marusanさんの映画レビュー・感想・評価

marusan

marusan

映画(406)
ドラマ(0)

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

エマ・ストーン、しっかり体作って華奢な体をアスリートに変身させています。演技の面でもテニス界での女性の地位向上に戦う姿と夫と彼女の間で揺れる心をしっかり見せてくれています。
キング夫人の事は知っていた
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

安定の面白さ!アクション満載だけでなく今作はジュリアとの切ない再会という展開もあり、シリーズ中で一番好きな作品になりました。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.3

ラブレスでは両親ともに生活力があるのにどちらからも愛されない子供が失踪しました。
この作品では生活力のないシングルマザーに愛されてはいるけど自堕落なその日暮らしの家庭の娘が描かれています。
母娘が一緒
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

妹や弟が産まれて親の愛情を独占できなくなった上の子 の話は昔からよくありことさら目新しい題材じゃない。
それを細田監督がどう料理するか見せてもらったけど、残念ながら響いてきませんでした。エピソードが多
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

鋼の錬金術士、ジョジョ、亜人、東京喰種、などなど、残念な実写化作品に新たな作品が加わった!
真野恵里菜さんが出ていなければもっと低評価。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

悲惨な事件を題材にしているのに重苦しいだけの映画になっていないので救われます。
国民のために戦わなくてはならない、軍や警察が民衆に銃を向ける。
権力に都合の良いように報道もねじ曲げる。
戦前の日本でも
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.0

お互いにパートナーのことしか考えていない両親に絶望した子供の失踪。
それでも子供への愛は見えてこない。
救いが無さすぎる。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.8

母親が空港で戻ってくるところ、娘が母親の書きかけの手紙を目にするところグッときます。
シアーシャ・ローナン今作も素敵です。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

炎の王国ってサブタイトルなのに炎の王国は前半で終了しているじゃないかー!
桟橋に取り残されて炎と煙に包まれていくブラキオサウルスの姿が印象的でした。
後半になるとストーリーがかなり飛躍してラストに至っ
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.5

人生の後半に今までの人生を振り返ってこれで良かったのかと自問自答する。
新しい人生観に沿って生き方を変える勇気に打たれます。
ウディ・アレン監督作品のミューズの頃からファッショナブルで素敵だったダイア
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

オリジナル同様、本当は重く苦しいテーマなのに、笑いの要素もたっぷりあって(この監督、キャストなら当然なんですけどね)楽しく観られます。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

子供の火遊びも大人の火遊びもやめられないんだねー。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

まあまあ、面白かったけど、スター・ウォーズ シリーズになるとハードル上がってるからなー⁉
次回作がありそうな終わり方だったけどどうなんだろう?

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

実話を元にした映画で市レベルで結成された初の森林火災ホットショット隊の結成から19名の消防隊員が亡くなってしまう森林火災までが描かれています。優秀なチームでもほんの少しの判断の遅れ、判断ミスで火災の猛>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.3

ストーリー、世界観には馴染めませんでしたが、キャストのぶっ飛んだ演技には楽しませてもらいました。ただその中で北川景子さんだけはダンス以外物足りなかったかな?

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

4.0

焼肉ドラゴンというコメディっぽいタイトルから受ける印象とは全然違う内容の映画でした。
「こんな日は明日が信じられる。昨日がどんなでも。」という台詞に厳しい現実にも立ち向かって行く勇気、虐げられても抗う
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.8

自分の新入職員時代を思い出させてくれて、なぜだか懐かしい想いで観賞しました。

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

今作もやってくれてます、無責任ヒーロー!
ドミノ!いいぞー!
ユキオも可愛かった‼

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.8

巨大企業の不正に抗う人々を描いた重いテーマの作品。やはり2時間程度の尺では短いかな?
重いテーマのシーンの中で深田恭子ちゃんのシーンに癒されます。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.8

ラリーを題材にしていて走りのシーンも迫力あるんだけど、ラリー自体がそれぞれ間隔を開けて走っているので、他のレースと違って車どうしのデッドヒートのシーンが無いのであまり映画向きじゃないかな?
それでも兄
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

ワンダー 君は太陽を観て次に観た作品なのでハードル上がってたはず、それでも、やっぱり良かった‼
一見、金だけでつながっていたように見えていた家族だけど最終的に家族って、つながりって、絆って何なんだろう
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

良かった‼
オギーもヴィアもジャックもサマーもミランダもみんな大好きです‼

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

あきらが走って来て脚を伸ばして横っ飛びに止まるシーン、マトリックス・リローデッドのオープニングやー!

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.5

キャストを見て期待していたのだけど、ちょっと残念!
何を伝えたいのかピンときませんでした。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

この母娘強烈!!
だけど他にも出てくる連中がみんな変。
しかも実話だっていうからビックリ‼
運動能力だけじゃない芸術性っていう評価(基準のよくわからない主観的な物?)も含まれるスポーツには以前から若干
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.2

オール広島ロケだけあって見覚えのある場所がそこここに登場しているのでテンションあがりっぱなしです!
アウトレイジシリーズよりこっちのほうが響きました。
続編も期待してます‼

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.5

クライマックスの映像のチープさが残念!
人物がみんなぼやけている様に感じたのは自分だけなのかな?

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.3

しまった。失敗した!
アベンジャーズを観賞して次の観賞作品がこの作品だったのでソーにしか見えないよー(泣)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

オープニングからラストまで見せ場の連続でテンションあがりっぱなしです。
いろんなヒーローもうまい具合にストーリーに入り込んでくるので無理矢理感が少しは押さえられています。
けど、このラストには違和感と
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

アキラのバイクもっとはっきり見たかった!
レースの場面、速すぎて目がついて行けません。
5人の仲間たちと敵対する企業のプレイヤー以外のゲームプレイヤーもストーリーに絡んでくれば話に厚みが出たのに!
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーの中のエピソードが全て中途半端なままエンディングを迎えてるよー‼

いぬやしき(2018年製作の映画)

4.0

主演が憲武だったので期待してなかったけど面白かった‼
イケメンが悪役でオヤジがヒーローって設定にやられました。
鳩の扱い方や家族との関わり方を対比して二人の違いを見せていきます。
アクションも結構頑張
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.0

巨大ロボットアクションはもう前作やトランスフォーマーシリーズで見慣れているのでねー・・・
もっとストーリーやキャストが魅力的だったら良かったんだけど真剣佑君もインパクトなかったしな。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.0

実話を夫婦で映画化しています。
主演、脚本に本人たちが関わっているのでラストに本人たちの映像もあります。
二人の想いの変化が泣けました。
ラストシーンが出会いを思い出させて温かいラストになっています。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

報道は国民のためであって統治者のためではない!
グッと来ました。
そこからのラストシーンいいね!

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

オリジナル版はこちら側に猛獣が進出してきたと思うんだけど、今作は主人公達がジャングルに飛び込んじゃいます。
しかも、ゲームキャラにそれぞれ変身して!
オタク系男子とがり勉系女子がアクション担当になるな
>>続きを読む

>|