メタさんの映画レビュー・感想・評価

メタ

メタ

「映画はトラウマの予防注射だ」by水道橋博士

高橋ヨシキさんの映画解釈のおかげで、改めて映画好きになりました。

映画のストーリーではなく、私の感想をつらつらと。みなさんのレビュー、いつも楽しく読ませてもらってます。

映画への想いをここに書いてます!!http://interaction.hatenadiary.jp/entry/2017/12/21/192231

映画(623)
ドラマ(0)

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0


A Quiet Place だからこそ劇場へ


・瞬間の迫力
オープニングでの彼が襲われてしまうシーン。ここに、この映画の要素が全て詰まっているのではないだろうか。「何か」が瞬間的に姿を現
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟(2014年製作の映画)

3.5

やっぱりヤマトでしょ!

スタートからあのテーマソングが流れる。興奮。

十分に楽しめました。

ラストバトルは、かなりの迫力。アンカーを使った戦闘がいい。ヤマトらしい戦法を楽しめた。

それに、ヤマ
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.4


おっさんと少女


おっさんと少女という属性好き人には、とてもおすすめ。レオンしかり、ローガンしかり。

あの『ノーカントリー』のコーエン兄弟監督作!!

少女が父の仇をうとうとする話。
そして、そ
>>続きを読む

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年製作の映画)

3.0


最凶の白目怨念ゴジラ



ある意味シンゴジラを超えているのでは。


子供の頃は、ちょくちょく見ていたゴジラシリーズ。改めて見てみると、結構いい。

今作は異色な作品。
ゴジラそのものの設定が、怨
>>続きを読む

ランダム 存在の確率(2013年製作の映画)

3.4


自分の世界って...?


・量子力学
・シュレディンガーの猫
・パラレルワールド

これら、物理学的な考え方を絡めたSFスリラー映画。物理理論の映画での表現の仕方がなかなか新鮮だった。



以前
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

3.3


シュワちゃんが、頑張る。

シュワちゃんは吹き替えで見たい。玄田哲章さんの声が聞こえた瞬間に、やっぱり大興奮!!


王道的に悪をやっつける映画。

老けたものの、やはり強いしかっこいい。シュワちゃ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.4


About time

これほどタイトルそのままな映画があるだろうか。

原題の方が、よりシンプルでいいかもしれない。

時間というテーマ。それならば、その真意は難しいはずだ。だが、この映画のス
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8


"ブルーというヒーロー映画"



ぜひ、1を事前に見てほしい。完全な続編。ブルーという存在を知っていてほしい。

やはり、ジュラシックシリーズは、お子さんと一緒に楽しんでほしい。映画に求める要素が
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

3.6

原作は、宗教ミステリの傑作と呼ばれる。

・規律
・信仰
・異端審問
・性愛

テーマはこんなものだろうか。

・雰囲気、キャストがいい

ショーン・コネリーの渋かっこよさ、若き日のクリスチャン・スレ
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5


悪霊が釣れちゃう系映画。
ここの工夫もいい。見ればわかる。


死霊館シリーズ。
呪いの人形アナベルの誕生を描く。

怖がらせる仕掛けの工夫が色々と見事。見所が多い。今作では、主役の女の子は足が不自
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

2.8

「おまえのやっていることはオ〇〇ーなんだよ」


ついに見ることになった、某有名映画。

タイトルに勝る変態性のオンパレード。

冒頭に登場するデブドイツ人おじさん。これがまた意味不明に気持ち悪い。イ
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.0

巨大な地底生物 vs コンビ


けっこう相棒映画ですね。
二人の男の性格や雰囲気、これがいい。重くなりすぎず、かといって軽すぎず。気軽に冗談を飛ばす。この二人の存在が映画全体の雰囲気を決定している
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0


「レビューは気にするな!!何も入れずに観に行け!!!」


と誰かのように叫んでおきます。ネタバレ注意。









なんだかとてもいい映画。混沌とした人間劇の後には、ほっこりとした温かさが待
>>続きを読む

姑獲鳥の夏(2005年製作の映画)

2.3


呪いはあるぜ。しかも効く。
呪いは祝いと同じことでもある。
何の意味もない存在自体に意味を持たせ、価値を見出す言葉こそ呪術だ。
プラスにする場合は祝うといい、マイナスにする場合は呪うという。
呪いは
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.8


・綾野剛祭り


本作を見て、一気に綾野剛が好きになった。シーンによって、別人のように見える彼。不細工なオヤジにも見えれば、精悍な男にも見える。

そんな彼がどんどん進んでいく。
これは、どうなって
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2002年製作の映画)

3.5

・キャビン
・感染
・狂人
・ギャグ

ざっとこんな映画でしょうか。

さらには、「パンケーキ!?」
映画を見終わった人は、必ずこう思うでしょう。

途中わけのわからなさや、ギャグ的要素もあり、混沌と
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

3.3


老けても、何をしても、ブラピはかっこいい。

彼は、どんどん若返っていく。それならば、その行き着く先は?こういう終わり方か...なんとも切ない。

おやすみベンジャミン、と呟きたくなる。彼の人生に、
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

2.7


お化け役の子の絶叫が残る...

お化け役の女の子、お化けなメイクしているのだけれど、後半になるにつれて、どんどんなんだか笑えてしまう。


ストーリーは、けっこういい!けどおしい!

話のプロット
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.3


トムクルーズすんげえ...
イルサかっこええ...


・トムクルーズとアクション
いくつかあるアクションシーン、どれも完成度、緊張感が高い。没頭して観れる。トムが全身全霊をかけて挑んだスタントのお
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と7人の戦鬼(2005年製作の映画)

2.5

異色なライダー響鬼。

響鬼という世界観、シンプルなデザインはとても好きです!


さて、映画は、、、、
色々と設定の矛盾が見られます。途中でダレる感じもあり、良いストーリーではないかな。こうゆう世界
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5


・村
・異人
・信仰

この要素は大好きですね。ありきたりなホラーかと思いきや、ジャンル分け不能なほどカオスな映画になっていきます。予備知識なしで是非見て欲しい。いろんな見所があり、なんとも言い難い
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.3

これは、好きです...


かなり異色な展開の作品。

予備情報なしで見ることをオススメします。

2人の男が描かれる。2人の生き方に、それぞれの運命が溢れている。
そして、ガラスの彼。身体弱い分、メ
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

2.8

懐かしの、黒くしなやかなフォルム...奴がついに...!!


なるほど、こう来たか...

映画としては悪くない。けど観客が期待してた路線でもない、ってとこなのかな。映画の構成としても、マンネリ感が
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.4

記念すべき600本目レビューは、大好きなヒーローへ。



とにかく感情移入できましたね。ローガンを取り巻く現実と、彼と友人たちとの関係、これらを揺さぶる重くリアルなストーリー展開がよかった。

ロー
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9


かわいそうだから助ける。それでいいじゃないか。

法も、血のつながりも関係ない。
助けたいんだ。

感情だ。

「法」や言葉で考えようとするから人は、"良い悪い" という二元論に陥ってしまう。

>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.5


「ゆれる」
まさにタイトル通りな映画だ。


兄弟という関係。

揺れ動いていくのは、この「関係」である。

素晴らしいのは、2時間という時間の中に、「変化」が詰まっていることだ。あくまでも映画は2
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

カメオ出演に
あの大物が!!!?????

この一瞬のシーンだけでぶっ飛ぶびました。驚きすぎた。凄すぎだろこの映画。









ネタから何から最高に楽しめる映画ですね。映画ファンほどより楽しめ
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.0

え、高飛び........?


とんでもなく印象的なゾンビが登場します。それが、陸上選手だったという彼。このゾンビを見れただけでも、この映画を見る価値はあった。ビジュアルも、その能力もバカげてる..
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.3

ジグソウの哲学は続いてほしい。
この思想は、映画と相性いいと思う。



いい位置の復活。
復活に成功をはたしたシリーズ物は珍しいのではないでしょうか?

新作として、原点回帰ができていると思う。
>>続きを読む

1408号室(2007年製作の映画)

2.9

宗教、宗教、宗教、、、、、、

現実か、幻想か、、

ホラーかサスペンスか、、、、


はっきりしていたのは、サミュエルの存在感くらい。
そして彼は、ありえない場所に、ひょっこりと姿を表します、なんだ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.3

ホラー映画入門としていい映画。

大衆向けになったぶん、ホラー要素は多いけど、すっきりとした印象。
後に引く怖さがないので安心してみれます。

ペニーワイズのデザインは、昔の方が毒々しくて好きですね。
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

サイコパス映画ばかり見てますね、最近 笑。
いろいろな殺人鬼がいるものです...


唐突なOP。
かなり良かった。とても印象に残る。まさにここから始まるぞ、という強さが感じられる。さあ、映画だ!
>>続きを読む

ドリーム・ホーム(2010年製作の映画)

3.5

さあ、ドリームホームを!!


・グロっえろ。
振り切った殺人シーンの数々。かなり強烈です。苦手な方は注意を。痛い場面が多い。殺すという"気迫" が感じられます。

次々続く殺人には、ちょいまってそん
>>続きを読む

デッドガール(2008年製作の映画)

1.9

目の前に、ゾンビ美女がいたら...

設定は面白くなりそうな予感。けど、中途半端ですね。
ストーリー、キャラに深みがない。

劇中のセリフの通り、主人公さん、男気出すの遅すぎますよ、、、
主人公さんを
>>続きを読む

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

3.4

なんじゃこれ


またスゴイ映画を見てしまった。
ストーリーは難解。あんまりわかりません。
わからないままに、何だかすごい映像を見せられていく。


・生体と機械の融合
有機物と無機物が溶け合う。絡み
>>続きを読む

ブロブ/宇宙からの不明物体(1988年製作の映画)

3.3

アメーバというアイデアがいいですよね。
ドロドロ、ネバネバに襲われる恐怖。生理的な気持ち悪さが湧いてきます。
アメーバに「捕食」されてしまう感がすごく良くできていてキモ怖い。

ありえないものをホラー
>>続きを読む

>|