ありすさんの映画レビュー・感想・評価

ありす

ありす

映画(237)
ドラマ(2)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

-

TV版の総集編だけど映像は綺麗になりましたって感じだった。
ロボットみたいなのとかあまり興味ないので(ファンの方々すみません)
シンジくんかわいそう。周りの大人がまともだったらいいのにと思いながら見て
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.2

最近のピクサーの作品の中で1番良かった。

人生における「きらめき」とは何かっていう大人向けのテーマだけど、腑に落ちるアンサーだったと思う。

ジョン・ラセターが去ってしまったから少なくとも10年くら
>>続きを読む

マローナの素晴らしき旅/マロナの幻想的な物語り(2019年製作の映画)

3.9

ある犬の産まれた時から最期までを犬の視点で描いた話。
終始カラフルな色使い。人間のキャラデザが独特かつ変幻自在な動きをするのでアートを見てる気分になる。隅から隅まで絵を見たくなる、なかなか類を見ないア
>>続きを読む

殻を破る(2020年製作の映画)

-

ディズニー(ピクサー)史上初の主人公が同性愛者の作品。
ゲイの主人公が母親にゲイで恋人もいるとカミングアウトしようと試みる話。

今まで出てきたディズニー(ピクサー)作品の同性愛者のキャラはモブだった
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.8

映像が美しかった。
切なくて、崇高なレズビアン物だった。
男がほぼ出てこないので女子校出身の私はたまにノスタルジーを感じた。3人で一緒にカードゲームする場面とか。
男がほぼ出てこないからこそ崇高さを感
>>続きを読む

クーキー(2010年製作の映画)

3.8

チェコ版トイストーリーみたいな…。
話はトイストーリーぽいんだけど、多分ディズニー作品とかでは見られないようなリアルなアリの幼虫やナメクジとかを食べるシーンがあったり、ペットボトルに閉じ込めて火で炙る
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.8

※あくまでバレエ観る専の感想(バレエはやった事ない)

白鳥の湖は何回も見た事あって思いれがあるから今まで避けてたけど、全く別作品として楽しめた。たぶん事前情報ありで見たからかな。ナタリーポートマンの
>>続きを読む

ファンタジア2000(1999年製作の映画)

3.3

重い腰を上げてやっと見た。ファンタジアの続編。
前作より映像技術が進化してCGが使われてる。
あと話がわかりやすくなって、使われてるクラシック曲も有名なのが多く、75分と短いから見やすくなってる。前作
>>続きを読む

オンネリとアンネリのおうち(2014年製作の映画)

3.4

かわいい世界観だった。庭も家のインテリアや外観もオンネリとアンネリのお洋服も何もかも全部かわいい。女の子が好きな物をいっぱい詰め込んだような見てて癒されるメルヘンファンタジーだった。
友達とかわいいー
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

-

アレックスの着信音が「ロミオとジュリエット」の「モンダーギュ家とキャピュレット家」の曲で劇中で何回も流れてたからか、アレックスが恋してバカやっちゃうのって青春だからなのかなぁ…とか、好きな人には振り向>>続きを読む

陥し穴と振り子(1984年製作の映画)

3.7

エドガー・アラン・ポー原作なのでまた暗い笑
地味だけど、結構ハラハラさせられて見てて面白かった。手に武器が刺さるシーンがあったのだけど、そこはストップモーションアニメだったのかな?血も出ずグロくなかっ
>>続きを読む

対話の可能性(1982年製作の映画)

3.3

対話の可能性ってタイトルだけど、最後に対話するのかと思ってたら、しないで終わってびっくりした笑
食べ物をみじん切りにするシーンがあったんだけど、見慣れてる光景なのにちょっとグロテスクに感じてしまう!怖
>>続きを読む

アッシャー家の崩壊(1982年製作の映画)

3.5

タイトル知ってるけどなんだっけと思ったらエドガー・アラン・ポーが原作だった。
原作知らないけど、話が暗い笑
でも棺が動いたり、砂が動いたりとストップモーションアニメのシーンが面白かった!
不気味なんだ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.4

たしかにラスト騙されたけど、へぇ、そうと思って終わってしまった…
やっぱりこういうジャンル向いてないのかも💦
主人公のベンヤミンが最初まともだったのにいやいや犯罪にどんどん手を染めていくのがちょっとキ
>>続きを読む

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒(2019年製作の映画)

3.5

スタジオライカ作品。
ライカなのでほぼ全編ストップモーションアニメ。
相変わらずCGのようにぬるぬる動くので、本当にストップモーションアニメなの?と思う。

アクションシーンが多かったんだけど、意外と
>>続きを読む

オトラントの城(1973年製作の映画)

3.3

伝説に出てきた城は実在するんだ
と主張する男を追ったモキュメンタリー。
合間に出てくる動く挿絵のアニメーションが良い。なんか見てるとファンタスティックプラネット思い出した。絵柄は気持ち悪くないけど。
>>続きを読む

ドン・ファン(1970年製作の映画)

3.7

マリオネットの劇。残忍な男ドンファンの話で、マリオネットだからグロくないけど、顔を剣で削ぐシーンや滅多刺しして、刺した後からトマトジュースみたいな赤い液体がピューっと出てくる。その表現が面白かった。>>続きを読む

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

3.5

各地を回る老いぼれマジシャンとマジシャンを本物の魔法使いと信じてついてきた少女アリスの話。あまりセリフがない。
アリスがマジシャンを魔法使いと思い込んでるので、度々高級品をマジシャンにせがみ、困惑させ
>>続きを読む

バッグス・バニー カモにされたカモ(1953年製作の映画)

4.0

ルーニー・トゥーンズの短編で多分一番好きな作品。終始メタネタ。
ダフィーがアニメーターに消しゴムで消されたり、変な絵描かれたりいじられする。発想が面白い。アニメーターに弄られて怒ってるダフィーがかわい
>>続きを読む

わんわん物語(1955年製作の映画)

4.0

ディズニー初のオリジナル恋愛映画。
金持ちの家に飼われてる血統書つきのレディと野良犬で雑種のトランプのラブストーリー。
登場するキャラがほぼ犬だけど、元カノの話出てきたりディズニーにしてはちょっとリア
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

3.8

思ったよりアクションしてた。
タイトルに戦記って書いてあるから当然なんだけど。
アクションシーンで縦横無尽に駆け巡るカメラワークがすごかった。アニメでしかできない映像だわ。

黒猫の妖精のシャオヘイが
>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

4.0

映画館で見られて良かった。
イングランドからアイルランドに移ってきて、周りに馴染むことができない女の子ロビンが、人間から虐げられいて眠ると狼に変身できるウルフウォーカーの女の子メーヴに出会う話。

>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.3

漸く見れた。ここのところは原作で読んでて展開を知ってたので特に感動はしなかったのだけれど…絵はとても綺麗で戦闘シーンのエフェクトがかっこよくてアニメ化されて良かったなと思った。

善逸とねずこのかわい
>>続きを読む

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

3.7

スタジオ・カートゥーン・サルーン作品。
タリバン政権下で生きる女の子パヴァーナの話。

監督がトム・ムーアではないのでいつもの作品とは違い、内容が重い。

男装して父を助けるというあらすじを見てディズ
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.7

ヒロインがなんとなく噛み合わないと感じる彼氏と別れようか、面倒だからこのまま付き合い続けるか悩む映画なのかと思って見てたので、どんな話か理解できずに終わった。

ネット上でわけわからない不気味な映画と
>>続きを読む

百万弗の人魚(1952年製作の映画)

3.9

「ザッツ・エンターテイメント」で1番気になった作品だったので鑑賞。

花火やウォータースライダーや噴水などがある大きいプールで泳いだり、水中で笑顔のまま踊ったりする水中レビューが目玉で映像が幻想的でう
>>続きを読む

トロールズ ミュージック★パワー(2020年製作の映画)

3.6

前作見てないけど、海外アニメ好き界隈の間で評判良かったので駆け込みで見に行った。

ドリームワーク作品だけど意外と毒はない。
話はシンプルでテーマは今時らしく多種多様性。だけど人種を(この映画の場合は
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.2

ん〜〜意味わからん。
ネトフリで最近エヴァを1話から26話まで見てしまったので、見ようかと思ったから見てしまったけど、途中から意味わかんなかった。
意味わからないからみんな考察して、その結果人気になる
>>続きを読む

フランケンシュタイン(1931年製作の映画)

3.5

アマプラで配信終了直近だったので駆け込みで見た。
いつか見ようと思ってるヤングフランケンシュタインの予習のために…笑

フランケンシュタインの話は深く知らなかったのでこんな話だったのかと思いながら見た
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

個人的にインセプションやインターステラーより話が難しすぎてよくわからなかった。
序盤の時間逆行の説明でお姉さんが「考えるな。感じろ」と言ってたので物理関係のことについては考えないでみることにしたけど、
>>続きを読む

劇場版 ドーラといっしょに大冒険(2019年製作の映画)

3.2

外国では知名度ある幼児向け長寿アニメ「ドーラといっしょに大冒険」の実写版。
元のアニメはチラリとしか見た事ないけど、女子高生版インディージョーンズみたいで子供向け映画としては面白かった。

視聴者にど
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

公開当時より少し前、予告が出た時点でTwitterで話題になってずっと気になってたけどようやく見られた!
盲目だけど聴覚がかなり敏感な元軍人のお爺さんが襲いかかるって設定は面白かった。
思ったより詰め
>>続きを読む

猫の演奏会(1946年製作の映画)

3.8

トムとジェリー アカデミー賞受賞3つ目の作品
(トムとジェリー、意外にアカデミー賞受賞&ノミネート数が13個もあってビックリしたんだけど(^^;))

本作品、トムがピアノコンサートにてリストのハンガ
>>続きを読む

勝利は我に(1943年製作の映画)

3.8

トムとジェリー初めてのアカデミー賞受賞作品。

去年トムとジェリー展行ったり、NHKのらららクラシックでトムとジェリーの特集見て改めてちゃんと見ようと思ったので。

大人になって改めて見ても話のテンポ
>>続きを読む

バトルシップ(2012年製作の映画)

3.0

Twitterのフォロワーのバトルシッパー達が放映日前夜から荒ぶってたので(なんで前夜から?)…久々に。
といってもいつも一部のシーンしか見たことなかったので今回初めて通しで見た。

頭空っぽにして楽
>>続きを読む

プロデューサーズ(1968年製作の映画)

3.7

プロデューサーズに対する熱が冷めないのでオリジナルの方も見てみた。
オリジナル版はミュージカル映画ではなくただのコメディ映画だけど、テンポよくて面白かった。
劇中劇「春の日のヒトラー」はこちらはミュー
>>続きを読む

>|