よそさんの映画レビュー・感想・評価

よそ

よそ

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

重厚だけれど重た過ぎず、とても人間臭い話だった。フランシス・マクドーマンド演じる被害者の母親とサム・ロックウェル演じるクズ警官の、最後のブランコでの会話がとても心に残る。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.1

バーフバリ!バーフバリ!
バーフバリ!バーフバリ!

普通俳優のドアップとかスローモーションとかはあざといなーって冷めることが多いけど、この映画は違う。圧倒的な熱量と謎の説得力で「か、かっこいい…!」
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

2が面白そうなので、まず1を借りて観た。
圧倒的熱量。
お茶目なバーフバリ パートも可愛いしアクションだって十分堪能できるけど、やっぱり父親の、英雄の話のスケールのでかさよ。話自体は至ってシンプルな、
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

人生の1時間半を捧げたくなる映画を。
素敵な台詞だったなぁ。映画好きとしても、夢に打ち込む志としても。最近仕事に文句ばっかり言ってたので心が洗われた気がする(笑)
ダンケルク港の絵の特撮とかポテトとか
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

あまりにも軽率に投げ込まれる要素の数々ww
家族に恋人に仕事に信頼に大統領にカーチェイスに爆発、陰謀、もちろんSF、スペースシャトルに衛星に災害。すごいテンポで次々と繰り出されるのでツッコミも追いつか
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

主役の二人は安定の空気感だし、北川景子も思ったより良かった!
ストーリー展開は美人さんが自分の人生を救ってくれた誰かのために捧げるっていう過去2作と同じような感じだったけど、自分の子供でさえない出会い
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.5

どこまでも堕ちていく、というほどでもないのだな。そんなもんなのかな。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

組織と人間関係が最初ちょい混乱したけど、とりあえずシャーリーズセロンがかっこよい。
もっとスーパーヒーロー的なスパイものなのかと思ってたら、泥くさい、自分も傷付きながら進んで行くタイプのやつだった。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アクションはキレッキレだしテンポもよくて何も考えず楽しい♪ 王女様まで薬物を?!何かの治療!?とか、大統領軽いなー、とか、真面目なこと言ったらモヤモヤはあるけど、まぁ細かいことは気にするななのかしらね>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

好奇心に負けて鑑賞。
評判は聞いてはいたけど、なんか色々残念だった。。開始1分でダメだと確信できた数少ない映画になってしまった。おかげで早い時点で覚悟して観れたので鑑賞後のがっかり感は少なめ。

脚本
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

耐えきれないほどの喪失感を抱えて生きるということ。区切りをつけて次のステップに踏み出す人もいれば、抱えたまま、それでも歩き続けていく人も。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.5

イーサン・ホークこんな役ほんと似合うなぁ。深く考えず気楽にみるのは、こんな雰囲気の映画が好き。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.4

面白かった気もするけど、それを上回る違和感。
苦悩と葛藤と個人ばかりで物語がない。そのわりに個人のキャラや行動も謎だらけ。はるか昔の遠い銀河系で繰り広げられる壮大な世界観はどこに行ったのか。レジスタン
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

アラン・カミングの魂の叫びみたいな歌が忘れられない

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

5.0

アル・パチーノの独壇場。
お酒に強ければ絶対真似してジャック・ダニエル揃えたのに。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

どんなに言い尽くされようと、やっぱりラストと音楽が最高なことに変わりはない。
言葉ではなんとも説明しがたい感情と涙が襲ってくる。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.2

予告見た時点では面白そうだと思ったんだけどなぁ。舞台の映画化と聞いて、あぁ、舞台なら面白そうだな、と。。突拍子のない設定がリアルにもシュールにも振り切れてなく、ラストもあんまり好きじゃなかった。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

途中ちょっと眠くなってしまったよ、、超有名な原作だけに犯人知ってたからストーリーに集中できず俳優さんとか豪華な車内とかばかりに目がいってたせいかな。。久々に見たミシェル・ファイファーが相変わらずお美し>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


舞台はEP6の30年後。
バトルフロントを知らないのだけど、エンドアの戦いの翌年にジャクーの戦いってのがあって、帝国軍終焉の地(?)となったのが 今回の舞台となる惑星なのね?だから予告にもあった、
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ガル・ガドットがとにかく美しくて可愛い!臆することなく戦いに臨む島の戦士たち、舞うような殺陣がカッコよすぎ!将軍、どこまでもついていきます、という感じ。そしてクリスパインはクリスパインだった。

華麗なる激情(1964年製作の映画)

3.4

なんだかんだ教皇に必要とされてるし、芸術に理解あるし、すごい関係性。私のおぼろげなミケランジェロエピソードははるか昔に見たこの映画だったのかも。初見かと思ってたら見覚えあるシーンが、ちらほら。

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

特に何も起こらず、日常が繰り返されるだけなのに全く退屈しなかったし、余韻がいつまでも続く。夫婦ふたりともめちゃいい人だな!

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

ダンケルクというのは、欧州では説明不要の戦いなんだろな。事前情報なしで観たので最初の方は話についていけなかった。。
実機を飛ばしたというスピットファイアからの景色の素晴らしいこと!!IMAXで観ればよ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初のシーンで、そっち系かぁ、、と覚悟したものの、ストーリーが進むにつれリアリティを増していく演出の妙!最後の展開にそれはさすがに酷くないかと思ったけど、思い出の名前を付けた店を持った彼はそれはそれで>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.5

どこにでもあるんだな、こういう話。
歴史的背景なんかは細かな説明もないしよく分からなかったけど、どこか物悲しくて静かな雰囲気とスウェーデン、北極圏の景色が象徴的に感じられた。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦のエンスラポイド作戦。恥ずかしながらこの史実を知らなかった。。国のために、かぁ。チェコってほんとに壮絶な歴史を辿ってるんだな、、ダンケルクに続いて観たせいでキリアン・マーフィーが心配にな>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

差別の激しい60年代を知能と才覚で軽快に乗り切っていく黒人女性達の物語。黒人差別を描いているけど悲惨というより日常という悲しさ。ただ、その中で戦える武器と自信を持ってる人をキラキラ描いていて爽快!ケビ>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

スピンオフでしょ?と完全に侮ってた。。
めちゃ面白いじゃないか!7より好きかも(笑)
帰ってすぐep4を観直したら、何度となく繰り返し観たはずのep4が違った目線でとても新鮮に感じられて、でもそれが全
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

友人の間で評価は真っ二つで、自分は微妙だった派。。いや、面白かったけど、もっと科学よりの話かと思っていて、ヒューマン要素が出てきた時に「そっちかーい!」と一瞬感じたら、もう取り戻せなかった。。
物理学
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

評価が高かったので期待しすぎたかなぁ、、犬は可愛かったけどアメリカンジョークにちょっとついていけなかった。ラストも、10代の頃の彼女が帰ってきて、犬も帰ってきて10代に戻れて幸せ!取り戻せ青春!ってそ>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

前作を観直した続きで行って大正解!繋がっているストーリーはもちろん、世界観にどっぷりハマりながら観れた。前進しているのか後退しているのか、下がっているのか上がっているのか、全てが錯視に思える。贅沢な間>>続きを読む

>|