coolさんの映画レビュー・感想・評価

cool

cool

映画(294)
ドラマ(0)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.6

全編PC画面上での構成。

ずっと観たかった作品。ありがとうネトフリさん。

新しい映画って感じだったね。

SNSの時代は怖いよなぁ。

顔も知らない人とコミュニティができるわけで、、SNS上だけの
>>続きを読む

未知との遭遇(1977年製作の映画)

3.7

「未知との遭遇」秀逸なタイトルだよなぁ。

SF映画と言えばの名作。
ずっと観たかった作品。

みんなが想像する宇宙人のフォルムって、この作品から出来上がったのかな?

人間と宇宙人が対立しない映画も
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.2

多部未華子の魅力がつまった作品だね。

彼女が多くの作品で主演に抜擢される理由は飾らない姿なのだろうよ

ストーリーは単調、、、

最後の野村周平かっこよい

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

狂人は幼少期に問題ありってことやね。

俳優の演技が凄い

この映画を踏まえてダークナイト観よう。

市長の息子がバットマン?
でもアーサー逮捕されたんよな、脱獄したん?
それとも、世に多く生まれたジ
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.8

偉人は変態から生まれるんだなぁ。

マーク・ザッカーバーグがFacebookを立ち上げるまでに、こんなことがあったんやな。

発想は至ってシンプル。

女にモテたい、友達が欲しい、
そんな学生誰しも考
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.5

世界観が素敵だよなぁ。

ジブリは裏設定まで調べるとややこしいから、世界観だけ味わうとする。

自分が劇場で観た記憶のある1番古い映画をまた劇場で観れるのは感慨深い。

観たあとは中華が食べたくなる。
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.1

生きろ、そなたは美しい。

生命をテーマにした映画。

人間の自然破壊がもたらす脅威。

人間ともののけが共に生きる道を切り開こうとする、アシタカの想いが胸を打ちますわ

風の谷のナウシカ同様、現代に
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

3.8

こういうくだらない映画が最高なんすよ

無駄な性描写が多いだけの映画とは違ってハレンチ感で楽しめるのがいい

エライザ素晴らしいなぁ

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

スピルバーグ作品は夢があるよなぁ

ドクとマーティの友情がたまらん

この2人はいつ出会ったんだ?

ドクはマーティが来ることをわかっていたから、出会ったということか?

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.3

ジブリ名作が劇場で鑑賞できるという贅沢。
ナウシカはしっかりみたことなかったけど、名作ですわ。

環境破壊がもたらす脅威。

今の世界の現状に自然は怒っているんだろうな

人間は火を使い、伐採で新たな
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!(2010年製作の映画)

3.3

まぁシリーズの中ではおもんない

結局、青島と室井さん最後のシーンしか被ってない

織田裕二と柳葉敏郎の不仲が原因?

小栗はイケメンよなぁ

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.3

大島渚監督の名作。

果てを知らぬ性欲、、、
やっ、どんたけやんねん

そんなスタミナどこから出てくんねん

快楽の行く着く先は、狂気であるなぁ
最後のシーンは直視できねぇ

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.2

事件は会議室で起きてるんじゃない現場で起きてるんだ!

青島と恩田の関係良きよな

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.2

マシュマロマンはわろた

発想が面白い

超心理学、日本はオカルトと同じに括られてしまうけど興味深い分野だよなぁ

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.0

久々観たけど、、微妙

もっと面白い印象があったんだけどなー

堺雅人と香川照之コンビはええね

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

4.0

青春映画好きですわぁー

この時代の田舎暮らしにも憧れるよね
やる事が何もないんだろうけど、その分仲間とのくだらない遊びが何よりも思い出に残るんやろなぁ

イッチーの学園もんはええよな

賀来賢人や倉
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.2

雪山サスペンス

痛みや苦しみというのは味わった人にしかわからないのものですな

衝撃のラストと聞いてたのですが、そこが期待をはずれた

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

3.8

最後もってかれたわ〜

やっぱこれが映画よ

どんでん返しはええなー

ヒロインの子見た事ないけどいい演技やった

斎藤工もブレイク前やね

家族ゲーム(1983年製作の映画)

3.4

不気味な映画だなぁ

食卓シーンと最後のシーンのワンカットが魅力やね

キングダム(2019年製作の映画)

4.2

おもしれぇぇ

公開当初、ぞうせ実写版映画はダメだと決めつけてた自分を猛省。

キャストみんなかっけぇ

漫画読みたいなぁ

続編楽しみ 今度は劇場で

めまい(1958年製作の映画)

3.1

ヒッチコックさんの代表作のひとつ

音楽と人の精神面をえぐるのが上手いよなぁ

最後のシーンはちょいとわからんかった

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.8

笑える要素も多くほっこりするなぁ

やっぱ緑溢れる自然っていいよな

林業は、評価されるのが100年後。先代が大切に護ってきたもの。そして、次代に受け継いでいくもの。

そこに魅力があるよなぁ

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.5

ハングオーバーの終わり方好きなんだよなー

男の友情って素敵だよやぁ

そしてやっぱりタイは楽園

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.0

何回みても好きなんだよなーこの映画は

上野樹里若いなぁ
ムロツヨシは下積み時代からおもろいわ

いくら技術が進歩してもタイムマシンは開発されないんだろうなー

チェイサー(2008年製作の映画)

3.1

バッドエンドですね

ただ、思い入れのないはずの売春婦の死にそこまで激昂するのかという感じです。

元刑事の血が騒いだのかな

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.6

27年前とは思えぬ、ド迫力映像。

自然の摂理を壊しちゃいけないよというメッセージも込められてるのか

スピルバーグさんってすごいなぁ

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.1

脚本がすんばらしいのよ

不朽の名作は何度みてもいい

初めてみた時の衝撃も大きかったが、繰り返しみることで気づくこともある。

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

AKIRA感

夢と現実に違いが無くなる世界はもうそこまで来てるのかもしれない

それにしてもAKIRA感

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.7

えちえちシャレオツな映像と音楽

あたりまえだけど、人それぞれにその人の像があるよね

門脇麦の演技力はさすがっすよね

成田凌もクズ男やらせたらピカイチ

>|