OWataruさんの映画レビュー・感想・評価

OWataru

OWataru

高評価、気に入った俳優さん、洋画しか見ないと思います。見たとしても邦画はほんとにいいと思ったのだけをレビューします。

映画(41)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.4

ジェイクは素朴な演技をすごく見せてくれる。メインキャラクターたちは優しい印象を与え、こちらに安心させるがうちに含まれる情熱、夢、強い意志などのメッセージをビンビンに伝えてきた。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

実話を基にしてるとは思えんストーリーの壮大さ、キャラクターの濃さで大満足

キングスマン(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

テンポが良かったですね
シルバースプーンのとこは日本語的に捉えてもわかりにくいけど、銀のスプーンが使えるほど裕福な家に生まれていれば、ということらしいです。勉強になりましたねえー

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

フィクションではあるけどすごいメッセージを感じた!社会学に通じるものもあって楽しめた

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

コメディなんだけどストーリーもしっかり作られてて飽きない楽しい3時間でした。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.7

ムズすぎーーー!
演技を楽しむことしかできませんでした。近々2回目見ます

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

何があっても席を立つなと友人に言われて鑑賞。そんなことを言われても駄作だったらすぐやめようと思っていたが…最初も見れた。文句がつけようもないし最後まで楽しんで見れた。
一番好きなシーンはありふれている
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

原作が良すぎたからあまり期待せずに観たが、かなり忠実だし削ぎ落とし方が良かった。
またこまつななの走るシーンは全部涙出ました

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

僕が見た今までの実話もので一番のうちの1つ。こんなヒーローフィクションじゃ生み出すことはできない。

セッション(2014年製作の映画)

4.0

みるのにすごくカロリー使った
ずっとセッションでした

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.1

なんだ、そいつかって思ったその数分後に鳥肌がえぐいほどたちました。
何も言わず見てほしいです。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.3

「今を生きる」
高校を卒業して将来のことを考える私にすごく意味の与える映画でした。
映画では誇張して描かれてた自由さ、死ぬんだからやりたいことをやろうってのは死の直前じゃなければたくさんのやりたいこと
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

自分に問いかける。
自分に心を開いてこそ自分がわかる。
誇張してはいるが、現代風刺にもなっているし、見つめ直すきっかけをくれた映画でした。
それぞれのシーンもちゃんと意味を持っててすごく詰まった100
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

初鑑賞
生まれる前の映画だったけど登場人物の演技に引き込まれました。
ナタリーポートマンのモノマネのシーンすごく好きだし、ジャン・レノの最初の映画見るシーン可愛すぎた。

スナッチ(2000年製作の映画)

4.0

ロックストックに続き
このテンポ感と皮肉の効いた感じ好きです

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ショーペンハウアーって言うのが出てきたがそれがこの映画全体の比喩になっていると思う。
ライフ・イズ・ビューティフル
人生は「意志がすべて」というのを感じた

クイドを通して、この子供はショーペンハウア
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

背景知識を全く持たない人が見たらたしかに窮屈に感じる部分もある。少しだけ勉強した自分でも難しい。日本人の宗教観をあまり持っていない自分からの視線だと見えない部分もあるだろうし、勉強したらまた見たいと思>>続きを読む

>|