シナモンさんの映画レビュー・感想・評価

シナモン

シナモン

前は洋画中心でしたが、今は邦画、韓流に偏ってしまいがち。ですが、皆さんのレビュー参考に洋画もたくさん観たいです。
最近は本命は独りでレイトショー、韓流や大人っぽいものは仕事中に(自営業なので😁)、話題作は家族と観ています。

映画(1037)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

-

キムユンソクとピョンヨハンを好きになる映画でした。
なにげ、親友(*^ー゚)b グッジョブ!!

男と女(2016年製作の映画)

-

まさに 男と女 でした。
妻や母ではなく 女 
女をすり減らさないで母をやるのは無理なんだ、と改めて思った。
悩んで苦しんでも、土壇場で心のままに走り出してしまうのは、やはり女なんでしょうね。

少女(2016年製作の映画)

-

さすが「いやミス」の女王、湊かなえ原作だな~、異質で重くて、中2病こじらせ過ぎ女子かよ~、本田翼ちゃん台詞まわしがおどろおどろしいし、マッケンのビジュアルだけが癒しだわ~...
なんてぼけっと観てると
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

ヒューはレミゼでも世界中を虜にした歌声で今回も素晴らしい。のはわかっていたんだけど、私的には子役達‼
子供時代の2人も、大人になってからの可愛い子供達も良かった。
序盤から飛ばしすぎであっと言うまに調
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

-

私はこれを愛と認識してしまいました。

クズばっかりか、集中して最後まで観れるかな~との心配は中盤から消え失せてました。
必要以上に不潔で卑屈な男に描かれた阿部サダヲ演じるジンジに少し違和感を感じつつ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

-

「三度目の殺人」のレビューでも書いたけど、投げかけるよな~是枝監督の作品は。
絶対胸がざわつくヤツだと今まで観るのを避けてきた作品。
やっぱりざわついてます。
尾野真千子に共感してしまったら最後、ずっ
>>続きを読む

女教師 シークレット・レッスン(2016年製作の映画)

-

残されるのはアァ結局何でも出来る女王様
by 大黒摩季
お嬢様の方はバカの極み
女王様の方は純粋過ぎ

無問題(1999年製作の映画)

-

この頃ナイナイCD出したり絶頂期でしたね。
アクションそれなりに楽しめたけど、ハリウッドの大柄なアクションでも、中国のジャッキーアクションでもなく、中途半端感は否めないかな~。
笑いも少なめで、びっく
>>続きを読む

メッセンジャー(1999年製作の映画)

-

ド田舎に住まう私は、まずメッセンジャーという職業が???
飯島直子可愛い。それだけで、内容よく覚えてません😅

完全なる飼育(1999年製作の映画)

-

飼育シリーズの始まりですね。
確かに引き込まれるんです。
二人の気持ちが変化していくのが、気持ち悪くも見て取れるし、変態のプレイも見応えありました。
あれも愛なのでしょうか。

梟の城(1999年製作の映画)

-

引き戸を音をたてずに開ける為にオシッコかけるんです。
劇場で誰も笑ってなかったけど、何故かツボった私は必死にこらえていました。
あの頃から中井貴一は私の中ではコメディアンです。

ターザン(1999年製作の映画)

-

これ、金城武が声優していて、ぴったりだ~と感動しました。

瞳の奥の殺人者(2017年製作の映画)

-

ずいぶん早い段階でなんとなく犯人わかっちゃって😅
警察のオジサンもかなりひどいし、ソウルの少し繁華街から離れたあたりの夜道が超怖くて、やっぱり物騒な街だな~と。
バロは歌うまかったね。

天国にいちばん近い島(1984年製作の映画)

-

原田知世のこの歌大好き。
探し求める系の映画はふんわりなんとなく~感じ取り方も人それぞれってのが多いけど、これもまさしく。
日本でニューカレドニアの認知度を急激に広めた作品だよね。
今でもニューカレド
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

-

私の覚えているかぎり、初めて観た映画です。
子供の私には夏木マリの死に方がトラウマもんで、すごく怖くて夜眠れなくなった記憶が。(今観るとそうでもないんだけど)
やっぱり深作作品らしい荒っぽさもあってド
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

-

薙刀かっこ良かった、青春感も心地好く子供たちと楽しく鑑賞しました。
乃木坂のお芝居は置いといて、薙刀をあそこまで習得したのには感心。
剣道とほぼルールや作戦は一緒でも、「スネ」があるー❗そこにテンショ
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

-

オープニングの曲からしてかっけー❗
今回安室さんが爆発的に人気出たらしいけど、わかるわ~。スポーツカーで180㎞フルスロットルでモノレールに突っ込む猟奇的な顔はなかなかでした。
毎回考えられない程のア
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

-

手首切られて恍惚の声を漏らす女、
理解は出来ないけど、狂った女二人の不思議と気持ち悪い絆や信頼が見えました。
殺人を重ねる女に訪れた愛は穏やかで、やっと吉高由里子が人間に見えてきました。
前半は胃がひ
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

大泉洋昔から好きだけど、ピークきたかもしれない😆
クサイ(かもしれない)45歳ファミレス店長、どんくさく夢敗れた感がにじみ出ていて一見情けないようにもみえる。でも思慮深く優しさに溢れ温かい。
逆にヒリ
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

-

男は狂わせ系女子好きだよね~ってか配役ドンピシャ過ぎる(笑)
って出版の事もファッションの事もわからないけど、なんか出てくる人みんな居そう~😂
民生好きは分かりやすいし妻夫木聡完璧だったけど、もっと全
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

-

そりゃ泣くよ。
あんな若い子が死ぬんだもの。
死を間近にした時にやりたい事をやるんだー、ってわがままをぶつけられる男の子が居るなんて幸せじゃない。
あまりに際どいグイグイで、彼くらいの純な子じゃなきゃ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

-

さすが、ジャンプ屈指のギャグの世界と福田ワールドの融合‼
ふざけ過ぎでしょ。
「おっふ❤」が欲しい橋本環奈も頑張ってたけど、私的には賀来賢人のキャパ。
続編希望です。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

-

目が回る程の若さの慌ただしさ。
楽しいだけじゃなく切ないラブストーリーだったんだね。
ラスト10秒で涙が溢れてしばらく止まらなかった。
音楽に合わせて踊る姿で心情がわかるなんてやっぱりミュージカルは楽
>>続きを読む

クリムゾン・リバー(2000年製作の映画)

-

ジャン・レノだから、と(なぜか当時無条件に信頼していた)鑑賞。
フランスらしく重く暗く。
土地柄とか宗教とか色々からまってより気持ち悪い猟奇殺人が出来上がりました。

映画 レイトン教授と永遠の歌姫(2009年製作の映画)

-

謎解きからファンタジーへ、コナンほど激しくないので物足りなさもあるものの、ちゃんとワクワクの後ホッコリさせてくれる。
キャストに大泉洋ちゃん書いてないね~?

鈍獣(2009年製作の映画)

-

もう、意味不明。
なんで死なないの、気持ち悪い。
クドカン作品の中でも群を抜いて世界観ヤバいやつじゃないかな。

ドラゴンボール EVOLUTION(2009年製作の映画)

-

ひゃー❗なぜか劇場鑑賞。
田村英里子、まさかハリウッドで女優してたなんてビックリ。
…感想それしかなかった。

私を抱いてそしてキスして(1992年製作の映画)

-

エイズという名前が爆発的に広がったものの、まだ知識があまり知られていない頃だいぶ話題になったので、友人と観たのを覚えています。
結局ナンノちゃんとエッチ出来るなら、リスクを負うべきか否か、みたいな話に
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

-

ずいぶんと金曜ロードショーや日曜洋画劇場でお世話になりました。
最高に面白いですよね。
これエディマーフィー演じるアキーム王子が21歳の誕生日を迎えたのでお嫁さん探しって、マジで年齢不詳。
この頃から
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

-

是枝監督おめでとう記念に。
法廷戦術…
法廷戦術って何だよ‼
真実なんて関係無いなら、裁判なんてエゴのかたまりだよ。人に上下を付けるだけの行為だよ。
話が二転三転する元殺人犯の話なんて信じられないのは
>>続きを読む

レイクサイド マーダーケース(2004年製作の映画)

-

この名作小説を、と当時あまり期待しないで鑑賞したのですが、子供達の心の闇とそれなりの倫理観も、大人の汚さと対照的な愛情もうまく伝わってきました。キャストが良かったのかな。
とっても不気味に仕上がってい
>>続きを読む

キャットウーマン(2004年製作の映画)

-

ハルベリー綺麗だな。
しなやかで気まぐれでセクシーなキャットウーマンにぴったり。猫ねようにくねくねと歩くのが良かった。
なにげ、シャロンストーンも化け物並みに老けないけどね。

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

-

作家のジョニデ、かっこ良かった~。
自分が誰なのか、夢と現実の境目が曖昧になったり、嘘ついたつもりが本当の事と記憶したり、不完全な人間だから、この映画は恐ろしい。

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

-

まず、図書館大きくて素敵。
んで、簡単に人が死にすぎる。
残り少ない生き残りが一瞬で凍るとか、あれよあれよと死んでしまうから、悲しみは感じない。
助けに来てくれるお父ちゃん、かっこ良かった。

ソウ(2004年製作の映画)

-

最初に観たとき息苦しさをおぼえずにはいられなかった。足首ムズムズして嫌な感じがした。引っ張られやすいんです、私。
理不尽だよ~💦
んでもって衝撃だよ~💦
これはシリーズ化するよね、と納得です。

大好きだから(2017年製作の映画)

-

やっぱりチャテヒョンのラブコメは王道。
笑って泣けて面白かった。
乗り移られた人達のそれぞれのチャテヒョンが良かった。
しかし、最初に乗り移られた女子高生、ずいぶん前のドラマで大学生役やってたけど調べ
>>続きを読む

>|