よーこさんの映画レビュー・感想・評価

よーこ

よーこ

映画(301)
ドラマ(1)

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

お客さんまばらだったのにみんなで大爆笑して楽しかった。あんなに笑ったの久しぶり。オークワフィーナ最高。
あまりピンときてなかったんだけど、中国系シンガポール(アジア)人(のセレブ)と中国系アメリカ人(
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

-

見終わってから町山智浩さんの映画ムダ話も聞いて、ロセッティの絵を検索してみると確かに眼の周りとかアゴとかチャステインそっくり!
ゴシックホラーなんだけど画面がキレイすぎてちょっと入り込めなかったかな。
>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

-

アマプラで観た。

不思議な映画。不思議だし暗いんだけど、目が離せない。
人形だと却って生々しく感じたり。

イコライザー(2014年製作の映画)

-

デンゼル・ワシントンを渋カッコ良く撮ることに定評のあるフークア監督。
マグ7と比べるとテンポが良くない気がする。

ダイナーのやりとり観てたら「あっコレなんか観たことある…」って思ったんだけど、「バー
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

-

謎のデヴィッド・ボウイ推し。
うーん、クロエグレースモレッツとアンセルエルゴート起用してコレか…って感じだった。アンセルエルゴートが色々やらかすのが観てるの辛い感じ。

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

-

映画館で予告観て「あっコレ観たいな〜」って思ってたけど見れなかったやつ、ネッフリで観れた。
ありがちっちゃありがちな話なんだけど、話はちょっと意外な方向に行って、またありがちな感じに終わる、かな。
>>続きを読む

おとぎ話を忘れたくて(2018年製作の映画)

-

アフリカンアメリカンの人々がどのように過ごしているか、美容とはなんのためのどういうものか、「完璧」でいるとは、女性にとっての幸せとは……
色々なメッセージが込められていた。ドラマとして良かった。

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

-

建物&広告とか乗り物とかがブレードランナー2049みたいだなーって思ってたらペガサスの折り紙がフィーチャーされてたので、多分オマージュ。
ストーリー展開とかはよくある感じで、しかも色々要素詰め込みすぎ
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

-

チャニング・テイタムはパッとみると筋肉とか身体に目が行くけど、実は内省的な部分の表現が上手くてそーゆー多面的な役が似合うんだ。キングスマンでもそうだったし、踊ってたし。クリヘムとかロック様もそうだけど>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

-

「世界に一つのプレイブック」(躁鬱病)も「二つ星の料理人」(強迫神経症?)も、“突然ブチ切れるブラッドリー・クーパー”の話ですが、今回はPTSDです。
クリント・イーストウッド、構成が上手い。これがあ
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

いやいや危なすぎじゃない!?と思って観てたんですが、まぁ映画だしね。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

なんで大ヒットしたのかよくわからないのだけど、「1人では観に行けないから」みたいな意見もあってなるほど、と思った。
大人たちがみんな酷い。テレビもおかしくて、みんな洗脳されてる町。そこでそれぞれの「恐
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

マイケル・ペーニャのマシンガントーク最高。
テンポ良く進んでいって楽しかった。
虫が苦手な人にはオススメできません。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

-

アマプラで観た。
はじめの方のシーンの、ドキュメンタリー感?から引き込まれて最後までずっと観てしまった。
中盤の試合が始まりから終わりまでワンカットなのあれどうなってんの。すごい。
クライマックスの試
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

最高だった。
ケイト様が最高なのは知ってたけど、サンドラ・ブロックが魅力的すぎた。
リチャード・アーミティッジについての回想シーンで流れるバッハのフーガ…!
アン・ハサウェイについては(女優役でキャラ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

前半の家事に追い詰められるカットとか、マーロが物理的にいろんなもの搾り取られてる感じとかが凄いインパクトでもはやホラーだった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

もう1ヶ月以上前に見たのか……
面白いです!!!ゾンビ映画最高!!!!

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

想像していたより不思議な構造の映画でした。
「恐怖」の演出の仕方が面白かった。
ラストについては「猿の惑星」を挙げている方がちらほらいますが、私もそう思いました。次作作れるの??いや、このままでは終わ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督。
なにこれエモすぎるやろーーー!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

鑑賞後、町山さんの「映画無駄話」も聞いた。
紛れもなくスターウォーズサーガの一部なんだけど、それにしてはスケールが小さいような?西部劇もフィルムノワールもあまりちゃんと履修してないので難しかったです。
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

-

3は絶対映画館で3Dで観る!!!

1よりカラフルな世界が出てきましたね。3はサイケデリックになっちゃうのかな。新しい表現を目指すと結局同じ感じになりがちだよね…
ていうかジブリの影響強すぎでは……
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

-

Netflixにあったので観た。
公開時に北欧帰りの飛行機の中で観たきりだったけど、相変わらず最高に面白い。

アメリカのステレオタイプな男性像/父親像との葛藤。
圧倒的な、巨悪との闘い。
動物との交
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

そういえば、マーク・ハミルは声優としてのキャリアが長いんだった。
DCコミックスのジョーカーなど。

壮大な2次創作物とも言えるこの作品。「人生はシネマティック!」をちょっと思い出した。
みんな優しく
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

-

ウェスウェスしてた(語彙)
日本が舞台で、結構ちゃんと日本なのになんであんなにウェスっぽいのか???
「俳句をウェス・アンダーソンが映像で表現」したものが観れるとは…で、なんでああなる???

でも、
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

面白かった。
変な緊張感がかえって笑えたり、恋愛に纏わる身に覚えのある行動・感情が刺さるなど。
「レベッカ」見直そうかな。

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

ブラピなどのスタントダブルをしていたというデヴィッド・リーチ監督のアクションシーンがとても好きです。ドミノが良かった〜ピタゴラっぽいところも。

今回も下ネタはあんまり乗れなかったけど、差別や虐待と戦
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

ティモシー・シャラメの役、「うわぁ、最低……」って思ったけどなんせ顔面がティモシー・シャラメなので……

それぞれの喋り方が絶妙なダサさだったり、登場人物に多くは語らせずに演出で色々と説明してたり、グ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

-

9日間で撮り直したとは…!クリストファー・プラマー素晴らしかった。
大富豪のあまりのケチぶりに失笑しっぱなし。Getty imagesのゲティってほんとに?
とはいえずっと誘拐されてるのでけっこう辛か
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

-

ドーナル・グリーソンにはこれくらい振り切れたコメディに定期的に出て欲しいです。最後のジェダイも結構振り切れてたけど。あのハロッズのテディベアに対するDV男っぷり、爆笑した。もっとみたい。
とにかく声優
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

-

ヘイリーは色々問題あるけど、ムーニーとの関係性はとても良い。(ムーニーにとっては)とても良いお母さんって感じ。ジャンシーのお誕生日祝うところとかグロリアと仲良くなってたりするところとかも良い感じなのに>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

-

あの、頭空っぽにして見れるので…
それだけなので……

シカゴの街が映った時は、「あのGAPの近くのホテルに泊まった!!!」など楽しめました。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

-

スケートシーンのCG凄かった…
空薬莢とかマウスピースの飛ばし方もあれCG?
構成も凝ってて面白い。「The Chain」(GotG2でもお馴染み)も効果的。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

-

君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼ぶよ。
自己肯定をするということ。
自分を愛して、相手を愛するということ。

ラストのマイケル・スタールバーグのセリフのところ、厳しい事を言われているような、セラ
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

-

ジェシカ・チャステイン=頭良くて男性を叩きのめす女性みたいなイメージですよね。かっこ良い。
「女神の見えざる手」と同様、法廷シーンと回想を行ったり来たりしながら物語が進みます。冒頭早口シーケンスのラス
>>続きを読む

>|