メタさんの映画レビュー・感想・評価

メタ

メタ

映画(701)
ドラマ(2)

パーフェクション(2018年製作の映画)

3.3


これは、強烈。

展開が力強いのに、全体のプロットが緻密。「音楽」というアナロジーも感じる。

まさに、2点3点するストーリー。
とくに、前半の訳のわからなさは秀逸。異国の地で始まるパニックは怖い。
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.4

700本目のレビューは、とても印象的なこの作品。

「愛のむきだし」

タイトルからいい。唯一無二だ。

変態になるとは、真理に近づくことなのか...

もちろん、中身もとても独創的。盗撮から始まり、
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.6


秀作。

7つ子が一人を演じるという舞台設定がいい。社会的な背景も、SFとしてグッド。

7人にそれぞれ個性がある。演じ分けられている役者がすごい。

内容は、予想よりもハードで、肉弾的アクションが
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

2.8


うーん、中途半端かな、、、
コメディ要素がやや足りない。

オッドトーマスやスタートレックのアントン・イェルチン主演。改めて、彼が亡くなってしまったのは惜しい。

今作の状況、よく考えてみるとかなり
>>続きを読む

パニッシャー:ウォー・ゾーン(2008年製作の映画)

3.0


渋い、、、、
男臭い。

子どもには優しいところがまたなんともいい。げき強く無骨なのに、子どもに優しいおっさん。最高。

パニッシャーには、特殊能力があるわけではない。だからこその王道なガンアクショ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2


あなたも私も、みんなパラサイト。


・雨の中の訪問者のシーンが、最高にゾクゾクした。最近見た映画の中でもトップクラスの緊張感だった。

・土砂降りの中、トイレの蓋を押さえ込みながら一服するギジョン
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4


ホラー映画ではない。

監督が思う「人間観」「宗教観」を見せつけられる。

多くの人間に当てはまる抽象的、本質的な宗教観と、監督の個人性からくる価値観の融合のような作品だ。

だから、合う合わないが
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.8


流石に面白い。

どんなラストに落ち着くのか、とても気になる映画。

今見ても面白いのは、やはり普遍的なテーマを上手に描いているからだろう。

自身の身体に、別の命が宿るという妊娠。
得体の知れない
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0


コッ!


すごく好みな恐怖シーンがある。そこが見れただけで高得点。

けっこう予想外な映画だった。

物語や流れとしては、そこまで新しいものではないかも。しかし、雰囲気、恐怖描写が見事。

後半に
>>続きを読む

バスケット・ケース(1982年製作の映画)

3.1


ド変態映画。


バスケットケースの中に潜む、ヤツが凄い。

襲うシーンも酷すぎる笑
やられる人間をくどいくらい映す。

見る人によっては、酷い感想しか出てこないのかも。あえてこの映画を手に取る人は
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.8


名作!!

霊感映画。

ストーリーがしっかりしているのがいい。人物描写も丁寧だし、物語の運びもグッド。

主人公カップルの幸せ感がとてもいい。この二人なら、どんな困難でも乗り越えていけそう。とても
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

2.8


サメ映画でこれやるか!って工夫はあるのだけれど、、、


そこまで、没入できなかった。映画館で見たら、また違うのかな。


暗い海底での映像は見事。どうやって撮影したのだろうか。映画の進行上仕方がな
>>続きを読む

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

4.1


やっぱ、シュワちゃんかっこええ。

子どもの頃になんとなく見たであろう今作を再鑑賞。

妻に浮気されて落ち込むシュワちゃんを見れる映画。



スパイものだけあり、ド派手なアクションが楽しめる。金が
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.9


いいヒーロー映画!

テーマは家族!!

ドラマで毎週見たいね。この暖かい世界観に、何周にもわたって浸りたい。

そろそろ飽和しそうなヒーロー映画。子どものままヒーローになってしまうというのも面白い
>>続きを読む

30デイズ・ナイト(2007年製作の映画)

2.7


真っ白な雪景色と不気味な者たちの組み合わせは、なかなかいい。

ヴァンパイアの造形が不気味。ほぼ人だけど、いい感じにズレてる。

けっこうグロいよ!ちゃんとしたモンスターホラー。

何か一つでも、突
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.8


「悪魔のいけにえ」シリーズを何作か見てきたけど、今作はインパクトが薄かった。

精神病棟から逃げ出した若者たちの珍道中という側面はおもしろい。しかし、レザーフェイスがうまれる過程としては、やや弱かっ
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

2.5

うーん、中途半端かな。

設定がいいだけにもったいない。
エレベーターのシーンなど、設定を生かしたシーンはよかった。

展開の意外性のために、あんな展開にしたのだろうけど、中途半端な印象。

SF映画
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

4.0


おバカメタホラーの傑作

感動要素も、なかなかいい。


「ファイナルガール」とは、ホラー映画用語。清純な性格で処女のまま、最後まで生き残る女の子のこと。

こうしたホラー好きたちが楽しめる要素が、
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

3.0



私たち観客には、彼の身に何が起こるのか分かっている。

今見ている画面の陽気な彼が、いつ事故に巻き込まれてしまうのか、、、、

この緊張感をとても感じさせられた。

「何が起こるかわかってる系の映
>>続きを読む

unknown アンノウン(2006年製作の映画)

2.8


よくある監禁もの。

みな記憶を失っている。

つまり、自分のことが分からないし、誰も信用できない。

そうしたシチュエーションを活かした展開を期待すると、いまいち。ソウほど面白くはない。

けれど
>>続きを読む

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.3


子供の頃にぼんやりと見た記憶。改めて観賞。


予想以上に面白かった。

前半の緊迫感、怖さがいい。飛行機内というある程度のリアリティがあり、日常的な恐怖感がある。

設定は、とても良かったと思う。
>>続きを読む

マーシュランド(2014年製作の映画)

4.1


いい。

高評価も納得。


まず、画の雰囲気が好み。田舎町の自然を写している。綺麗な風景と、事件の重さ、陰鬱さ、その両方がイメージとして伝わってくる。

ストーリーも上質。80年代という時代背景が
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.3


前作の完全な続編。先に前作を見るべし。

1の完成度が高かった分、同じパターンが繰り返されているように感じてしまった。意外性が薄まる。

ラストにオチはあるものの、やや理想的すぎるかな。前作ほどのイ
>>続きを読む

アルカディア(2017年製作の映画)

3.5


これは、ネタバレしてても面白い映画かも。


派手さはないが、雰囲気がいい。好きな人はハマる。

とあるカルト宗教の村が舞台なのだが、カルト宗教感はほとんどない。どちらかというと、人間心理ではなく、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.2


期待以上。

ネタバレを防ぐため、抽象的なレビューにしておく。



ストーリーでの意外性や、スターウォーズぽさは薄いかもしれない。その分、レイとカイロ・レンという2人の描き方に集中してみれば、とて
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.6


子供の頃にうっすらと見た記憶。

見直してみて、思ったよりストーリーがいい映画だった。

不思議なゲームというある種の怖さがあるものと、コメディチックな演出とのバランスがとてもいい。子どもにオススメ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.4


雰囲気は最高。想像力を刺激するSF世界の映像化は見事!


主役2人が若いってのもいい。

カーラ・デルヴィーニュのツンツン具合が見どころ。ただ、恋愛を持ってきてるところが、陳腐に見えてしまう。普通
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.7


アメリカに残る不都合さの生贄は「少女」


うーん、重い映画。

実話をもとにしていて、現実社会のとある「差別」を浮き彫りにしている。

その不都合な構造には、登場人物たちも気が付いている。
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

いやー、とても魅力的な作品。

不思議な魅力に満ちた2時間半だった。

まず、「時間性」というのをとても感じられた。ここが、続編という位置付けの強いところ。

ダニーの人生と成長が背景にある分、物語の
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.0


アクションすごい。

綾野剛の魅力満載。

けど、それだけかな、、、。
ストーリー上の魅力は足りなかった。原作の方はもっとストーリーも面白かった気が。

佐藤健の存在意義があまりなかったな。もったい
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.7


ターミネーター2好きとしては、こんな運命になるのかと、なんだか悲しい。

たしかに続編なのだが、よく考えればそのストーリーはとても残酷だ。

あの彼が撃たれてしまうところこそ、私にとっては今作で最も
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.5


うーん、中途半端。

どこを強調したい映画なのか分かりづらい。どんな意図のある映画なのか。

ゴア映画としても、いまいち魅力的ではない。


主役の山田杏奈の存在感は良かった。雪景色の中、赤い服の彼
>>続きを読む

Mr.タスク(2014年製作の映画)

3.0


「それはサバだよ」


 迷作!!!

予想以上に楽しめた映画。

笑えるし泣ける。
ホラーのいいところが詰まってる。

中だるみはある。流し見るくらいがちょうどいいかも。

人間をセイウチに改造し
>>続きを読む

イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-(2019年製作の映画)

2.9


設定、とてもいい...


背の丈を超える草。
一面緑で、風になびいている。

この絵面は、よく考えたらかなり不気味。
自然の脅威がじわじわと効いてくる。


しかし、ストーリーがいまいち。

個人
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0


「笑い」とは、怖くもあり、神聖なものでもある。


ずっと、アーサーは笑っている。

徐々に狂気が増していく彼の笑顔。後半にかけて、溜め込んだものが一気に吹き出していく。その強烈な演技に、「感染」さ
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.7


いやー、なんだか不思議な映画。

宇宙航行なSFが軸ではある。しかし、徐々にいろんな要素が絡んでくる。

人間心理、宗教性、エログロなどなど。この人間性を「宇宙船」という密室空間でやってくれるのは、
>>続きを読む

>|