yamacoさんの映画レビュー・感想・評価

yamaco

yamaco

映画(630)
ドラマ(53)

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.5

まさに今の時代に対する
可能性と驚異

伝えたいテーマは
わかりやすいはずなのに

中途半端感がハンパない

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.0

原作を読みながら
頭の中で思い描いていた画とは
少し違った

その世界を
文字だけで想像させることのできる
そんな物語(作品)を
映像化することは
きっととても難しい

だってそういう物語ほど
読んだ
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.0

心に寄り添う存在は
人だけじゃなく
猫かもしれないし
また別の何かかも知れない

その出会いを
奇跡と呼べるかは
自分次第だ

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

4.5

とてもとても素敵な映画だった

もっと沢山の人に観て欲しい

「毎日その日を
初めてのように生きること」

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.0

とても幸せそうに
私を見るの

私に出来ることは2つ
彼を救うか
死なせるか

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

ヒュー・ジャックマンの真骨頂

パワー溢れる歌とダンス
光輝くステージに衣装
ショーの世界に酔いしれる

-----------

そこは空想の世界
何でもなれる

目を開けて夢を見よう

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

気が狂ったり
仲間割れしたり

ありがちなイライラがなくって
個人的には愛すべき人たち

それが映画的にどうなのかはさておき

そんな人たちが
1人でも多く
助かって欲しいなぁという
ささやかな願いを
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.5

花ちゃんは好きなんだけど
とても好きなんだけど

この映画では
花ちゃんに違和感を
感じてしまった

それで言うと
キムタクや市原隼人は
ハマってた
と、思う

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

4.5

恵まれてるから作れるんだ

失敗して気づくことよりも
人からの批判によって
学ぶことの方が多い

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

SFは見ないけど
この世界観は好きなんだよなぁ

恒川光太郎作品も
いつか山崎監督のもとで
映画化して欲しいような
欲しくないような

17歳の肖像(2009年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「助けてください」
「それを待っていたのよ」

昔何かで読んだ
哲学者アイリーン・キャディの
言葉を思い出した

本当の助けを必要としていて、しかも助けてもらう用意のできた人しか、あなたは助けてあげら
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

どのシーンがとか
どのセリフがとかではなしに

なんというか
トータルで良かった

パンク・シンドローム(2012年製作の映画)

2.5

愛は一言で言ったら
クールでかけがえのないものだ


少しばかりの敬意と平等が欲しい
少しばかりの敬意と尊厳が欲しい

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

「あなたたちに偏見は持っていないのよ」

「知ってるわ
そう思い込んでいるのは」

国、社会、学校、家庭
情報、教育

いつの時代だって
きっと同じことが言える

ちょっとドキッとした

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.0

「何もせずに半日過ぎちゃった」

「僕は色々した
ベーグルサンド食べたし
ネットでサングラス3個買った
充実してる」

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.0

微かに笑うその瞬間

はにかんだ無邪気さは
いつのまにか狂気を帯びて
美しさは姿を変えた

失われた儚さが
彼女の全てだったのに

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

自分の若かりし日とは重ならない
共感できるところもない
The 外国のティーンエイジャー
映画にありがち
現実はもっともっと地味

なのにネイディーンを観てると
心がヒリヒリして泣けた

不器用でま
>>続きを読む

>|