jumoさんの映画レビュー・感想・評価

jumo

jumo

ゆでたまごがすき
でも壁を塗る映画はもーっとすき

映画(626)
ドラマ(0)

キャデラックレコード 〜音楽でアメリカを変えた人々の物語〜(2008年製作の映画)

3.8

売れると確信されたらエイドリアンブロディにキャデラックを有無を言わさず与えられる世界観がとりあえずありがたいし、実話ベースなんて尚ありがたい

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

3.2

88分の映画にインターミッションつけてくれる優しさと、路上のフンをひたすら映してる時のドビュッシーに笑えた
後半の飼い主が変わる繋ぎ目がなかったのが物足りないなあ

(獣医のドーンってウェルカムドー
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

え、なになに!目には目を歯には歯をってことですか〜〜!?てなってから眠気吹っ飛んだけどラストのそうするしか無いか〜〜感がなあ

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

喋りだけは神がかってる偏屈おじいちゃんが大統領になった話
ラストの国会コール&レスポンスは上がる

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

ポスターからは想像できないほど心揺さぶるヒューマンドラマ、この115分の間で喜怒哀楽ぜんぶ出たよね
人間の可愛いところと哀しいところがぎゅっと詰まってて、やり場のない怒りをどこかに誰かにぶつけたい弱さ
>>続きを読む

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

3.4

面白いって心では分かってるんだけど、スターウォーズネタちゃんと理解できてないから全シリーズを観てからもっかい観直したい!
スターウォーズシリーズ観る起爆剤としては十分すぎる映画だった
現時点ではトレッ
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.9

ギャングの元で育つチャッピーの危うさとか教育と洗脳の違いについて色々考えてしまう
なんならハッピーエンドだけどそのもっと先のことを考えると、追われる身だしニンジャだけ意識を転送してないから先に死んじゃ
>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

3.0

お互いの好意に気づいてなくて周りの人にはだだ漏れで、お前らもう付き合っちゃえよ〜な状況をこの上なく愛する私ですが、流石に今作はバチ切れた。グズグズしてんじゃないよと
あと10億年ぶりくらいにGReee
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.8

リプリー→インターステラー→ゼロの未来の順番でマットデイモンを認識してしまったから、結構こわいイメージで苦手だったけど今作のウィットに富んだ中年役で吹っ飛ばされた!1人でいるのにあんなに楽しそうに前向>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.1

チアリーダーに飛び入り参加してもブーイングを受けない17歳のザックエフロンの無敵感
共通の趣味を持ってるだけでネッドが恋愛対象になるんだからオタクって偉大だ

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.8

1と時間をあけずに作ってるのに負けず劣らずな面白さ
前作と同じ流れにするのか、逆にするのか、予算は足りるのかなどなど1を意識してしまう作りは2にしかできないからうまいなと
たまにジョナヒルがセスローゲ
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.9

いわゆる難病ものじゃなくて、闘病中の人とその周りで支えてる人をリアルに明るく描いていてよかった
ガンだと分かってからずっと泣いて暮らすわけでも、むやみやたらに希望を持つわけでもないのよねえ

アナケン
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.8

自分の人生のどこに重きを置くか人それぞれよねって話、主人公を含めて誰の生き方も変わらないラストに物足りなくもほっとした
妹の結婚式とか押しかけてみたシカゴの家で、自分の選んだ生き方の代償を払う羽目にな
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

6歳の子供目線で物語が進むのでシリアスになりすぎなくて良かった
子供に必要な母親は社会に適合してる人ではなくて、自分をちゃんと愛してくれる人なんだよなあ

(マスキングなしで外壁を塗り直しちゃうウィレ
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.9

人生って選択の連続だけど、正しい選択をし続けることなんてできないしどっちに行っても後悔するなんてよくあることで、どんな選択肢を選んでも絶対に後悔しないって腹に決めてるトムハーディに好感…!
最初のシー
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.9

いや主人公そっちかーい!映画にハッピーエンドであってくれよ〜〜〜〜という感想しかないよ〜
韓国のおっちゃんのメタファーとしての運転手に涙…カーチェイスのシーンでこんなに泣けたのはじめて!

メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版(1997年製作の映画)

3.1

売れる前の高橋一生を彷彿とさせるチャウのあどけなさよ
ペンが出てくると途端に岩井俊二の映画っぽくなっちゃうね

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.2

みんな〜!そろそろ結婚と恋愛と出産を一緒くたに考えるのやめないか???
元嫁と復縁してこの3年間はなんだったんだ?って観てるこっちがそのセリフよ?
可愛いインテリアとか服に丸め込まれそうになったけどラ
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.0

思いがけず恋愛あるある映画すぎてびっくり、自分の軽率な行動で壊した関係ってそう簡単に元には戻らないよねえ
エマの家とアデルの家での食卓、料理好きのお父さんとか楽しそうに話す雰囲気とか一見似ているけど全
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.7

建物も車もとりあえずぶっ壊す!!!みたいな価値観に唖然としてしまったけど人間の適応力はすさまじいもので、いろんな種類のパトカーがどんどん登場しては大破されるのを次はどんなパトカーが壊れるのかなと心待ち>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.2

なにが起きても動じるライアンゴズリングの間抜けな探偵っぷりに感謝(Jesus!のバリエーションが豊富)
ダメな父親の仕事を支える13歳の娘という構図だけど、無意識に娘のことを第一に考えて行動や選択する
>>続きを読む

コンタクト(1997年製作の映画)

3.3

この画のイメージでゼログラビティ的にジョディフォスターが宇宙を彷徨うのかと思ったら割と地球にいて、権力とか信仰心とかうだうだケチつけられてこれほんとにSFなのかなあと心配してたら挙げ句の果てに宇宙に1>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.6

25年前なのにCGがリアルでひやひやした(と思ったらアニマトロニクス!すごいや!)
安寧の地・トイレの個室をかるくぶっ壊されて餌になるって精神的ダメージがすごい
ていうか思ったより人が食べられてたよね
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

興味薄い分野なのにいろんな角度から面白く仕上げてくれちゃって、グングン惹きつけられるわ〜この監督すごいわこの味付けめっちゃ好きやわ〜て思ったら、クレジットのスピルバーグの文字で納得、そりゃわくわくする>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.2

社会派作品は若葉マークなので、ウォーターゲート事件についてちゃんと調べてから観るべきだったよね
あと個人的には映画の始めのクレジットがたらたら長いやつ苦手だなあ

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.8

いよっ!ファスベン亭!待ってました〜〜〜〜!!たっぷり!!
誰だってファスベンにありのままの自分を肯定されちゃったらほだされるわな!大当たり!

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.7

チームXの寄せ集め感がたまらん可愛い
変な髪型になる前のウルヴァリンが普通にかっこいいヒュージャックマンで違和感…
あとあのパンッパンの二の腕はCGだと思ってる

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

わたしもさち姉に「もう妹なんだからちゃん付けじゃなくてゆもって呼ぶよ!」て言われたい人生であった
家族の中のちょっとしたコンプレックスを早めに解決してあげられる家族っていいよなあ
雰囲気が好きな映画だ
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.8

自分が傷ついてることは相手を傷つけていい理由にならないし、訳知り顔で向ける好奇心の視線にも腹立つし、かといって自分がそうじゃない自信もないし複雑ぅ〜〜〜

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.4

喋れないヒロインで推してるイメージあったけど、喋れないってステータスだからね!口酸っぱく言ってますけど!むしろ40代でもヒロインでいれることを絶賛することすら野暮に感じるサリーホーキンスの圧倒的可愛さ>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.8

関東の田舎の息苦しさに辟易しつつも、地元で育って地元で死ぬ人たちあるある(成人式来ないとかありえなくない?発言など)が痛快で飽きずに観れた
高畑充希と太賀が地元の同級生そっくりで普通にひく

無意識の
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

もっぱらDVD派な私ですが、やっぱり映画館でタイムリーに観るのっていいことなんだなあとしみじみ…(自宅のソファでだらだら観つつ)

サムクラフリンの骨格、声の抑揚、髪の毛の質感、眼差しに至るまでどタイ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.4

売家のサイケデリックなパーティがツボすぎて、どのコロニーの衣装も特性もみんなかわいいがすぎてどうしよう…しかもマットルーカスとユニオンジャックのポンチョの組み合わせ、リトルブリテンを彷彿とさせちゃうか>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.3

まずは、はなこさんになりたいって話なんだけど…
あんな絵に描いたような老後過ごしてるのうらやましい、とか安直な話じゃなくて若い時からスタイルとして貫いてるのロックじゃないか…クレバーなDIYおじいちゃ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.4

ここ最近活字離れが顕著な私ですが、これを機に原作読みたくなっちゃうくらい勝手にふるえてました

ヨシカが本当に生きづらそうで、あんなに仲良くしてるくるみちゃんのことも信頼しきれてない感じとか、もうこん
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.7

ジョンが最初から最後までバンドに馴染めてなくてラストの蚊帳の外感も半端ないし、フランクみたいになりたいんだったら自分の土俵作ってそこで一番になるしかないんだろうなあ

たるんたるんのタンクトップからチ
>>続きを読む

>|