ムビ太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ムビ太郎

ムビ太郎

気が向いたらコメントしてます。何かしらのシンパシーを感じたら、いいねかフォローお願いします。
ちなみに自分の生涯No.1作品はロードオブザリングシリーズです。

映画(323)
ドラマ(0)

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

4.0

この映画内で行われる登場人物たちの会話の全てがウィットに富んでてそれでいてリアルさもちゃんとあって絶妙なバランスになっていたのが凄かった!

テーマは結構深くて重くなりがちなものなのにこの作品内の登場
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.7

全体的な雰囲気はまさに韓国版「ウルフオブウォール・ストリート」。こうゆう作品は大好物です!自分とは全く無縁の世界を疑似体験してるような気分になれるので!!

まぁ、こっちはもうちょいライトで見やすくな
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.6

10年後パートの知念は全部コスプレにしか見えなかったけど、メインである学生パートのシーンでの演技は個人的にはけっこう良かったです。品はあるんだけどなんか女の子にはモテないんだろうなーっていう感じを絶妙>>続きを読む

コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道(はんどう)(2017年製作の映画)

3.2

オリジナルであるTV版を全く見たことがない自分の立場から言わせてもらうと、中盤までは前作の「興道」よりも話の展開力があり、とても引き込まれながら鑑賞できたのは高評価。

「興道」を頑張って2回見た甲斐
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.7

安定のジュマンジコンビ!

ロック様の絶妙にダサカッコいい演技と、ゲヴィンハートのあたふた演技のアンサンブルが絶妙。

軽い気持ちでさくさくっと見れてなかなか笑わせてくれる良作でした!

ラストに流れ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

原作が素晴らしいからか、はたまた豪華キャストの賜物か、大オチを知ってる状態でも最後まで引き込まれてしまった。

でも最後の結末を知ってるからか、最初にこのオリエント急行の殺人という作品に触れた時以上の
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

金はない。家もそんなに大きくない。つまり華やかさはそんなにない。

けれどそばには愛する人とやんちゃだけど憎めない可愛い愛犬がいる。

そして主人公の生きてる世界は決してそんなに広くなくむしろ狭いコミ
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8

まず最初に、誰しもが必ず心に宿しているであろう5つの感情を見事にキャラクター化している点。そしてその5人の脳内でのやり取りのなんともいえない楽しさに脱帽。

これは5人のキャラ立ちがしっかりしているか
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

クストリッツァ作品初鑑賞となった一本。

とりあえず動物描写の凄まじさに圧倒されました。笑

主人公とまさに阿吽の呼吸見せるオオワシとロバ。主人公と口移しで果物を食べるバカでかい熊。いったいどーやって
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.7

当時、この事件をニュースで知ったとき海外はやっぱ怖ぇなぁーぐらいの印象で終わらせてしまっていた自分をぶん殴ってやりたくなりました。

爆発に巻き込まれ命や足を失ってしまった人々。このテロ事件解決のため
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

主要キャスト全員の演技は最高。

特にニノの犯人恫喝シーン、大倉孝二のクズさ加減溢れる演技、松重役の酒向芳の一度見たら忘れられない気持ち悪い存在感と口を鳴らす癖、そして安定の松重豊。

原田監督作品の
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

鑑賞中の最初の自分のスタンスは、序盤から中盤にかけての頑張りは認めよう。頑張ってる。たしかになんか頑張ってるっぽい。でもなんか惜しい。うーん、これどうなんだろう。変わった作りっちゃ作りだが、別に対して>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

個人的にはバクマン。以来の大根仁監督会心の一作になった印象。

登場人物達の青春時代を見ていて、自分とは時代から性別から全く違うはずなのに何故かとてつもなく心が動かされてしまった。

特に何かを成し遂
>>続きを読む

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

3.7

何度も見てる何気にお気に入りの作品を久し振りに鑑賞。

大泉洋と松田龍平コンビのやりとりはいつ見ても最高の一言。

映画全体の作りや雰囲気、個性的なキャラの面々、舞台となってる札幌ススキノの独特な感じ
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

ガッキー可愛い。

瑛太の劇中セリフ「一生懸命生きてる人間を馬鹿にするな。」に涙目。

広末涼子の赤毛の元ヤン役絶妙。

永野芽郁の男には好かれるけど女からは絶対に嫌われるだろうな感たまらん。

蒼井
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.7

謳い文句通りものすごいカメラワークから生まれる擬似的長編ワンカットアクションシーンは見応えあり!

あれはどーやって取ってんのか皆目見当がつかない。笑

しかし、ヒロインが個人的にはあんまりタイプでは
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

ジェイクギレンホール、レベッカファーガソン、ライアンレイノルズ、真田広之といった超一級スター達を存分に使って作られたB級SFスリラー。

火星から持ち帰った地球外生命体カルビンがISS内の宇宙飛行士6
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

気楽に見れて、全体的に安定して面白かった印象。

中でも現実の主人公達とゲーム内のキャラクター達の容姿が全くと言っていいほど真逆という設定はかなり面白かったです。その設定から生まれるコミカルなやりとり
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

いったい彼の中の何がここまでのことをさせるのだろうか、、、。

皆目見当がつかない。

そしてこのシリーズはいったいどこまでいってしまうのだろうか。

やりすぎでしょう。明らかに今作はやりすぎたでしょ
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

今まで様々な日本のドラマが映画化されてきましたが、個人的には間違いなくその中でトップレベルの傑作が誕生したと思いました。

まずドラマから映画化されている作品の評価の一つとして重要なのは今まで見てきた
>>続きを読む

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

4.2

まずはじめにいっておくと今回の作品は完全にナーメテーター作品でした!

個人的にはヒャッハーシリーズ前2作は未鑑賞のため今回で初体験となりました。

感想としてはくだらなすぎ。(いい意味で)

下品で
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

この作品は非常に賛否両論分かれてるみたいですが自分的には結構ありでした。

話の内容や細かな部分などでツッコミどころや気になる部分はあるものの、大迫力の映像やむちゃくちゃエロくてカッコいい女性シークレ
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.7

自分なんかには到底理解できないほどの強靭な精神力ととてつもなく深い愛情を持つ主人公に最後まで圧倒されっぱなしでした。

こんなことが実際にあったとは、、、とても信じられない。

実際のこの2人には心の
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

3.9

自分がどれほど醜く、惨めでどーしようもないやつだと思ってもそばでたったひとりでもそんな自分を心の底から信じて、そして背中をそっと押してくれる存在がいてくれるだけでどんな人間も前を向いて歩いていけるのか>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.1

いやー、やっぱりこーいった親権問題を取り扱う映画は個人的には問答無用でやられちゃいます。今作もめちゃくちゃにやられました!

主人公側の言い分、祖母側の言い分両方にメリットがありデメリットもある。そし
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

堺雅人、高畑充希の芸達者ぶりが炸裂し、2人が演じる夫婦のやりとりやイチャイチャ感、また鎌倉で生活する魔物や幽霊達とのやりとりなどにホッコリさせられました。

その他安藤サクラや堤真一など出演キャストは
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.5

いくら同じ時間を過ごして、同じ思い出を共有しているつもりでも男と女ではその時の出来事に関する観点がそれぞれ違っているのであるといったことが、物語の時間軸をいじくることによりいっそうわかりやすく伝わって>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.6

飛び散る肉と骨。

蔓延する飢餓と病気。

まさに、救いのないトラウマ的戦争映画体験。

だけど、実際レイテ島に配属されていった日本兵の死因の8割は敵との交戦ではなく飢えや病気だっていうんだからこの映
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.7

2人の姉妹の可愛さ、色気、絶妙。

2人の姉妹の放尿、ブラジリアンワックス、最高。

食人行為を通して描かれる、1人の女の子が自我(性)に目覚め、大人の女性へと変貌遂げていく様をとても丁寧に描写してい
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.1

1作目で免疫がついたので、2作目の今作では初っ端から飛び出る粗削りなCGも全部この映画を彩る重要なぶっ飛び演出だと認識して、めちゃめちゃ楽しめました!

ていうかメチャメチャ面白いじゃねーかこのやろー
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.6

何一つ共感のできないはずのヒロインをとても魅力的に演じきっていた吉高由里子に脱帽。めちゃめちゃキレイでエロいですね〜〜。笑

序盤は共感度ゼロのサイコキラーものでありながらラストは一抹の切なさが残るよ
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

制服姿やチアリーディングの格好をした広瀬すず、中条あやみの可愛さたるや!

いや〜、それだけでも見る価値は大いにありました!!

演出で所々クサいところが目立ったり、終盤までパフォーマンスがなかなか見
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

日本の灯籠流しなどの文化を通して、描かれる死者を想う気持ちの大切さ、親子愛。

さらには物語とは何のために作られ、何のために人々はその物語を見るのか。そしてその物語には必ず終わりがあり、だからこそその
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

秀逸な脚本とテンポが良すぎてついていけなくなるほどの演出。

そして目的のためなら手段を選ばないような冷酷で合理主義者でそれでいて、一抹の寂しさを孕んだとても魅力的な主人公を見事に演じきったジェシカ
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

3.9

完全にナーメテーター作品でした。笑

序盤は話がとっ散らかってて大丈夫かこの映画と思ってたけど、中盤からゲーマー仲間が集合してからの作戦開始でいっきに引き込まれました。

正直笑っちゃうくらいのツッコ
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.9

この映画の主要人物ほぼほぼダメでイタい奴ばっか。おまけにとってしまう行動もいちいちダメ。でも何故だろうそこにはめちゃめちゃリアルさがあって、色気や可愛さや苦しみ、そして切なさがたしかに存在している。要>>続きを読む

>|