Haruka

Haruka

基準点は3。3.5近辺の採点は曖昧。採点基準は主観です。3.8くらいからがマイフェイバリット基準。4超えはレア( ^ω^ )

ワルキューレ(2008年製作の映画)

2.9

内部によるヒトラー暗殺計画っていっぱいあったんだね。
その作戦のうちの1つがこれ。
思ったより淡々としてるのが良かった。大義のために〜みたいな暑苦しいのは合わない気がするもん。
トムクルーズじゃない人
>>続きを読む

アドルフの画集(2002年製作の映画)

3.0

ヒトラーが「ヒトラー」になる前のお話。いい邦題だなぁ。
画家を志すアドルフ青年のソウルに火がついちゃったよウルトラソウル!芸術と政治を重ねて捉える大局観というか感受性の高さが「ヒトラーの素」なのかな。
>>続きを読む

ヒトラー 〜最期の12日間〜(2004年製作の映画)

3.3

「帰ってきたヒトラー」の中で本作を真似た部分があったので、せっかくだから鑑賞。
いままで見たナチス映画は、被害者側視点のものが多かった。だからヒトラーとその周囲から描いた本作は興味深いものだった。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

これはエヴァだ!w
使徒がゴジラだったら?のパロディを見ているかのよう。
ちなみに私はゴジラ、ハリウッドのしか見たことありませんので悪しからず…。
セリフから音楽からキャラメイク、コンセプトも作戦もそ
>>続きを読む

囚われた少女たち/選ばれし少女たち(2015年製作の映画)

3.0

ティファナでの少女買春もの。信用した男に買春宿へ落とされる14歳のソフィア。逃げられないしノルマはあるし○○休みもない。淡々と仕事をこなし、汚い小部屋で虚ろにカップラーメンの夕食をとる姿はリアル。
>>続きを読む

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

3.8

暗くないイタリア映画!\(^-^)/
分かりやすくてテンポが良く、笑いと真面目のバランスもいい。
あととにかくキャラクターが良い!どの役も愛おしい。
満足です。
音楽も良かった!

…そして彼セクシー
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

2.5

ヒャッハーしてるのかアメリカ人じゃなくてフランス人なのが興味あって見てみた。
やり過ぎてなくてほどほど爽やかだった。
スカイダイビング中に宙にさらされたアレは見ものかもなぁ…。
ひたすら爽やかにアホな
>>続きを読む

インサイド(2016年製作の映画)

1.8

パッケージの写真と宣伝文句が全然中身と違う!
狂気変態監禁鬼畜系かと思いきや、感傷的軟禁謎映画。そうならそうと最初から分かりやすくしてよもう!
主人公の男の精神状態とその理由が思いのほか切なくて、どう
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.7

面白かった。ちょいちょい細かいとこで笑わせにくる。
犬のフンと犬のエサのシーンだけちょっと嫌だったけど。

もし全能の力があったら?だけならそんなに期待しないけど、主演がサイモンペッグなら話は別だ!
>>続きを読む

CAVE ケイブ(2016年製作の映画)

1.5

見始めてすぐ「何語これ?!」になって調べたらノルウェー映画( ̄O ̄;)

五分見て後悔。これはB級以下のやつだ…!

うん、自然は綺麗だね。洞窟はわくわくするね。あとはいらないねw

結局ながら作業の
>>続きを読む

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

3.9

音楽やダンスの雰囲気が最高なドラッグクイーンムービー。そして何が最高って、ドラッグクイーンのローラが超魅力的!見た目だけでなく人間的な暖かみと美しさが溢れるかのよう。私もローラみたいな人になりたい。>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.7

どの作品「他人事」的に描くように見えるキューブリックならではの「超他人事」映画。
共感を求めないながらも面白く観る事ができるのはさすが。お腹いっぱいの虚しさが溢れているのに魅力的。
歴史や文化を身近に
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

真面目寄りB級ホラー。少し怖くて結構面白い。スプラッターでも動物系でも怨念系でもカルト系でも山小屋系でもない。
「ついてくる。それはうつせる」というコンセプトが面白かった。
ついてくる、というのが字の
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.8

始まって数秒で既視感…あっ見たことあった!(o_o)
それでも最初に見たときより感動した。1年2年でも自分って成長してるのね。

これがコメディ欄にあるのが解せぬ。確かにコメディ部分は多いし、基本軽い
>>続きを読む

タンゴ・レッスン(1997年製作の映画)

4.5

アルゼンチンタンゴ好きの私にとって最高のタンゴムービーだった。ちゃんとした男性ダンサー、タンゴ名曲の数々、その曲に合わせたステップとカメラワーク!
アルゼンチンタンゴは、ステージ用の振り付けもあるけれ
>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.1

ジュディ・デンチの魅力満開映画(^-^)
かわいくて朗らかで快活な老女を演じています。花が咲くような笑顔だね!

ストーリーは穏やかだけど、人(と亀)の魅力で楽しませてくれる。
どうにも愛おしい映画。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.6

ヒトラーを釣り餌にしたドキュメンタリー映画、だと思う。

入り口は「ヒトラーが帰ってきたら」で、超ブラックコメディ。総統がコワカワイイのが笑えまくる。
しかしそのまま惹きつけられて見ているうちに映画は
>>続きを読む

ヒトラー最後の代理人(2016年製作の映画)

2.5

これ、映画にしたのは何故だ?!
まるでTVドキュメンタリーもびっくりな、ひたすら尋問と語りだけ。
リアリティはあるし、無表情で語り続ける姿も哀しいけれど、でも映画としての良さはそれくらい。
あまりに淡
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

3.0

キャストが微妙だった気がする。美男美女はいいけど、美男美女以上の役割が謎だった。この2人である必要性はどこ?
あの豪邸の世界観は素敵だったし、ホテルなどの内装や壁に掛けられた絵画、撮り方の奥行きなどは
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.7

日本人として青木ヶ原のリアリティを考えたらアウト。
日本の森の美しさやその神秘性に憧れるアメリカ人になった気持ちで鑑賞しよう!

森の美しさと、それをイメージした音楽がよく合っていた。
ここまで緑色が
>>続きを読む

ベン・ハー(2016年製作の映画)

3.9

過去の高評価のベンハーは見たことなく、長いし手が出せないでいた。(アラビアのロレンスで懲りた)
そしたらリメイク版があるじゃな〜い(^-^)
歴史ものかと思って、勉強のつもりで借りてみた!
歴史もので
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.8

こんなに感動的な出産シーンは初めてだった!そして、こんなにリアリティのある乳がん映画も初めて見たと思う。立ち向かう本人の気持ちと、周囲の気持ちが伝わってきて、引き込まれる。
また、女の親友同士の深い信
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.7

ハリーポッターは1作目しか見ていないけれど、こちらはシリーズではないそうなので見てみた。
およよ、面白い。大人でも楽しめる。むしろ大人の方か楽しめるかも。
魔法生物の動きやデザインがよくて、わくわくす
>>続きを読む

キアヌ(2016年製作の映画)

3.1

もっと猫を期待していたのだけど「男たちが酔っ払いながら観るコメディ」映画だった。猫好きの男たちが酔っ払いながら観たら楽しいと思う。女の私も結構楽しく観れたので、猫好きのカップルにも良いかも。
コメディ
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.0

気軽なもの、そして癒されるものが観たかった。そんな時は動物ものさ!
想像よりも面白かった(まったく期待してなかったとも言う)
私は犬派で猫のことはよく分からないけど、人間が猫の体に入ったからって、不自
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.2

実話なのに、映画的感動要素が散りばめられていて、後半のたたみかけに涙すること間違いなし。
若さのモチベーションってすごいなぁとしみじみ思う。
良作!
ジェイクギレンホールが若い…あのスマイルも、怪役の
>>続きを読む

あの日、欲望の大地で(2008年製作の映画)

3.7

見たことある映画だったー!
やたら印象に残ってた少女はジェニファーローレンスだったんだね、納得。
前見たときより私が歳をとったので、より共感できた。
シャーリーズセロンもハマってた。空虚な美しさが切な
>>続きを読む

リジェネレーション(2015年製作の映画)

1.5

未来感を出そう出そうとしてるのに、手法が古臭くて逆に昔の映画みたいになってる…。

COMET コメット(2014年製作の映画)

3.0

時系列ばらばら、パラレルワールド、こういうのはすごく苦手なのですが、後半グッと効いてきた。
何気ないカップルの会話が延々と続くのが退屈だったけれど、そのセリフ一つ一つがリアルで染みてくる。しょーもない
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

3.0

ミア・ワシコウスカ目当てで鑑賞。
ジャケットも雰囲気もティムバートンみたいなんだけど、中身はまったく違って血みどろラブサスペンスみたい。でも不思議と怖くない。「母の形見」は怖かったけど実用的じゃなかっ
>>続きを読む

スプリング・ガーデンの恋人(2003年製作の映画)

3.0

若きコリンファースにきゅんとしたい人だけ向けの映画(^∇^)
あーこれこそcuteだよなー!ってにやけちゃうね。
若き時代から、憂うような知性の高い目つきをしていて、この主人公の魅力を上げている。

突撃(1957年製作の映画)

3.3

戦争が題材だけど中身は戦争映画じゃないやつ。少し前の日本の社畜社会のような、アンフェアすぎる縦社会を憎々しく描いていたと思う。
命乞いのシーンの生々しさが印象的。また、最後の歌のシーンはものすごくズゥ
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ホラー…なんだろうけど、私はこれより「時計じかけのオレンジ」の方が怖かった。幻想的な色使いとか撮りかたとかはすごく期待通りだった。カーペットとトイレがめっちゃ素敵。
ジャックニコルソンがイッちゃってる
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

2.9

オードリーが好きじゃなかったら特に見どころがないと思った。(私は特に好きではない)でも昔の映画の割に先が読めなくて、まぁまぁ楽しめるストーリー。
衣装が美しいのは確かに!オレンジのコートがすごく印象的
>>続きを読む

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

3.3

この行進のことは知らなかったのでよい勉強になった。キング牧師についてもなんとなぁ〜くしか知らなかった。近代だけど歴史物映画。実際何処まで本当のことなのかは分からないけれど、こうやって少しずつ歴史って動>>続きを読む

戦火の馬(2011年製作の映画)

3.8

戦争を舞台にしながら、馬と青年の物語でもあり、様々な人の人情ドラマにもなっている壮大な作品。戦争をベースにしたヒューマンたちドラマwith馬。
サラブレッドがそんなとこそんな風に走っていいのかとか無駄
>>続きを読む

>|