図書委員さんの映画レビュー・感想・評価

図書委員

図書委員

especially, love story & musical

映画(283)
ドラマ(15)

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

大好きな作品だからこそ、
最初にキャスト聞いた時はとても不安になったけど
それをかき消してくれるほど再現度が高く
オリジナリティも感じて素敵だった☁️
アラジンがどんどんかっこよくみえてくるから不思議
>>続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

3.0

画が綺麗だけど、
話は少し淡々としてた🤔
江戸の風俗は楽しめるかな
入野自由さんの声👌👌👌

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

俳優陣が豪華だった!
ストーリーは
にやにやしながら見る感じ、
宮様夫婦、素敵だった

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

途中で流れるドビュッシーの月の光がよかった◎

キッドと京極さんっていう
ファンに媚びてくるキャスト、
嫌いじゃない🙆‍♀️🙆‍♀️

ミステリーっていうよりエンターテインメントって感じ

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.0

伏線の回収になるほど〜ってはなったけど、期待しまくって見たから微妙に感じてしまった、、
映画館で見たほうが楽しかったかな🤔

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

2.5

アフリカで暮らしていて学校に行ったことのなかった女の子が
スクールカースト上位の女子集団の仲間入りをして、、、

ベタな話だったけど
今見たら豪華なメンバー!

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

3.0

好きだった人に手違いでラブレターを送ってしまったことから始まるラブストーリー

ララジーンの素直さが素敵で
どんどん可愛く見えてくるから不思議

部屋のインテリアがすごく可愛くて
全体的に色づかいが良
>>続きを読む

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007年製作の映画)

2.5

そこはかとないナルニア国物語感、、
CGはすごいと思った
続編ないのか、、

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.9

映像も主演の2人も美しいしかでてこない
原作の独特な雰囲気をいい感じに映画にしてた
けどラストは消化不良だった

海ー!山ー!のところがすごく好き

何かが違えばもっとはねても良いぐらいの作品だと思っ
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.5

人の温かさだったり
友情の大切さだったり
かけがえのないものを教えてくれるのは
ドラえもんだと思う
純粋な涙が流れる作品

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年製作の映画)

3.1

美代子の話が切なすぎて😭
昔の日本でも同じように
都合の悪いことや説明のつかないことに
災いや呪いという大義名分のもと
たくさんの人を犠牲にしてきたんだろうなと思うとやり切れない😭

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.2

リリーコリンズがキュートで話もまあ面白いんだけど、
なにより石岡瑛子さんの衣装が素晴らしすぎて、衣装をみるだけで目が潤う👀

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.3

話はトリックでよくありそうなものだったけど、
ラストのシーンがすごく好きで鳥肌モノだった
上田と奈緒子の関係って実は理想かもしれない

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

3.0

ストーリーの中で仕掛けられた罠に
夢中になってしまう

人は救いを求めて過ちを犯す生き物だと
わかっているのに
繰り返してしまう愚かさと皮肉さが面白くて中毒性が高い作品

舟を編む(2013年製作の映画)

3.0

辞書をつくることは
とても長い時間がかかるけど
言葉を紡いで繋いでいくことは
すごく大切なことだと思った
穏やかで
心があたたかくなる作品

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

2.0

前作の方が好きだったなあ、、、
どういうメッセージ性をもって
なんのためにリターンズを作ったのかがよくわからなかった。
もちろん前作ほどのインパクトとか衝撃はストーリーに出オチ感あるし
求めてなかった
>>続きを読む

鴨川ホルモー(2009年製作の映画)

2.6

みていて楽しいけど
少し切ない気持ちになるのは
こんなくだらないことに時間をかけて
必死に取り組めるのは
長い人生の中で大学生活までなのだとわかっているからだと思う。

なぜサークルに勧誘されたのか、
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

1.2

わざとだと思うけど
演技が大袈裟でわざとらしくて
うーん、、

orange(2015年製作の映画)

3.0

映画化ときいて不安だったけど
わたし的にはすごくよかった!
歌とストーリーがマッチしてて
泣いてしまった

山崎賢人、化けるなあと思った

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

2.0

原作とどうしても比べてしまったけど
二階堂ふみはかわいいし
山崎賢人の俺様もよかった

DVDで良かったな、という印象

君に届け(2010年製作の映画)

3.5

世代。
キャスティングがいいし
挿入歌もめちゃくちゃすき

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2011年製作の映画)

2.5

原作はもう少しかたかった気がするけど
映画はシンプルな青春もののような感じになっていた!
あっちゃんがかわいい!

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.3

原作を読んで、これをどうやって映像化するんだろうとわくわくして鑑賞💭

あっちゃんがとにかくかわいいし、
最後らへんのカメラワークが好き!

ライアーゲーム 再生(2012年製作の映画)

1.5

ゲーム自体があんまり面白くなかった
シリーズ全部好きなんだけど
これは蛇足感が否めない

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.8

何回みても秋山さんかっこいい、、、
話が二転三転するから飽きないし
ゲームのルールやテーマ、
仕掛けられる罠が面白い

シンデレラ・ストーリー(2004年製作の映画)

3.0

ストーリーはありふれてるけど
チャドがめちゃくちゃかっこよかった❣️

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.0

タイムスリップものかと思いきや、
見た目だけ若返るタイプだった!
過去を後悔せずに
その時の選択を大切にしなきゃいけない
熱いセリフが多くて
家族の絆にほっこりした💭💭💭

アポロ13(1995年製作の映画)

1.8

どこまでが実話なのか、
きちんと考証されているのか
いささか疑問に思うところがあった

授業でなければ、自分の興味から見たのであれば、もっと面白く感じたのかもしれない🤔

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

-

原作はすごく素敵だし、
キャストだって悪くない

条件は揃ってるはずなのに
なんでここまで安っぽく作り上げることができたんだろう、、、

アバター(2009年製作の映画)

3.2

確か小学生の頃見たけど
すごい作品だ、時代が変わった、と
感心したのが懐かしい

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

3.5

当時小学生だった私の心には強くささった作品だった
悪ってなんだろうって考えさせられるし
人の愚かさも勉強になった

現実では有り得ないのに引き込まれる
主演二人の圧倒的演技力、、、

笑う大天使(ミカエル)(2005年製作の映画)

1.0

原作が魅力的なだけに
残念、、、、
もっと活かせるシーンやセリフたくさんあるのに、、、

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

2.3

もっとミステリー要素満載なのかと思いきや
割と一定のテンポで進んでいく感じだった

若干フランス語の勉強になりそう

高台家の人々(2016年製作の映画)

3.0

ストーリーはThe少女漫画って感じなんだけど
すごい笑えるし意外と泣けるから
何も考えずにみたいな〜って時に良い💭

>|