマ(21)

タキシード(2002年製作の映画)

3.5

最近のジャッキー・チェン出演作はハリウッド作品が多く、「またカンフーアクションか?!」じゃなくて割と色んな役柄をこなしている

だがしか〜し、ジャッキー・チェンはジャッキー・チェンなのだ…

アクショ
>>続きを読む

クレオパトラ(1963年製作の映画)

4.0

とにかく、画面から伝わるスケール感が凄い❗とにかく豪華❗重厚感たっぷりのスペクタクル映画

エリザベス・テイラーのゴージャスさと、妖艶さを兼ね備えた美しさよ😲

なので、かぶりつきとは言わなくとも、何
>>続きを読む

シンデレラマン(2005年製作の映画)

3.8

2006年くらいにDVD発売当初に観たっ切りで、10年以上振りの再鑑賞…

初鑑賞時は、ラッセル・クロウも1997年の"LA.コンフィデンシャル"を皮切りに、2000年代も"グラディエーター"、"ビュ
>>続きを読む

ブレーキ・ダウン(1997年製作の映画)

3.5

中盤からの追い込み感が凄い映画だった…💦

先ずは、アメリカのハイウェイには絶対にドライブに行きたくないね💧

カート・ラッセルが途中から武田鉄矢に見えてきて、また途中からジャッキー・チェンに見えてき
>>続きを読む

サンシャイン2057(2007年製作の映画)

3.0

スカパーの無料放送の録画…以前観てガッカリしたけど、キャストがこの後の出演作でブレイク、または認知度が高まった役者が何人も出てるので再見してみた…

これだけの役者をもってしても、やっぱり
「神に召さ
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.0

残念…ブルース・ウィリスという大物を配しながらも、肝心の物語を理解出来なければ それは合わなかった作品って事…

頭は柔軟にいたいものだが、例えばSFでも宇宙物・エイリアン物は少なくとも人類が宇宙開発
>>続きを読む

座頭市果し状(1968年製作の映画)

3.8

昭和の大俳優の一人、勝新太郎の座頭市シリーズ第18弾…

改めて、座頭の市っあんは盲目の按摩さんであり、世間に一目置かれるヤクザでもあり、そして乗りかかった舟(トラブル)では優しさを魅せる

そんな座
>>続きを読む

誘拐の掟(2014年製作の映画)

3.5

アウトロー探偵サスペンス…リーアム・ニーソンはやさぐれてても品が残るなぁ😅

ちょっとアレコレ話が散らかってる感じはしてけど、伏線回収とか推理に神経質にならず気楽に観れば良い映画か?!

マセガキが質
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.5

やっぱり映画ってのは、飲みながら酔いながら観るもんじゃないなぁ💧

あっ、レビュー書いてないから観てないなんて思ってたら、デジャブのように見たようなシーンが、そして成り行きも大体分かっちゃうっていうね
>>続きを読む

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.5

ダンディーを極めるコネリーのジェームズ・ボンド vs でっぷりと肥えて、ふてぶてしく狡猾なゴールドフィンガーの、"駆け引き対決?!"

まぁ、そういう007も総じて皆ふてぶてしいし、ピンチでもジョーク
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.8

2002年に始まった"ボーンシリーズ"、それまでアクションスターのイメージでは無かったマッド・デイモンがシビアなアクション映画もやれると印象付けたシリーズでもある

それはアイデンティティ➡スプレマシ
>>続きを読む

張り込みプラス(1993年製作の映画)

3.5

第一作目と間違ってレビューしてたので再投稿ですm(__)m

"張り込み"の続編、細かい説明は無くともおかしな刑事コンビ リチャード・ドレイファスとエミリオ・エステベスのキャラが前回以上にコミカルに描
>>続きを読む

張り込み(1987年製作の映画)

3.5

※続編の"張り込みプラス"の方に間違ってレビューしてたので再投稿💧

最初は、やや退屈な展開なのかな?という先入観を持ちつつ鑑賞したが、特に派手なアクションシーンが多い訳じゃないけど細かい演技が光る二
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

多分、ビートたけしのファンでなければ観ていなかったであろう作品…

"攻殻機動隊"というワードも聞いてはいた程度で
、原作もアニメも全く知らない…

そういう主観の無い者の感想としては、まるでブレード
>>続きを読む

謝罪の王様(2013年製作の映画)

3.5

録画失敗で半分しか観れず(同時刻にBSで複数予約してたようだ?!)

※「ダブルアベ作品に外れ無し」阿部寛&阿部サダヲの事である…。

だが、テーマが"謝罪"という嫌いなテーマだったので躊躇していたが
>>続きを読む

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ(2009年製作の映画)

4.0

アクロバット・格闘アクション+巨悪の陰謀という第二弾

主人公コンビは相変わらずのキレのあるアクションに、前作で培った息もピッタリ

感想から言えば内容的にも前作以上に痛快な印象が残る作品になっている
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

3.8

身体能力を存分に使った、斬新なアクション映画

本当に斬新なアクションだ

物語もシンプルで面白い

続編もあるので観てみよう👀

カリフォルニア(1993年製作の映画)

3.5

以前一度見た記憶があるが、その印象以上にブラッド・ピットの凶気が際立ってた

ジュリエット・ルイスは、こういうのが適役だなぁ…

思った以上に"ナチュラル・ボーン・キラーズ"っぽかった😏

火宅の人(1986年製作の映画)

3.5

映画館でも観た、テレビの再放送も観た…

主人公の緒形拳が破天荒だがだらしなく、頼りなく しかし才能はある…そんな男の放蕩人生物語

原田美枝子、松坂慶子が実に美しかった

リミットレス(2011年製作の映画)

3.8

物語の設定、主演ブラッドリー・クーパーの七変化、抑えた役回りで作品に重みを出してる名優ロバート・デ・ニーロ

夢のようであり、儚くそして危うい薬物による人間の能力があがると❓…というサスペンス

結局
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.5

有名キャストを揃えた、凸凹コンビ物アクション

BS-TBSの吹き替え版の録画だったが、相変わらず会話の音量がボソボソと小さくてにボリュームを合わせると、拳銃とドンパチやカーチェイスが始まると耳をつん
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

4.0

コレは久々の二度目の鑑賞だった…

記憶とはいい加減なもんで、アメリカの国民的SFの"スター・トレックマニア" vs "スター・ウォーズマニア"というパロディ&コメディと思い込んでた

スター・ト
>>続きを読む

三大怪獣 地球最大の決戦(1964年製作の映画)

4.0

根本は映画作品に順番を付けるのは良いけど、細かい点数を付けるのは抵抗がある…けれど、この便利なアプリの表示順に影響するので、自分で凡庸・平凡な作品を3.5と設定し、何かしらプラスやマイナス点があればソ>>続きを読む

2010年(1984年製作の映画)

4.2

2018 11/6 NHK-BS3にて再鑑賞

意外と知られてないけど、傑作【2001年宇宙の旅】の正統な続編だ

それを続けて放送するなんてNHKもやれば出来るじゃないか…いつも野暮ったく感じる事も
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.5

2018・11/5 NHK-BS3にて何度目かの鑑賞…にしてもアノ無音
に近くまともなセリフも無い序盤ってのは、あらゆる規制がキツい現代なら完全な"放送事故"だね

しかし、アレは芸術の極みで有り、日
>>続きを読む

オクトパス(2000年製作の映画)

3.0

B級映画の基準ってのは一般的にも、映画ファンとしても人それぞれ…

A級のキャスト・脚本・監督スタッフ・巨額予算で臨んでもどこかB級の香りのする安っぽい作品になってたり(まぁ、そういうのは一般的にコケ
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.5

もう少し高い点数を付けたいが、まだ頭の整理がつかない…

余りにも普遍的な哲学・シュールなユーモア・絡み合う登場人物の感情とストーリー、これらが複雑で余韻に浸り直す時間が必要だ…

現段階でハッキリ言
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

う〜ん…舞台が宇宙になった"世界にひとつのプレイブック"っぽい印象も拭えない…

映像とジェニファー・ローレンスの美しさ、演技も申し分ないのだが、先述の"世界にひとつのプレイブック"と同じで、(出来過
>>続きを読む

刑事物語3 潮騒の詩(1984年製作の映画)

3.5

沢口靖子デビュー作、武田鉄矢アクション面白かった…記録

エイリアン2 完全版(1986年製作の映画)

3.5

エイリアン第2作目、監督はジェームス・キャメロン

近未来の宇宙が舞台なのに、何であんなに安っぽいイキりアメリカ軍のような登場人物たちをポロポロだしたんだろうな❓

空想の近未来でも武器はデカいマシン
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

4.0

当時、人気の高かったウィノナ・ライダーがリプリー(シガニー・ウィーバー)と対照的なイメージのキャラとしてキャスティング

自分は本作のリプリーもウィノナ・ライダーも作品もお気に入りだ

また、作品全体
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.5

いよいよ、エイリアンという物語にリプリーは外せないと決定付けたように焦点が当たった作品のように思えた…

"物語"、ストーリーとかを重視する作品としては基本シリーズの1〜4の中では一番なのかな?!…
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5

監督が変われば作風も変わる…前作の宇宙空間での静けさ、宇宙船という密室で起きる未知の生命体の襲撃による恐怖は観る者を震え上がらせた・・・それでいて何か守るべきは守ったという作品

だが・・・アクション
>>続きを読む

>|