marusanさんの映画レビュー・感想・評価

marusan

marusan

映画(435)
ドラマ(0)

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

2.5

分かりにくい!
女の子二人が可愛かったので何とか最後まで持ったけど・・・

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.0

吉岡里帆も阿部サダヲも好きな俳優なんだけど全然楽しめませんでした。
ハイテンション・ロック・ムービーを期待して見に行ったんだけどずっとスベりっぱなしでした。
ユーチューブの主題歌のMVだけで充分かな?

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.8

タリー、ウェイトレスの制服で寝室に入って何するんだー!ってこういう事だったのか!
シャーリーズ・セロン さんアトミック・ブロンドでスリムな体でキレキレのアクションを見せてくれたかと思えばこの作品ではモ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ゲーリー・オールドマン本当にチャーチルにしか見えません。
ヒトラーから英国を救ったヒーローとして描くだけでなく、飲んだくれで女房に甘えたり、尻を叩かれながら徹底抗戦か和平交渉か国の将来に関わる決断を下
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.5

ミステリアスな展開に鏡に写る姿を多用した演出が印象的でした。
どこまでが現実でどこまでが非現実なんだ!

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

月日はわりと早く流れ、取り立てドラマチックな出来事は画面の中には出てきません。
恋人と別れたり新しい出合いがあってもさくっと進んでいき、お茶室の中のエピソードが多くを占めています。
やはりお茶を題材に
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

良かった‼
題材もキャストも全然派手さの無い作品でしたが、いろいろ考えさせられる良品でした。
しのちゃん役の南沙良ちゃんの演技が光ります。

純平、考え直せ(2018年製作の映画)

2.5

脚本のせいか純平のキャラクターに共感できずスコアが低くなりました。
あの純平のどこにカナが惹かれるのかわかりません。
柳ゆり菜ちゃんの体を張った熱演だけが救いです。

散り椿(2018年製作の映画)

3.3

粗製乱造気味の青春恋愛ものに比べて稀少価値の本格的時代劇。
有名カメラマンの監督作品ということで時代劇にあった落ちついた映像が続きます。
キャストも実力者揃いで演技も殺陣も良かった‼
けど、この作品に
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.8

豪華な女優陣の食事する場面が多い映画です。
話の内容には???って所もありますがみなさんお美しいのでO.K.です。
子役の女の子二人共これからドンドン素敵になっていくんでしょうね !

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

共に娘を無くした男二人が交わす言葉に胸を打たれます。
ジェレミー・レナーおさえた演技が光ります。
国境に壁を作とうとする国には国内のネイティブアメリカン、アフリカ系、ヒスパニック系、アラブ系、アジア系
>>続きを読む

鯉のはなシアター(2018年製作の映画)

4.0

広島県人には響きます。
一昨年の話なので、冒頭のタクシーの車内での黒田の話から涙腺ゆるみっぱなしでした。
ピジョン座のロケ地の今は閉館してしまった映画館も高校時代から通っていたのでカープと共にハートに
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.8

宇梶さんと神木君のおとうさんのバックドロップを思い出します。
殆ど同じ展開でしたが今作はレスラーが演じているので試合は迫力あります!
寺田心君、神木君みたいにしっかり成長していってね‼ってお爺ちゃん目
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.3

自分だったらいつに戻るんだろうか?
でも喫茶店って殆ど行かないしなー!
4回泣けます。ってハードル上げすぎ!
自分的にはエンドロールが一番ほっこりした!

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.8

池田エライザちゃん版ほっこりシックスセンス?
化粧っ気なくても池田エライザちゃん素敵です。
幽霊たちも恐ろしくなくて、みんな憎めない!
ジョーズの背びれのように床をはいまわる包丁には笑った‼

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.5

吹替版を観賞。
結構、評価が高めなんだけど残念ながら自分には響きませんでした。
自分が実際になにもしないって状態になっているからかな?

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.5

みんなの話はいいからあなたはどうなの?
今の世の中に向けたメッセージだよね!
ネットで評判がいい店や行列ができている店に群がったり、SNSのフォロワー数やいいねの数に一喜一憂したりしているけどどうなん
>>続きを読む

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

3.0

アニメのキャラクターやマトリックス?やハロウィンの演出には引いてしまいますがこの手の「あなただったのね!」ってエンディングはベタだけど大好きです。(古くはチャップリンの街の灯、割と最近ではファンタステ>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オリジナル版を観賞していたのでハードル上がってたかもしれないけど、楽しめました。
キャストが基本的に現在と過去の二人一役なんだけど池田エライザちゃんだけは通しで演じてくれています。きっとアラフォーにな
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.5

土屋太鳳ちゃん、芳根京子ちゃんのかわいい二人の共演作品なので見逃せないと思い公開2日めに観賞。
二人とも相変わらずかわいかったけど、かさねにもニナにもその他どの人物にも共感できず、ニナの圧倒的な演技力
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

4.0

挫折しても支えてくれるまわりの人達のおかげでまた夢に向かって立ち上がる事が出来たしょったん。
松田龍平君、船を編むを彷彿とさせる熱演です。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.5

アントマンシリーズ、第2弾!
お気楽ヒーロー物の方が肩が凝らなくていいね‼
前作のトーマス程のインパクトはキティのペッツにはなかったけどね。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.8

ミュージカルの醍醐味は大勢で歌って踊るシーンだと思うのでパパやスカイ達が島にやって来るときのシーンとエンディングは最高です!
只、おばあちゃんの登場は唐突過ぎてちょっと・・・
それとメリル・ストーリー
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

評判倒れじゃないの?って少し疑いながら観賞。
予想以上に面白かった‼必見ですよ‼

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.4

ブラッド・ピットのスリーパーズだったかな?
あれも検察側の人間の話だったので何となく思い出しちゃいました。
あちらのエンディングに比べて本作のエンディングは・・・
どうなの?

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

設定なんかどうでもいい!
インパクトのあるオープニングからエンディングまで相変わらず笑かしてくれます。
劇中で菅田将暉が言ってるように大丈夫なのっていう位のパロディ満載だし、佐藤二郎には他の出演者が画
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.3

漫画チックなラブコメ!
ピンクのハートが大丈夫なら楽しめるかな?
でも、どうして北川景子?どうしてロッキー?

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

7、8人位がちょうどキャラの区別つきやすいし、覚えやすい。
キャストのみんな個性的で美しいのでドレスや宝石を含めて目の保養になりました。
仮釈放されてホテルに入るまでが見事でした!

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.5

エマ・ストーン、しっかり体作って華奢な体をアスリートに変身させています。演技の面でもテニス界での女性の地位向上に戦う姿と夫と彼女の間で揺れる心をしっかり見せてくれています。
キング夫人の事は知っていた
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

安定の面白さ!アクション満載だけでなく今作はジュリアとの切ない再会という展開もあり、シリーズ中で一番好きな作品になりました。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.3

ラブレスでは両親ともに生活力があるのにどちらからも愛されない子供が失踪しました。
この作品では生活力のないシングルマザーに愛されてはいるけど自堕落なその日暮らしの家庭の娘が描かれています。
母娘が一緒
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

妹や弟が産まれて親の愛情を独占できなくなった上の子 の話は昔からよくありことさら目新しい題材じゃない。
それを細田監督がどう料理するか見せてもらったけど、残念ながら響いてきませんでした。エピソードが多
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

鋼の錬金術士、ジョジョ、亜人、東京喰種、などなど、残念な実写化作品に新たな作品が加わった!
真野恵里菜さんが出ていなければもっと低評価。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

悲惨な事件を題材にしているのに重苦しいだけの映画になっていないので救われます。
国民のために戦わなくてはならない、軍や警察が民衆に銃を向ける。
権力に都合の良いように報道もねじ曲げる。
戦前の日本でも
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.0

お互いにパートナーのことしか考えていない両親に絶望した子供の失踪。
それでも子供への愛は見えてこない。
救いが無さすぎる。

>|