ウタさんの映画レビュー・感想・評価

ウタ

ウタ

新作から旧作、ジャンルも色々観ます。
洋画は細かいニュアンスや後ろのガヤまで聞きたいので、吹き替えが好きです。
気に入った映画は、その後本来の音を聞く為に字幕で観ます。若干違いがあって二度美味しい♪

******
初めまして&こんにちは!
鑑賞メーター終了の為、こちらに引っ越してきました。
暫くはデータの移行作業が中心になると思います。
どうぞよろしくお願いします☆

映画(359)
ドラマ(0)

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.8

映像が凄く綺麗。登場人物もちょっとひねりが加えられており、それが味になってとても魅力的だった。ラプンツェルの吹き替えが中川翔子さんだと知って驚きました。凄く上手かった!

サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS(2000年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

何回観ても手術のシーンは泣く。
「ごめんな…」でもう涙腺崩壊。

最初はライトに面白く、観ていて本当にワクワクする。
そしてほっこりして嬉しくて、不安になって切なくて。
最後はとても優しい感情に包まれ
>>続きを読む

クロウ 復讐の翼(2000年製作の映画)

3.4

前作のクロウは本当に死人が蘇った儚さや危うさがあったけど、今回のクロウにはまだまだ温かい血が流れているようだった。1の方が好みだけど、これはこれで面白かったです。

クロウ/飛翔伝説(1994年製作の映画)

4.0

ダークヒーロー物。クロウが兎に角かっこいい。銃撃戦の撮影シーンに実弾が交じっており、彼が亡くなったのが本当に惜しいです。暗くて悲しいけど優しい映画。私は好きです。

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

フロドの事を思い浮かべると、色々と切ない気持ちでいっぱいになる。
最終章だけに見応え満載。

私はプロポーズのシーンが大好きです。彼女の笑顔に感動!

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

3.4

思っていた内容とかなり違いました。

最初はアクション映画だと思ったら、終わりの方は何だかヒューマン映画チックに。

世界観を伝える為に必要だったのかもしれませんが、もう少しアクションとストーリーの配
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

4.2

時間が経てば経つほど色んな感情が出てくる作品です。

最初は、最後のシーンの印象が強すぎて呆然としてしまいました。
1900の気持ちも分かるのだけど、「何で?どうして?」という気持ちが強すぎて。
勿論
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

3.9

優しい映画だった。ルーシーがどこまでも可愛い!!

障害を抱えた人が登場する色んな洋画を観てきたけど、それらの映画に登場する人は普通に街を歩く人でさえ彼らに親切でした。
社会全体が協力的というか…。
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

3.8

映像が綺麗だしキャラクターがそれぞれ魅力的。ダークファンタジーなのでちょっと怖いシーンはあるけど惹きこまれました。映像やアクションを考えると3時間はギリギリなんだろうけど、ストーリー的にそこまで深くな>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.2

最初観た時は15歳の時。
その時は怖い&グロイ&ミーマニアが気持ち悪いの三拍子でした。
だけど大人になって観ると凄く奥が深くて引き込まれる作品でした。

どこまでが現実か非現実か分からないのは本当に怖
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.8

スケールが大きくなって再登場。勝手知ったる我が家ならまだしも、新しい土地での頭脳戦は凄いと思う以前に、この子の有り余る度胸が怖くなる。ハトのおばさんとのシーンは感動的でした。この映画で一番怖いのは、そ>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.9

クリスマスに観たくなる映画。
本来は取り残された子供の方が可哀想なんだけど、ケビンの頭の良さと対応に、途中から泥棒の方が哀れに思えてくる。
教会でおじいさんと話すシーンはとても好きです。

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.2

昔観たのですが内容を忘れていたので再鑑賞。
改めてディカプリオの演技の凄さに驚きました。

お荷物でしかない筈の母とアーニー。
いつでも逃げる事は出来るのに、葛藤を抱えながらも支える家族の姿に感動しま
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.0

前作よりインパクトには欠けるけど、それでも十分面白い映画でした。

前作はどちらかというと年配を相手に奮闘していたクラレンスが、
今度は若者相手に悪戦苦闘。
若く反発していた子供達が、音楽の力で一つに
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

4.8

心から楽しく、ハッピーになれる映画。
閉鎖的だったシスターや教会がクラレンスの手によって変っていく。
皆の目が活き活きしていく様は観ていてとても感動的です。
それに、引っ込み思案なロバートがソロを歌っ
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

3.9

二次元から三次元になるのはどうだろうと思っていたら、
思いの他楽しめた。

コメディあり、ラブストーリー有りで二度美味しい感じ。
色々突っ込み所はあるけれど、皆がハッピーになれる楽しい映画だった。(た
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.9

良い映画だった。
スポーツを通じて相反していたものが一つになっていく瞬間、凄く大きな力を感じた。

凝り固まっていた古い考え、慣習、意識、そういうものが全く新しいモノに生まれ変わる。本当に素敵だと思う
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

3.6

ストーリーは王道。
だけど飽きずに観ていられたのは、やはりあの映像の美しさにあると思う。壮大で雄大で神秘的。
これは是非映画館の3Dで観たかった!

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.2

コメディでこんなに観るのに勇気を要した映画はない。
途中耐えられなくなって何度か一時停止して別の事を考えた。
感情移入して観ると恥ずかしすぎてもうダメ。

最後の数分間の為の大きな大きな我慢だけど、
>>続きを読む

どろろ(2007年製作の映画)

2.9

効果音を映像にしたような映画だった。
まさしく「ぐちゃっ、どろろっ」という感じ。暗

く陰気で恐ろしい世界というよりも、暗く陰気だけど楽しい世界。
観ていてアジアの路地裏的な感覚があった。

劇中、不
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.4

衣裳や小物が凝っている。
この映画はおどろおどろしいホラーの類ではなく、人間の極端な思考に伴う行動の恐怖、精神面での狂気を描いた作品だと思う。

特に女性があの時期に持ち得るであろう「不安定な面」をぐ
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.4

原作を読んでからの鑑賞だったので、あの話をどのように映像化するのだろう…と若干不安がありました。結論から言うと…良かったと思う。

必要なところは押さえ、話をスムーズに進める上で省ける所は省き、さらに
>>続きを読む

ナインスゲート(1999年製作の映画)

3.0

儀式的で悪魔的。
怖いとかぞっとするというより、何となく不気味…。
背後に常に誰かがいるような。

映画自体は超凝った美人局という印象。

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

3.1

何とも奇妙な物語。
オチでひっくり返される感じ。
ただ、ストーリー自体は淡々としていてそこまで印象に残らない。
それよりも、この映画に出てくる小物がいちいち凝っていて素敵だった!

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

まさに青春。どこまでも突き抜けて爽やかで、甘酸っぱくて切ない。
こんな恋がしたかった…と思わずにはいられません。

最後は号泣。それも悲しさや切なさからとは違う、自然に流れてくる涙。
観終わった後、凄
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.2

問答無用で面白い!
何度見ても家族が力を合わせて闘う所&世界が一つに繋がるシーンは泣いてしまう。

バーチャルとリアル、年配と若者、デジタルとアナログ、
切り口を変えて色んな繋がりを魅せてくれる。
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.4

"現代の戦争"をリアルに描いた映画だと思う。
戦争自体そうだけど、爆弾処理という自ら危険に向き合う作業はどれ程神経をすり減らすのか。

最初、あまりにも無謀な事ばかりするので、別の意味での"命賭け"を
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.3

映画としても勿論面白いけど、「こんな素敵な実話があるなんて!」というのが一番の感想。本当に温かくなる。

テューイ一家皆が本当に心優しくて親切で素敵な家族。
裕福というのも勿論あるだろうけど、そこに胡
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

2.8

スピード感はありました。ありすぎました。

アクション&ストーリー全てにおいてジェットコースターでいまいち入り込めない&内容が訳が分からない内に終わってしまった。

登場人物や組織が全て自分勝手に動い
>>続きを読む

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.5

戦場の"ピアニスト"。音楽が中心の映画かと思っていました。
実際は全く逆だった。

こうまで生なましく"戦争"を描いた映画だったなんて…。
いや、戦争と一くくりに出来ない。
だって軍隊(ドイツ)VS民
>>続きを読む

黄泉がえり(2002年製作の映画)

3.3

どうしてもRUIと「月の雫」のイメージが強すぎて他の印象が薄くなる。

メインとなる二人の話をはじめ、みんなそれぞれ抱えているテーマを持っていて、限られた時間でそれをどう消化していくか…。なかなか切な
>>続きを読む

トリプルX(2002年製作の映画)

3.2

アクションと音楽が熱い。
スピードに乗って、自分も一緒にその熱を感じられる。
なかなか楽しめる映画でした。

パーフェクト ストーム(2000年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

欲により命を落とした感じ。
欲と言っても生きていくうえで必要な事なので責められない。

船が木の葉のように揺れ、弄ばれ、波に向っていくシーンは鳥肌物。

最後、船長は船に残らないで欲しかったな。

>>続きを読む

地下鉄のザジ(1960年製作の映画)

3.2

絵本の様な映画だった。
色んな物がかわいい。
ザジを始め色んな登場人物、小物等。

ただ、特にストーリーがあるという感じではないので途中で何回か眠くなってしまった。

>|