jumoさんの映画レビュー・感想・評価

jumo

jumo

ゆでたまごがすき

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.2

「蒼井優って本当にいい役者だけどベテランになってからは力の抜き方覚えてきたよね。家族はつらいよ2の演技は1にも出てたし付き合いもあるし、しょうがないか〜…出ます。て感じでやってるよね」ってこの前の美容>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.5

結婚して欲しいけど全然焦ってないしわたしは理解してますよ感出してるけど、ちょっとした会話の切り出し方とか電話で噛みついちゃうロザムンドパイクがバチバコかわいい…黒いドレスのくだりの丸出しの女心にあたふ>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.6

ビジュアルもキャスティングもすごくこだわりを感じて、いわゆる実写映画化のストレスは限りなく0に近いんだけども…
でも逆に完璧に原作通りなだけにやっぱり漫画を実写にするっていう根本的なところに違和感を感
>>続きを読む

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

4.3

頭がいい人って変わってると思いがちだけど、スピヴェット視点の映画だから行動や発言に至るまでの思考が分かって面白いし、あんな子産みたい…お母さんが昆虫博士っていうのもすごく好きな設定
(普通の格好したヘ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

お母さんが終始かわいい!
長男が雑誌に載ればいつかMyojoに載っちゃうんじゃない〜!?次男がCD出せばいつかレコード大賞とっちゃうんじゃない〜!?の皮算用が親バカすぎてもうたまらんかわいい!
インプ
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.1

ビジュアル的に大満足なジョブズ
1000曲をポケットに入れるの件最高すぎて屋上と青い車用意したら言ってくれる?腰にカセットテープつけてたら見るに耐えないレンガって言ってくれる?言われてえええええ

シリアル・ママ(1994年製作の映画)

4.3

主婦の快活な笑顔と連続殺人犯の怖さがこんなに相性がいいとはね!!
キャスリーンのキレッキレな演技は言わずもがな、家族の薄々気づいてるけど味方でいる感じとか、慣れてきて便乗商法に乗って出たりしたけど無罪
>>続きを読む

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

4.3

ずっと一緒にいたいし楽しく暮らしたいけど家族ってむずかしいわな!
家族の不和ってだれが悪いってわけでもなくてちょっとみんなタイミングが良くないだけだと思うけど、自分がひとつのコミュニティをコントロール
>>続きを読む

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

3.8

この映画の中で三大好きな人にして欲しくないこと(歌う・踊る・演技する)をコンプリートしたというのに、野田洋次郎のこと嫌いになれない…あの薄っぺらい体にオラどちどちしちゃうんだなあ

(杉咲花ちゃんの演
>>続きを読む

スタスキー&ハッチ(2004年製作の映画)

3.8

ベンとオーウェンのバディに外れなし!
スタスキーの車と母親に対する愛に切なさしか感じない〜どうか幸せになってくれ〜

(それにつけてもジュリエットルイスの悪い男にくっつく馬鹿女、既視感…)

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.9

女子のカースト映画、共感できる部分も多くてしみじみ
アフリカから来た転校生が気取ったバカ女になるまでの経過も見ていてたのし!

アマンダのパープーな演技激ラブだし、ヒールなレイチェル!かわいい〜!!前
>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.5

そりゃ誰でも父親の印税のおがげで無職のまま30代後半を迎えて彼女は欲しいけど独身で暮らしたいなんてぬかしてるヒューグラントの家に放課後毎日通い倒したいよ…そしてスニーカーを選んでもらって美人の店員さん>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.4

長さに引いていたけど、神父の息子が罪を作るために盗撮マスターになるっていう掴みからぐっと引き寄せられて飽きずに見続けられた4時間!やっと見れてよかった〜!
セーラー服の美少女(満島ひかり)のパンチラと
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.9

ウディアレンのミュージカル映画映画ですごかった!押し付けがましいミュージカル感が清々しい!まさかウディアレンまで歌って踊ってくれるなんて!
ドリューバリモアには彼からの婚約指輪を永遠に飲み続けてほしい
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

3.7

音楽も服も車も80年代最高にかわいい!
トラクターでチキンレースしちゃう田舎のヤンキー微笑ましいし、とにかく年明けたらコンバースを一足増やす!絶対!
…なんだけども、ダンスだけは80年代かわいいってな
>>続きを読む

ジム・キャリーはMr.ダマー(1994年製作の映画)

3.6

惚れた彼女のお金を使い込んじゃうシーンが好きで、「シンデレラみたいにめかしこむぞ!」なんてあんたら中学生か!かわいいのもいい加減にしろ!

(ケーブルガイの恐怖が拭いきれず、ご陽気なジムキャリーの映画
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

4.1

ブルースティールわたしも覚えたいしベンスティラーが嫁好きすぎてかわいいぞコノヤロー!!!!!!!(ハート100個)

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

4.4

最初から最後までかわいいしか詰め込まれてなくて、どこを取ってもお気に入りのシーン!
試合を見に来た子供達のナチョマスクがズレてるところと、あの子が見てるから頑張れるっていう精神論だけで勝っちゃうところ
>>続きを読む

NINE(2009年製作の映画)

3.2

主役級の美女たちがコケティッシュに踊ってくれるのすごい嬉しい映画

ウェスアンダーソンの嫁になりたいという願望しかここ1年なかったけども、ウェスもこんな感じで映画をボロボロカスカスになりながら作ってる
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

4.1

なんてホラー…下手に幽霊出すよりよっぽど怖いわ…
就活らしい就活をしなかったからこの臨場感をちゃんと感じれてるか不安だけども、ツイッターで会話するカップルを指摘した瞬間のしらけ方とかリアルであっという
>>続きを読む

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

3.4

自分の恋人や家族まで取り込んでいくのが怖すぎて怖すぎて、あのしゃくれ顎見るだけで震えるくらい恐怖植え付けられた
ジャックブラックがまともな役で微笑ましかったし、同時進行のベンスティラーの裁判の絡み方の
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.7

ちょっとちょっと〜口封じ感覚で殺すのやめてもらえます〜?あともうライアンゴズリングは女心鷲掴みにするの控えてもらえます?このドキドキがスリリングな展開だからなのか彼の魅力でなのか分かんない!いやもう分>>続きを読む

トウキョウソナタ(2008年製作の映画)

3.4

家族も人間の集まりだし、不安定な時が重なるとしんどいよなあ
でも崩壊して終わりじゃなくてちゃんと立ち直るところも描いてくれるし、エンドロール短めなのも意外に好印象

失業者のプロとしての津田寛治のかっ
>>続きを読む

少年と自転車(2011年製作の映画)

3.9

シリルがお父さんに愛されたすぎて切ない…!痛いほど純粋!
非行に走る経緯もちゃんと説明されていて、シリルのひたすら居場所が欲しい寂しさが伝わってきて明日はちょっともう仕事になんないかもしんないわ
サマ
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.8

5年前の私は坂口健太郎の小鳥になるということしか考えていなかったけども、まさか4年後に大杉漣の金魚になる映画ができるなんて予想だにしなかったよなあ

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.6

ジムキャリーみたいなお父さんがいたら10000000回の嘘つかれたって気にしないくらい最高じゃないか

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

4.3

んもーショメちゃんはほんっっとセンチメンタルの天才!!!!
俯瞰の固定の視線が多いけど動きで感情が伝わってきてすごいし、好きなことで食って生きたい身としては自分のプライドと世間で必要とされているものの
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.8

10年前の加瀬亮を舐め回すように見続けたかった為に鑑賞したけど、こんなもやもやするなんて思わなかった
ドラマの脇役で見たことある人ばっかりでわくわくしたし、正名僕蔵には最後まで裁いて欲しかったよ〜小日
>>続きを読む

Disney's クリスマス・キャロル(2009年製作の映画)

2.8

まあそりゃラストは泣かされるよ、もう顔ぐちゃぐちゃなわけなんだけど…

あまりにも説教くさくてびっくりっていうか、こんな暴力的な正義で人の恐怖心に訴える道徳的な話ってどうなのと思ってしまった
孤独死の
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

3.9

190センチのウィルフェレルがNYの街を無邪気に遊び回したり、パパのオフィスの角で膝抱えてクリスマスのマグに入ったコーヒーを我慢して飲むの正気の沙汰じゃないんだけど…可愛いの天才かよ…
ズーイーがブロ
>>続きを読む

ドッジボール(2004年製作の映画)

3.9

話は単純だけどもベンスティラーがヒールなのが最高にかわいい!
太ってた人がダイエット成功すると自信過剰になる法則通りの元デブスティラーが愛おしい…
ベンスティラー自身すごくノリノリなのが伝わってきて、
>>続きを読む

シスターズ(原題)(2015年製作の映画)

3.0

やっぱりSATC含めて年甲斐もなくはしゃぐおばさんって苦手なんだけど、へウォンの発音のシーンとオルゴールが回るシーンは思わず爆笑してしまった!一概に嫌いとも言えない!

美しすぎる母(2007年製作の映画)

3.0

そりゃ働かないで出産して旦那に逃げられたけどまだまだ女として現役ですってイキがって、美しい息子(エディレッドメイン)に面倒見てもらってたんだから恨みっこなしでしょ

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.8

え、何それつまんな…えええええええ〜!!てなるどんでんどんでん返し

ハッカーといえばフード深めに被るっていうのいい加減やめないかな

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.3

この残酷な設定も悲劇にならないのはジムキャリーのキャラクターがあってこそ!
急にぶち込まれるコマーシャルも不自然で可愛らしい。生命の危機と女優魂の狭間で揺れるローラリニーのぎこちない笑顔とカメラ目線も
>>続きを読む

>|