human4errorさんの映画レビュー・感想・評価

human4error

human4error

キャロル(2015年製作の映画)

3.5

リスベットからのベリベットで完璧なギャップ萌え

エル プラネタ(2021年製作の映画)

4.0

虚構の部分は一切映さず、危機的な現実に対してわりと平然とした態度でいるのウケる。リアルママも演技が上手くてウケる。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

2.3

現監督がサムライミとマークウェブに敬意を払いつつ、巨額投資で二次創作をやっただけ。さほどキャスト愛がない人からすれば、特典映像でよかったのでは.......となる。

逃げた女(2019年製作の映画)

3.9

食事と訪問者と夫との関係性語りで、逃げる道程的なものを見せてるのクール過ぎ。

サッドティー(2013年製作の映画)

3.8

コツコツと矢印がつけられていくの、なんか良い。

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.4

きちんとヒエラルキーや格差を対立化させていないのがいいよね。

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

2.5

社会のせいにもできないくらい選択をミスりまくる人、令和にはいないと思ったんだけど猿楽町にはまだ残っていそうな気がしてきた

偶然と想像(2021年製作の映画)

4.4

1話が良すぎる。偶然の中で、不自然と狂気の境界線上を行き来する感じが心地いい。

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.3

「先に入って踊っててくれよ」と言われて部屋に入ってチューンヤーズ流れてたら、なんか嫌じゃないですか?

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

公開当時、プリウスに乗っていることが誇らしかった。

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.8

声をミックスするやつ、前作の味をしめた感あってウケた。そしてクルエラやっぱええな〜と思える。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

何回見ても良い映画は良いということをおしえてくれる映画です。

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

2.9

エターナルズに反してMCUの流れをわりと理解して見なければ、どんどん置いてけぼりにされる作品で意気消沈(もう一度整理して見る)

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.3

ホワイトストライプスコンビが動いてる姿初めて見たかもしれん。

ボストン市庁舎(2020年製作の映画)

3.5

スナイパーに撃たれた退役軍人がfeel goodって繰り返してるのなんか良かった。

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.4

キモいホモソが染みつく辺境の地でゆっくり確立してくストーリーが60年代にできてるのヤバすぎる。ジェシープレモンス、マジ良いな。

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.2

渡利の「彼は本当のことを言ってると思います」というセリフは補助線的な役割を果たしているってマジですか?

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

2.6

コメディ版イコライザー。車内からの脱出以外は別に。

ファーザー(2020年製作の映画)

3.2

このイモージェンプーツ、リリージェームズそっくりだな.......
自分が老いて永遠にチキンを食わされるように感じたら、発狂すると思う。

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.4

軸となる3人が、あらゆる方向から負の側面に向き合ってるのめちゃ大事やんってなった。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.6

細かい部分まで設定が面白いし、相変わらずタイカワティティの理想的な悪役はやばい。

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

2.3

作品自体はいいが、この作品に大きく影響を受けた物事はイタいと思う。

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

2.3

見終えるのに3日かかった(えげつない脱力系で寝てしまう)

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.2

監督考慮満載の見てて疲れるアクション映画。そして鬼のゲースロ要素で、もうWinter is Comingとか言い出してもおかしくない状況。そしてアル。

>|