よーこさんの映画レビュー・感想・評価

よーこ

よーこ

映画(315)
ドラマ(1)

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

-

インド映画の畳み掛けるような編集とスローモーションの使い方、エンタメとして確立されている。たまに観ると「好き!!!」って思う。思えば「バッド・ジーニアス」もこの系統だったな…
主人公がほんと凄いし、こ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

-

チャイコフスキー三大バレエの一つ、くるみ割り人形を映画化。ディズニーのファンタジアが下敷き…?

・ストーリーは微妙なんだけど、凝りに凝った美術とマッケンジー・フォイ見てるだけで全然ペイ
・あの兵隊さ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

ファンタビで泣いて、これ観て泣いて、すごく泣いた1日。
曲のメッセージが凄かった。
フレディとメアリーの関係性は、やっぱり2人ともめちゃくちゃ辛かったと思うんだよね………家族との関係もまた、よくあるこ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

泣きまくった。
このシリーズのダークファンタジー感、いっぱい出てくる魔法生物達が大好きなんだけど…ダークすぎるよ……どの関係性も辛いやつやん……
「パリが舞台で華やかな感じなのかな〜」とか思ってた私が
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

-

めっちゃタイアップ入ってるなぁ………
ズーイー・デシャネルも相当だけど、ブラッドリー・クーパー演じる友人が相当magical friendすぎて……今だとさすがにこーゆーキャラはなかなか出てこないんじ
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

-

マカオのシーンとか「クレイジーリッチアジアンズ」思い出すわーとか思ってたら監督一緒やった🤣
催眠術とか細かい所は薄目で見つつ大規模なイリュージョンにテンション上げながら観るシリーズです。

華氏 119(2018年製作の映画)

-

映画として、めっちゃ面白かった。
ていうか知らないことが多すぎた…
・トランプの出馬宣言は(グウェン・ステファニーよりも低かった)自分のテレビ出演のギャラを上げるためのフェイク、話題作りとして行われた
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

大切な思い出のことを思ってても口に出せないままでいると、取り返しのつかないことになるっていう話でした。
画面、ずっと固定なのかと思ってたけどスムーズに拡大/縮小してました(当たり前か)。端末も切り替わ
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

-

あんな、お互いの悪口が流れる中で「やり直そう」ってなれるかなー……私は無理だ…けど、「別れずにやり直せてたらな」っていうパラレルワールド的な展開を考えたり、「あの時の気持ちを思い出せてたら」みたいに思>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

-

擬似家族もの。
ポスターとか予告みて「あっこれはケイト様が黒幕なのでは??」って思ってたんですけど、カイル・マクラクランがちゃんと悪役キャスティングされてたのねー。そんな展開ではなかった。むしろ、ケイ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

-

このシリーズでアナケンがサウンドを作る(他に言いようがあるんだろうけどわからん笑)ところが好きで…ベイビー・ドライバーのあーゆーシーンも大好きなんだけど「ハッ…エドガー・ライト監督…(アナケンの元彼)>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

-

最近もTwitterで「電車で赤ちゃんの泣き声が〜」みたいな話題が色々出ていますが。まぁそれでも子どもを産むんじゃん。黙らせたりはできないけど出来る限りのことをするんじゃん。それでもあのモンスター/ク>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

-

何が起こるかわかって見てるので前半とても辛い。「1番痛いところ」を突く為に子供達を狙う犯人。その犯人の親の描写が、ちょっとだけなんだけどもうめちゃくちゃに辛い。人の親になるの怖すぎないか。

全編ノル
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

-

ストーリー展開はスローな感じなのに、ちょっとしたセリフがキーワードというか、聞き逃せない感じで難しかった。もう一回見たら発見がいっぱいありそう。
兄の存在感の無さ………

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

お客さんまばらだったのにみんなで大爆笑して楽しかった。あんなに笑ったの久しぶり。オークワフィーナ最高。
あまりピンときてなかったんだけど、中国系シンガポール(アジア)人(のセレブ)と中国系アメリカ人(
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

-

見終わってから町山智浩さんの映画ムダ話も聞いて、ロセッティの絵を検索してみると確かに眼の周りとかアゴとかチャステインそっくり!
ゴシックホラーなんだけど画面がキレイすぎてちょっと入り込めなかったかな。
>>続きを読む

アノマリサ(2015年製作の映画)

-

アマプラで観た。

不思議な映画。不思議だし暗いんだけど、目が離せない。
人形だと却って生々しく感じたり。

イコライザー(2014年製作の映画)

-

デンゼル・ワシントンを渋カッコ良く撮ることに定評のあるフークア監督。
マグ7と比べるとテンポが良くない気がする。

ダイナーのやりとり観てたら「あっコレなんか観たことある…」って思ったんだけど、「バー
>>続きを読む

クリミナル・タウン(2017年製作の映画)

-

謎のデヴィッド・ボウイ推し。
うーん、クロエグレースモレッツとアンセルエルゴート起用してコレか…って感じだった。アンセルエルゴートが色々やらかすのが観てるの辛い感じ。

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

-

映画館で予告観て「あっコレ観たいな〜」って思ってたけど見れなかったやつ、ネッフリで観れた。
ありがちっちゃありがちな話なんだけど、話はちょっと意外な方向に行って、またありがちな感じに終わる、かな。
>>続きを読む

おとぎ話を忘れたくて(2018年製作の映画)

-

アフリカンアメリカンの人々がどのように過ごしているか、美容とはなんのためのどういうものか、「完璧」でいるとは、女性にとっての幸せとは……
色々なメッセージが込められていた。ドラマとして良かった。

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

-

建物&広告とか乗り物とかがブレードランナー2049みたいだなーって思ってたらペガサスの折り紙がフィーチャーされてたので、多分オマージュ。
ストーリー展開とかはよくある感じで、しかも色々要素詰め込みすぎ
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

-

チャニング・テイタムはパッとみると筋肉とか身体に目が行くけど、実は内省的な部分の表現が上手くてそーゆー多面的な役が似合うんだ。キングスマンでもそうだったし、踊ってたし。クリヘムとかロック様もそうだけど>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

-

「世界に一つのプレイブック」(躁鬱病)も「二つ星の料理人」(強迫神経症?)も、“突然ブチ切れるブラッドリー・クーパー”の話ですが、今回はPTSDです。
クリント・イーストウッド、構成が上手い。これがあ
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

いやいや危なすぎじゃない!?と思って観てたんですが、まぁ映画だしね。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

なんで大ヒットしたのかよくわからないのだけど、「1人では観に行けないから」みたいな意見もあってなるほど、と思った。
大人たちがみんな酷い。テレビもおかしくて、みんな洗脳されてる町。そこでそれぞれの「恐
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

-

マイケル・ペーニャのマシンガントーク最高。
テンポ良く進んでいって楽しかった。
虫が苦手な人にはオススメできません。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

-

アマプラで観た。
はじめの方のシーンの、ドキュメンタリー感?から引き込まれて最後までずっと観てしまった。
中盤の試合が始まりから終わりまでワンカットなのあれどうなってんの。すごい。
クライマックスの試
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

最高だった。
ケイト様が最高なのは知ってたけど、サンドラ・ブロックが魅力的すぎた。
リチャード・アーミティッジについての回想シーンで流れるバッハのフーガ…!
アン・ハサウェイについては(女優役でキャラ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

-

前半の家事に追い詰められるカットとか、マーロが物理的にいろんなもの搾り取られてる感じとかが凄いインパクトでもはやホラーだった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

もう1ヶ月以上前に見たのか……
面白いです!!!ゾンビ映画最高!!!!

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

-

想像していたより不思議な構造の映画でした。
「恐怖」の演出の仕方が面白かった。
ラストについては「猿の惑星」を挙げている方がちらほらいますが、私もそう思いました。次作作れるの??いや、このままでは終わ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督。
なにこれエモすぎるやろーーー!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

鑑賞後、町山さんの「映画無駄話」も聞いた。
紛れもなくスターウォーズサーガの一部なんだけど、それにしてはスケールが小さいような?西部劇もフィルムノワールもあまりちゃんと履修してないので難しかったです。
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

-

3は絶対映画館で3Dで観る!!!

1よりカラフルな世界が出てきましたね。3はサイケデリックになっちゃうのかな。新しい表現を目指すと結局同じ感じになりがちだよね…
ていうかジブリの影響強すぎでは……
>>続きを読む

>|