やっぱりさんの映画レビュー・感想・評価

やっぱり

やっぱり

洋画を自宅鑑賞が多いです。
感想というよりメモみたいなものを書いてます。
出演者に注目して鑑賞。

映画(276)
ドラマ(0)

ジュピター(2014年製作の映画)

3.0

酷評が多く躊躇してたけど、エディ・レッドメイン目当てで鑑賞。
終始80年代SFアクションのリマスターみたいな感じ。キャラとかデザインがチョットね…
なんだかんだ言ってもトータルでは楽しめました。

>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.5

演者、ロケーション、銃、馬、ソニーが大金を注ぎ込んでる様子が各所に漂う。
西部劇だから間違いなく面白い!うん、面白い!
少し最後の戦は瞬間的に誰が誰だか理解しにくいかな。

額にシワが深く入ったイーサ
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

ホーキング博士の知識は必要の無い程、愛と想いに溢れていた。
周りの思う理想通りには進んでくれないが、当人の理想通りなのかもしれない。ある意味純粋な愛。
エディ・レッドメインの声が好きだから、それが少な
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

いつものシリーズより、哀愁漂っていて少しセンチメンタルな気持ちになるシーンも多く、物凄く好みのバランスのアクション映画。

トムにはいつまでも長生きしてもらって、「老けたな〜」とか「動けてないな〜」と
>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

4.0

愛くるしいヘルボーイ君は強いだけではなく、人間味もあって可愛いんじゃん。

色味がバシッと決まっててビジュアル的にも飽きずに楽しめた。

続編も評判良いから期待。

Blu-ray所有

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

優秀な学生といじめられっ子の逆転なテーマが既にいいよね。
ロックがカッコイイ!ホント男前だし優しさ滲み出てる。

amazonプライム

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

雑な感じも有りつつ、しっかりと丁寧な演出。
違和感、恐怖感、達成感と全体的なバランス良い。あまり怖いと最後まで見てられないし。

もう一回観たら出来事やセリフ、表情が違って見えるんだろうな。

ama
>>続きを読む

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

3.0

正直、時間の無駄かなと思いつつ観てみた。
くだらないと言えばそうだが面白いと思うと悪くはない。
ポール・ダノやサム・ロックウェルまで出演し、かなり豪華な俳優も見所。
このメンツでの普通の西部劇が良かっ
>>続きを読む

デリカテッセン(1991年製作の映画)

4.0

今更ながらジャン=ピエール・ジュネにハマりつつある。
キャラが濃い!アメリもそうだったけど、皆印象深く何かクセがあるけど可愛げもある。
そんな中2人の女優さんが美人で至福。

Blu-ray所有

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.5

先日、何となくマーベル展に参戦しそのままの勢いで鑑賞。
当時はダウニーJr.が主演で大丈夫かと心配なった記憶が、問題児がヒーローなんてと。
初期型の工作する感じがワクワクするんだよ。
やり過ぎない、や
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.5

公開当時に劇場にて鑑賞以来です。
大好きな映画「メッセージ」で使用されているマックス・リヒターの曲は本作が先出しだとの事で久しぶりに鑑賞。

全体的には好きだけど、オチはあまり好きじゃない…ややなんの
>>続きを読む

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.5

前作より好き。
ストーリー、アクション、ルックスも良かった。
心地よいカメラのブレが臨場感出してて切迫してる状況が伝わる。

見せ場なのかもしれないけどカーチェイス長く、少し退屈。好みが違うだけだろう
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.5

ダンシングクイーン恐るべし!

8割以上女性の試写会でビビったけど、ダンシングクイーンの高揚感はで吹き飛んだね。
ゴチャ混ぜ感あるけど、前作より好き。

ミュージカル映画は演者の皆さんの上手さが際立つ
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.0

続編の試写会当たり参戦予定なので初鑑賞。

終始、最高の楽曲達の活躍ですね!これは言うまでもないか。
熟年の方々のエネルギーが爆発でちょっと押されてしまった。
メリル・ストリープのハッスルが他の作品の
>>続きを読む

フェア・ゲーム(2010年製作の映画)

3.5

前半はよくわからんCIAの仕事の話が進行してたが、中盤以降は対組織や家族を守るための行動など良かった。
映画のような実話で、情報流出や印象コントロールなどあり、かなり絶望的な状況だ。
世の中の多くは大
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.0

ヘレナ・ボナム=カーターが好き。
初めて知ったのはメル・ギブソンの「ハムレット」そこから「フランケンシュタイン」「ファイト・クラブ」近年はキワモノおばさんみたいな役柄が多いが、それでも好き。
彼女が家
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

オーシャンズは公開当時に11しか観てなく、全くハマらなくて以降は未鑑賞な人間です。
過去作知ってればもっと楽しめたのになと思うところが数カ所。
ま、それでもコトが動き出してからのスピード、リズムは良く
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.0

現状から逃げ酒に溺れる理由がわかると絶句してしまった。
物凄く複雑な気持ちになる。立場が変わると環境や未来がこんなにも変わって見えるんだな。

重い内容だけど、曲、詩が良く音楽映画としても逸品ですな。
>>続きを読む

ダブリン上等!(2003年製作の映画)

3.0

「BOY A」のジョン・クローリー監督のデビュー作って事で鑑賞(半分はキリアン目当て)
ガイ・リッチー×伊坂幸太郎なストーリー。みんなバラバラからの最後は集約。
みんなガンガン黒ビール。さすがアイリッ
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.0

手首ブシャーだ腕ポキッだ腹パカーでワンコも参戦するしで、想像より痛い描写が多くて…チョット参る。

バンドメンバーとの友情とスキンヘッズとのバトルで奮闘するアントン!映画の中で躍動を続けてくれ!

>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.5

これは思ったより楽しい!
派手さは少ないけど、あっちの問題やこっちの事情など絡んでいい。
そしてイドリス・エルバがキマっててカッコいい。
移民問題まで勃発しちゃってさ。

余談
今夜のW杯準決勝フラン
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.5

この映画にマット・デイモンが主演するってなった時、「あ〜、彼もこういうアクションやっちゃうんだ」微妙に寂しさを感じたあの頃…
そんなこんなで初のボーンシリーズ突入!
ヤツの身体が勝手に反応する格闘がキ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

5.0

念願のBlu-rayリリースで購入。初鑑賞は95年レンタルビデオにて、後にLDで何度も観て大好きで大切な映画。

当時まだ高校生だった頃、ギルバートを囲む状況に物凄く共感し、恥ずかしながらJ・デップに
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

新海誠展に備えて第2弾

メガヒット作だけど予備知識ほぼゼロでの鑑賞の為、最初少し置いていかれたが中盤以降の加速力は見事。

賞賛されたり批判されたり色々な話が耳に入るけど楽しめた。

あの有名な曲は
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

新海誠展のチケットが当選したから興味はないけどお勉強。

新宿御苑のロケーションが素晴らしく、新緑の季節に木々達が陽と雨から得るエネルギーね、これが気持ち良い。

ストーリーは思ったよりベタだけど、個
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.0

この映画には長年色々な偏見があったけども、知人の強烈なプッシュで仕方なく鑑賞。

登場人物の癖が強いが可愛げある人が多く、小さいながらも皆幸せそう。

映像的な色味や構図、遊び心がいい!
何度観てもい
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.5

母親は、子供への愛を感じとれる好演だった。問題多い中、苦悩し努力する姿が逞しい。

クソ野郎共がやたらと幅を利かせるな!なんだこいつら!

ドラマ、コールドケースの様な内容。

amazonプライム

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

前作とはアクションの毛色からして違い、ガツっと系だな。監督がデビッド・リーチに変更だから納得の仕上がり。

終盤がググググゥーっとアガる。
さらにデップーがまさかエモいとはね。

ま、前作の方が好み。
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

ずっと気になってた作品のひとつ

個人的には破天荒タイプの女性は苦手。

他のキャラクターのストーリーの方が気になる…
マーク・ラファロはかなり印象の違う感じだった。

amazonプライム

デッドプール(2016年製作の映画)

4.5

2鑑賞予定なので復習。
今回は吹き替えで鑑賞したからギャグがすんなり入る。

アクションシーンにキレがあり、この緩急が続編も続けばいいな。

生真面目コロッサスがいい。

Blu-ray所有

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.0

想像とかなり違ったストーリーだった
ターザンという素材をこんなテイストにするハリウッドの柔軟さは驚く。

大自然が人工的な感じがして、その中にいるって感覚はなく、残念。

友人レンタル

クライム・ヒート(2014年製作の映画)

3.5

優しいトム・ハーディが、不慣れだけど犬の世話を頑張ってる。
トム・ハーディ好きには、ワンコと戯れる彼が観れるのでオススメ。

地味な展開で退屈に感じる人もいるかもしれないが、この感じは好き。

邦題か
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.0

パパが娘を思う気持ちより、娘がパパを信じる気持ちがビシッと感じる。信頼されてて羨ましいな…

極限状態でも娘の胸の豊満さの為か、全体的にゆるーく鑑賞出来る。

友人レンタル

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

想像通りの間違いない作品だった。
飛行機着水後に乗客の安否を気にする姿が印象的。

サリーの寄った店のバーテンが「トゥルー・ロマンス」の主人公の親友役の俳優さんでした。

レンタル

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.5

ずーと車中でトムハの顔のみの86分。

主人公は過ちに向き合う誠実な男かもしれないけど、責任を取るという信念に真っ直ぐな男だけど自分勝手にも見える。

この映画を観て浮気はしない方が色々と安心と教わり
>>続きを読む

ラスト・オブ・モヒカン(1992年製作の映画)

4.5

マイケル・マン監督作では初めて観た作品でした。
まず、音楽が満点!
いい仕事してる。こんなにも雄大でドラマチックな音楽もなかなかない。しかもどの曲も素晴らしい。

どのキャラクターも男らしく情熱的でカ
>>続きを読む

>|