マナさんの映画レビュー・感想・評価

マナ

マナ

コメディーサイコでサイケサスペンスなラブストーリーをご一緒に
アクションは焦ります

去年は115作品鑑賞!目標達成しました。

2017/01/04〜
44作品目【猿の惑星 ライジング】

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.7

この手のものは基本好んで観ないのでレンタルショップもどこの棚にあるのかすらわからなかったくらい…ですが猿の惑星シリーズだけは映画館か地上波で必ず観てます。

こちらは映画館で一度観て、DVDで2度目の
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

2.5

地上波初登場のタイミングでコタツに潜って観るくらいがちょうどいい

ファウンド(2012年製作の映画)

3.0

兄貴の癖が強すぎる笑
兄貴の性癖を真正面からボッコボコ投げつけてきて最後までブレず見応えのある作品でした。兄貴がガスマスクを被ったぞ、気をつけろ!

11歳の少年マーティは家族の秘密が大好き。
お母さ
>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

5.0

「ちょっと何言ってるかわかんないっす」

なんということ…!貴重な年間ぶっちぎり作品来ました。
ここ数年で観たどんなラブストーリーよりもキュンとしました。クズと主婦による謎の初々しさ炸裂!

池松くん
>>続きを読む

スリーピング タイト 白肌の美女の異常な夜(2011年製作の映画)

3.0

主人公感情のぶつけ方が変態すぎるし
もはや高ぶりすぎてただの変態だった

すんげーオチだな
なんて日だ!!

HAZARD ハザード(2002年製作の映画)

2.7

どれだけの人がアイスワゴン向きが違うよ事件に気づいたか知りたい(一番下に書いてます)

ずっとラッパーみたいな人がヘイメーン!って言いながら悪いことしてる笑
ヘイヨー!ヘイヨー!理解する間もなく話がす
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

5.0

きたーー!!!!今のところ年間ぶっちぎりの一位。お、おもしろすぎるだろ!!

友だちのパパが好き、そう、まさにそのままです!!友だちのパパが好きでこんなにも見事に破壊できるなんて。変態!!

岸井ゆき
>>続きを読む

ケンタとジュンとカヨちゃんの国(2009年製作の映画)

3.5

安藤サクラが凄すぎる。ブスで頭悪いのはわかっても画面越しで臭そうなのも伝わってくるって凄いわ。そう、カヨちゃんはブスで頭悪くて臭いのだ。
安藤サクラよかった〜出てないシーンは集中力が切れる。

ひたす
>>続きを読む

(2000年製作の映画)

4.5

観終わったらとりあえず「教え方下手なんと違う」って口にしたくなるおもしろすぎる

家からほとんど出ずとじこもり、友人も恋人もいない、外の世界をほとんど知らない冴えない女、正子。自分とは正反対の妹を衝動
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

“大どんでん返し映画”!

はは〜なるほど〜予想をまたワンステップ越えてらしたわ。(伝わって)
まんまと純粋にハラハラドキドキ騙されてました。もういじめるのやめてあげてってなる。笑

大富豪の主人公が
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

3.1

職場と家の往復、内気で友達も恋人もいない刺激のない毎日。そんな主人公がある日偶然野生のオオカミに出会うことにより、彼女の世界、そして彼女自身が変わっていきます。

完全にオオカミに魅了された彼女は職場
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.9

食事のシーンが印象的な作品でした。頻繁に出てきます。
食事って楽しいものじゃないの?食事が始まると“次は何が起こるんだろう”って構えてしまう。くちゃくちゃと音を立てて、「食事をしたい」というよりまとも
>>続きを読む

ひかりをあててしぼる(2015年製作の映画)

3.3

渋谷で実際に起きたバラバラ殺人事件をモチーフにした作品。

仲の良かった夫婦。気が付けば二人の間には溝ができ、あることをきっかけに壊れてゆく。

まともな人間はまともじゃない扱いされてます。それくらい
>>続きを読む

ブリングリング(2013年製作の映画)

3.0

これだけ題材が魅力的で、誰もが知ってる女優まで出てるのになぜこんなにも評価が低いのか。観ればわかるよ!(語彙力)

実際にあった事件を映画化。
美人すぎるパリピ達がセレブ宅に空き巣♪ショッピング感覚で
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.1

ブルー。真っ赤な口紅。オープニングから既に魅力的。

軽い気持ちで事件の謎を解こうとしたら取り返しのつかないことに。どんどんサスペンス要素が深くなっていくので常に先が気になる。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

一番好きなナイスキャラは勝間田さん。言ってること一番かっこいい。
そして存在感があったのは満島真之介演じる森くん。
松田翔太は普段もこんな人なのかってくらいハマりすぎてて(うますぎて?)代島くんが本当
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.5

観る直前にオチを知ってしまって絶望。笑

地上波で観たのにオチをすっかり忘れていた!にも関わらず!結局絶望!

こどもつかい(2017年製作の映画)

3.0

絶対怖くないわって態度で観に行ったら見事に初っ端びびらされた(笑)最初だけであとは音でビビらせてくるぞ!気をつけろ!

思ってたよりおもしろかった!しっかりしたストーリーだったし、飽きることなく観れた
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

基本的に戦争映画は観ない。でもこの作品はずっと気になっていました。
戦争の話にはあまり触れず、戦時中を生きる人たちの小さくも温かい幸せを描いた作品とばかり思っていました。
確かによく目にする戦争映画と
>>続きを読む

ピーチガール(2017年製作の映画)

2.2

登場人物大体みんな情緒不安定

とーじ、突然のサイコパス
カイリ、波打ち際で消える
モモ、泣いててもLINEは見る
モモ母、娘に対する助言がハイレベル
サエ、仕込みのプロ
カイリ兄、やばい
カイリ兄カ
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

4.5

乱行パーティー映画なだけではない!池松くんと麦ちゃんが出てるって理由だけで借りました。二人が乱行パーティーしてるのかな程度で。
簡単に言えばそうですけど、それだけではなかった。感情描写がかなりおもしろ
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

4.0

元ヤクザ、“鬼の龍三”!息子夫婦には鬱陶しがられ、今じゃこの世は義理も人情もねえ!とか言ってたらオレオレ詐欺に騙され!
「若いもんに任せちゃおけねえ!!」ってジジイ達が立ち上がる。

ジジイかわいすぎ
>>続きを読む

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う(2010年製作の映画)

2.0

冒頭でのお風呂場のシーンが最高で、こういうの中心かと勘違いしてテンション上がってしまった…全然違った…
大竹しのぶの役も結構好みな感じだったから楽しみにしてたけど

映像というか演出というかなんか安っ
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

1.5

話がドカスカ進んでベルの野獣に対する発言の酷さにびっくりしてたら両想いになってた。なんで。笑
全然恐怖心持ってなくて好奇心の塊だったね!もっとベルって上品なものだと思っていた!じゃじゃ馬やな!

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.5

赤が印象的な作品でした。
子育て中(特に男の子)のお母さん達には結構キツそうな作品。子育て未経験のわたしには感情移入することもなくただただ少年の態度や発言に「うっ…」とやられるばかり。未経験な人間から
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.8

これは噂通り、好き嫌いがはっきりする作品でした。

ある惑星にはドラーグ族(ジャケットに描かれる青い生物)という私たちからしたら謎の巨大な生物が生息していた。彼らはオム族(人間)を虫ケラのように扱って
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

4.0

衝撃的だった「籠の中の乙女」の監督、ヨルゴス・ランティモスの作品です。
彼の作品だとはすっかり忘れて手に取りました。相変わらずの奇妙すぎる世界観っぷりに途中で「この独特な感じ!もしや!」と気づきました
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

あの家の家主、盲目らしいぞ!楽勝じゃん!強盗しようぜ!って感じで若者3人で強盗に行ったら盲目の家主がスーパージジイだったって話です。

楽勝案件の予定がジジイにより真っ暗闇にされ、この盲目スーパージジ
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.5

2ヶ月越しのレビュー。笑

ティムバートンだしおもしろいだろ。みたいな感じで行きました。笑

ティムバートンのこと、わたしの好きな世界を生み出してくれる彼は天才だ!と思ってたんですけど、こんなことばっ
>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.0

なんで!どうして!なんでなの!!!と思わずソファーばんばん叩きました。

白血病で余命わずかな少女、アリシア。
父、ルイスは失業中。お酒やタバコ、アリシアがしたがることをさせてやるルイス。

アリシア
>>続きを読む

20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008年製作の映画)

3.1

第1章鑑賞後、待ちに待った第2章。待ちに待ったくせに今更やっと観たという。笑

内容はカンナの物語みたいな感じかなぁ。第1章でケンヂその他の仲間たちが戦った後のともだちに支配された世界の話。

続きも
>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

4.0

エヴァ・イオネスコ監督の実体験を自ら映画化された作品です。

母である写真家のアンナ(イリナ・イオネスコ)の被写体を幼い頃からしていたヴィオレッタ(エヴァ)。
母親からヌードモデルを要求され、最初は嫌
>>続きを読む

20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり(2008年製作の映画)

4.0

映画館で観て、大興奮したの覚えてるなぁ。原作は読んだことないんですけど、原作のキャラとキャストがそっくりで、ナイスキャスティング!と思ったのを覚えています。
主人公ケンヂが小さい頃に描いた“よげんの書
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

監禁〜脱出までのスリル系のストーリーとばかり思っていました。まさか脱出してからの話がほとんどだったとは…

監禁された人間、家族、メディアで事件を知った他人。
感じること、考えること、ほとんどの人達は
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

2.8

天才ハッカーの生い立ち、現在まで。

ハッカー集団クレイとしての活動を見せつつ、他ハッカー達とのやり取りや衝突も出てきます。
ハッカー同士がぶつかるシーンをあんな感じで挟んでくるとは。最初よくわからな
>>続きを読む

ほしのこえ(2002年製作の映画)

3.1

宇宙と地球の遠距離恋愛。
遠く離れた二人。最初の頃はメールが届くのに数日、数ヶ月、そしてついに8年の月日がかかる距離まで離れた二人。

久しぶりに切ない時間に触れた。

>|