テツさんの映画レビュー・感想・評価

テツ

テツ

映画(706)
ドラマ(14)
アニメ(0)

13時間 ベンガジの秘密の兵士(2016年製作の映画)

3.0

14:敵が味方か分からない中での任務のストレスほんとにやばいだろうな。

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

1.5

13:自分が何にも縛られてないから書けるけど、広告業界の利権だけで1本作った感じの映画。尾田さんも「もう好きにしてくれ」って思って総合プロデュースしてそう。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

2.5

12: こちらも新手のマルチ(バース)商法。

これが評価されるのもいいとは思うけど、分かりやすく面白い作品が評価されなくなっていく世界線はちょっとだけ寂しいなというのが正直な感想。

まぁ要するにわ
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.0

11:嫌いではないが、好きでもない、この時代自体がモラトリアム人間増員時代って感じ。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.5

9:安定のアクション。トムクルーズとケインコスギがここに来て近づいていってる気がする。トムクルーズの筋肉番付はよ!

アンチャーテッド(2022年製作の映画)

2.5

8:何回寝たかわからない。観る側がトムホ以上の頑張りが必要不可欠。

モービウス(2022年製作の映画)

2.0

7:マーベルの小遣い稼ぎ作品。もはやスパイダーマンを匂わせれば何とでもなると思ってる。荒手のマルチ(バース)商法。

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.5

6;たとえ挫折しても友達と旅したくなる映画。旅に正解はない。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

2.5

4:アニメで観ようとしてたけど映画あること知ってラッキー🤞今年中に世間様に追いつくために必死。

神々の山嶺(2021年製作の映画)

3.0

3:情景が同じような感じのために途中でだらける登山映画特有の雰囲気もアニメにも関わらず最小限に抑えつつハラハラもある。俺は富士山が限界。

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.5

2:ナタリーポートマンのかわいさと政治的な皮肉とVの発音(ブイではなくヴィ、上唇を噛んで)、たぶん気づかせたいポイントは全部気づいた。

21ブリッジ(2019年製作の映画)

2.5

1.ストーリー性も弱くて2023年1発目ではなかった、、、強いのは主人公の銃撃スキルくらい

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.5

61:エルトンジョンがまだ生きているうちに作ってくれて良かった。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.0

60:歳とらないのもなんだかなぁー、美男美女でなかった場合かなりきつい。

ポリー my love(2004年製作の映画)

2.5

59:コメディでも恋愛系でもラブコメでもない、どっちにも振り切ってない感じ

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.0

58:実話を元にしたテロリストの話結構好きなんだけど、主役の3人が本人役としてずっと演じてたと知ってびっくり。最後の表彰の映像がやたらリアルなのに、なぜ3人だけ役者が置き換わってるんだろって思ってたけ>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.5

57:インド映画史上最高の制作費をかけてバカ真面目に3時間おふざけした結果、めちゃくちゃにはちゃめちゃなおもろい映画になっちゃった。
鑑賞後に同行者と「いや、あの場面よ、笑」っていうツッコミ入れれるシ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

56:どんだけ喧嘩するんってくらい実家でも母親と姉がこの時期喧嘩してたのを見てきたので共感できる部分が多かった。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.5

55:色々考察すれば何か見えてくるんだろうけど、オナラのことを深く考察する元気もないのでよく分からなかったと結論づけたい。

ウォーリアー(2011年製作の映画)

3.5

54:熱い、テストステロンブチ上がった。ダニエルクレイグに続く憧れムキムキ俳優にトムバーディーを追加!

天気の子(2019年製作の映画)

2.5

53:声優本田翼が本田翼すぎて終始気になった。次回作の『転勤族の子』に期待。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

2.5

52:前作の方が好きだった。豪華俳優陣ってだけでみんな容疑者想定で観ちゃうから疲れちゃう。

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.0

51:原作読んでてもそうだけど犯人っぽいやつやらイラっとするやつが多すぎて疲れる。サービス業ってほんと大変、初めてずっと経理でいいかもって思った。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

50:怒鳴り上げるシーンで小学校中学校時代の剣道部思い出してチビりそうになりながらもなんとか視聴…2時間映画でホッ、

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

49:タイムリープもののなかでも、主人公がこれだけ退屈に絶望しなかったこともある意味すごい。

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.5

48:当時地元で橋本愛の魅力を広めたのだけが俺の功績。間違ってなかった。part2

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.5

47:当時地元で橋本愛の魅力を広めたのだけが俺の功績。間違ってなかった。

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.5

46:村上春樹の小説の実写化ってまだ読んだことのない作品なのに、めっちゃ村上春樹を感じて「そうそうこんな感じやったな」って気持ちになる。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.0

45:前作から20年。20年経ったら変わるのか、相変わらずなのか、自分の20年後が楽しみである。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.5

44:過去作の同窓会として観るか、新作としてのハラハラを期待して観るかによって感じ方が分かれそうなストーリー。シリーズ化の映画作りってほんと難しいんだろうなぁと思った。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

43:どんでん返しもどんでん返し。藤原竜也の落合陽一ヘアをみれるのも良き。

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

42:何気なくみたけど映像が美しすぎてあっという間に終わった感じ。トラウマ何となくわかるな

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

2.5

41:ブラピかっけぇがすぎるが、少々長過ぎる。何回寝落ちして何回巻き戻したかわからないほど。死神のように寝落ちできる作品。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

2.5

40:マーベル作品の数珠つなぎ戦法。ほかの映画も見ろよという鼠講作戦。

>|