Haruka

Haruka

基準点は3。3.5近辺の採点は曖昧。採点基準は主観です。3.8くらいからがマイフェイバリット基準。4超えはレア( ^ω^ )

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

3.5

なんとなく「愛と哀しみの果て」みたい。全然違うんだけど。

めちゃめちゃ印象的な、焼け爛れた顔の男がその過去を話していくのだが、この顔が痛々しくて夢に出そう。詩的で感傷的なお話。
ジュリエットビノシュ
>>続きを読む

フィクサー(2007年製作の映画)

3.0

ティルダスウィトン目当てで鑑賞。んーでも今作のティルダ様はアワアワするシーンが多くて、かっこよくない(´・_・`)眼力はすごいけど。でもこの役柄に深みを与えていると思う。
しんかし内容はあんまり面白く
>>続きを読む

LOVE【3D】(2015年製作の映画)

3.4

愛とその他の感情諸々を放り込んだすり鉢のようなセックス。セックスとセックスとセックスとクスリと感情炸裂映画。特に内容はないが、見たことがないほどセックス三昧。カメラに向かって飛んでくる精液は斬新。
>>続きを読む

愛の監獄(2015年製作の映画)

3.4

禁断の愛のはずなのに、バレバレ。所長さんきっと真面目な人だったんだね。こんなバレバレになるくらい、不倫したことなかったんだ。なのに恋の力に引っ張られてしまうのね。
秘めやかでエロティックで切ないのかと
>>続きを読む

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.7

LGBT差別反対の私。それと知らず借りたら、異性愛というだけで公的に差別された時代のアメリカの話だった。映像が古臭いのがリアル感あってよかった。オネエたちの服装もよかった。
異性愛というだけで、病気と
>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.6

邦題とパッケージが気に入らない。
かなり真面目な、尊厳死についての映画で、オシャレなパリ要素はないのになぁ。
92歳のマドレーヌが、高齢によって苦労する様がリアル。人間としての機能が失われていくことは
>>続きを読む

ジェム&ホログラムス(2015年製作の映画)

3.0

内容は10代以下女子向けで、とにかくキラッキラ。YouTubeに自作の音楽をアップロードしたらいきなり大スターへと駆け上がっちゃうという、イマドキなシンデレラストーリー。
ファッションとメイクがかわい
>>続きを読む

ライフ・ウィズ・ウォーター 水とともに生きる(2013年製作の映画)

3.2

最後まで見れず寝落ち…。
予想と違って、水の素晴らしさとかではなくて、「受け止めなきゃ現実を!」系。
人と水が共存しているというか、人がいなければ水は水らしくいられたのに…っていう感じ。重い。
見たこ
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.6

意外に面白かった。ミステリー系は、誰が誰だかわからなくなったり、時系列が乱れた瞬間理解不能になったりするのだけど、この作品はそのへん丁寧だった。
小説で読みたいなぁと思ったら原作はヒット小説だった…。
>>続きを読む

ブルゴーニュで会いましょう(2015年製作の映画)

3.4

ワインを作るのにどれだけの忍耐と努力が必要なのか、よくわかる映画。
ブルゴーニュの美しい景色をふんだんに見せてくれるのも確かに良いけど、邦題がダサい。仕方ないんだけど。恋愛要素や家族愛要素もあるけど、
>>続きを読む

母の残像(2015年製作の映画)

3.4

英語だしアメリカだから、アメリカ映画なのかと思いつつ見ていたら、あれ?ヨーロッパ映画?ってなってチェックしたら色々な国の合作。なるほど。
出すでも出さないでもない人間の感情のグレーゾーンを、繊細に描い
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.9

いわゆるマーヴェル系が苦手な私。でもカンバーバッチだから…!と鑑賞!そしたら面白かった。
まずしょっぱなから大好きなティルダスウィントンらしき人物!(最初は顔見えない)やっぱりティルダスウィントン!本
>>続きを読む

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.4

イマドキな映画だなーというのが率直な感想。恋愛も結婚も子作りも子育ても、自由なのはいいけど、整理整頓ができてない大人たち。そこを真剣に考えてみちゃうと「子供かわいそうじゃね?」とか「いい歳してダメな大>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

なんとなく借りてきたらキャストが豪華でビックリ。それぞれの持ち前の演技も、ストーリーもテンポもオチも良い。
ややストーリーがモラル的に微妙だったのが腑に落ちない。面白いんだけど、笑うでも泣くでもないま
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.1

女性の権利がまだまだだった時代の暮らしぶりから、参政権を求めて立ち上がる様子を描いた映画。とても分かりやすいし、女性としてとても感動した。なぜかわからないけど、感情の塊がこみあげてきて泣いた。
キャス
>>続きを読む

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

4.2

大人向けカッコいい映画!美しいシチリアの島を舞台に、カッコいい衣装、カッコいい音楽!
そして何より主演のティルダスウィントンがカッコよすぎる!持ち前のミステリアスさ、中性的美しさは勿論、ほとんど話さな
>>続きを読む

クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的(2016年製作の映画)

3.0

人間の見せたくない部分、見たくない部分のこれでもかとご開帳する、お芝居的サスペンス。舞台の狭さと台詞の多さ、設定のありえなさが、つまらないようでいて内容を引き立てる。
スペイン映画って、人間のグロさを
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.7

マークザッカーバーグ(ソーシャルネットワーク)とベラ(トワイライト)が真面目に挑むB級ちっくなヒャッハーアクション!
そんなもの武器になるんだwとか、あーそれそれ使ってみたかった!みたいな、たくさんの
>>続きを読む

甘い毒(1994年製作の映画)

3.2

超美女!しかも知的な顔や悪い顔、かわいい顔など七変化!魅了された。
そんな彼女が田舎のアホを虜にしていくやり口は鮮やか!そこまで自分を捨てられる根性にも関心。
男の独りよがりに我慢がならないと思ってい
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.2

なるほどわからん( ̄∇ ̄)
キャストの豪華さにつられて見てみたけど、やっぱり苦手系映画は苦手なのだ。
感覚派の私としては、ミステリーとか謎解きとか伏線とかはいやいやん。あと男ばっかなのいやん。
でも、
>>続きを読む

虹蛇と眠る女(2015年製作の映画)

2.9

オーストラリアのスピリチュアルな言い伝えをもとにした、難解映画。
その言い伝え知らんし(´・_・`)
そういった言い伝えに興味があればきっと楽しめるんだと思う。

☆みどころ
・オーストラリアの雄大な
>>続きを読む

アナザー プラネット(2011年製作の映画)

2.5

だめでした。この見せ方は苦手。テーマは面白いし、主演の女優さんもめちゃ美人なんだけど、結局チラ見→よくわかんない。となった。
主人公が罪悪感で苦しむ様子がいっぱい。
第2の地球についてもう少し何か面白
>>続きを読む

宮廷画家ゴヤは見た(2006年製作の映画)

4.0

ゴヤをあんまり知らなかったので見てみようかなーと思ったら…
いわゆる「画家密着映画」ではなく、ゴヤの紹介をしつつ、ゴヤの目で見た18世紀スペインの宗教と歴史の惨劇映画だった!
キャストを見てびっくり。
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.0

アメリカで同性婚が広がる前の実話。田舎の州ではゲイというだけで相当な偏見があり、ゲイのパートナー制度はあれど、男女の夫婦が得られるような権利はなかった。
そのためにわずかな余命を捧げた主人公と、その恋
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.1

高機能自閉症(知的障害のない自閉症スペクトラム)についての映画は「ものすごくうるさくてありえないほど近い」が最強だと思うけど、これも良かった。
こちらは「ものすごく〜」より年上の、高校生の話。
地元で
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.3

マリアンヌ役のマリオンさん、色んな映画に出てるし、演技もいいし顔も派手だけど、主役顔じゃないなぁ、っと思ってしまう。何の役やっても違和感ないから、すごいなと思うんだけど。
それともブラピとのバランス感
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.7

みんないい顔してるなぁ。悩んだり戸惑ったり笑ったり。人生のちょっとした瞬間のひとときが愛おしくなるような作品だった。
一見地味で退屈な感じなのに、ちょっとしたセリフや表情をつい見続けているうちに、この
>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

3.7

大人の女性向け映画です。狭い!w
ジュリエッタの気持ちも、娘の気持ちも分かる。母と娘の問題は色んな映画で描かれているけれど、今作は他の要素を含まない密着型。母の人生を振り返ることで見えてくる「今」の問
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.1

キーラナイトレイ版のプライドと偏見が大好きで何度も見ている私。

今作は明らかにギャグなんだけど、リズ役の女優さんがキーラナイトレイに似てる&表情まで似せてる(わざと?)から、パロディ感強くなってて面
>>続きを読む

サロゲート 危険な誘い(2016年製作の映画)

3.0

代理母サスペンス!(笑)にメンヘラ要素を流し込んでホラー要素も!というB級系。
しかし、代理母のアナを演じる女優さんの、「気持ち悪い笑顔」「不安の顔」「激怒」の顔の変わり方にビックリ!それだけで見応え
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.5

キアヌ・リーブズが惨めすぎる役を演じている姿が拝めます!
もちろんかっこいいし、かっこいい役だから、なおさら追い込まれた時の表情にギャップが!(それでもかっこいい)
追い込んで行く女子2人のドSっぷり
>>続きを読む

メニルモンタン 2つの秋と3つの冬(2013年製作の映画)

3.5

温かく愛おしくほろ苦い大人向け映画。
キャラクターたちのナレーションと、そのうしろに流れる優しい音楽がまた良い。
人生は起伏がたくさん、出会いもたくさん、そして人やものとの出会いがある。

恋して愛し
>>続きを読む

ブロンド少女は過激に美しく(2009年製作の映画)

3.4

雰囲気映画なのかなぁと思ってたら、それを超越して芸術だった。
映像・画質やセリフの数々、間の取り方などが独特。退屈なようで、でも退屈な感じでいいんじゃないかとか思い始める。美術館にいるような気分で味わ
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

4.5

ひっさびさに映画でガチ泣きした!
タイトルもパッケージも微妙で、スキージャンプの実話という地味?で薄そうな内容。
いやいやこれは良作でしょ!
スキージャンプどころかスポーツに興味がない私でも引き込まれ
>>続きを読む

あなたのママになるために(2015年製作の映画)

3.9

泣かせにくる!
リアルすぎる描写も詩的な描写も併せ持つ。なんだろね、ヨーロッパ映画のこの独特さは。
ペネロペクルスは超美女なのに、それを忘れさせるくらい良い演技だった。表情が良かった。
医者のキャラと
>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.7

これは…他の映画のどの枠にも入らないような作品。シュールなのに人情的で、ブラックで皮肉なのに人間くささがあって…。
難解なようだけどちゃんと回収してて、成立している。

そして、見る人の想像力をかきた
>>続きを読む

>|