Asianlilyさんの映画レビュー・感想・評価

Asianlily

Asianlily

映画のような人生か、人生のような映画か。

映画(490)
ドラマ(0)

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

3.8

エリカ・リンダーかっこよすぎて終始見惚れる。同じレズビアン映画ならアデルの方が色々思う事はあった。心情描写に欠ける。女同士なだけで話はありがち
ただ、すごくとにかく恐いくらいエリカ・リンダーがかっ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.1

愛しのジャームッシュ作品
彼は日常に花を添える天才。
映画のような奇跡も事件も無い日常のルーティーン。だが目覚め方一つとして同じ事は二度とないんだ
単調な映画で好みは分かれそう。因みに私はツボっ
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

-

コトバがもっと好きになった。言葉って生きているんだよなぁーー
「言葉の意味を知りたいとは、誰かの考えや気持ちを正確に知りたいということ。それは人と繋がりたいという願望」
松田兄はこーゆーの似合う

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

-

だいぶうまく出来過ぎ感はあるけど。あやうく泣きそうになった 笑

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

この女の子鬼カワ、急にデカくなりすぎだけど
オマールシーは常にイケメン
家がステキ
なんかフランス映画っぽくないな
題名に納得
涙腺にめっちゃ注意 以上。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

全ての人に居場所があるんだ、素晴らしい最高‼︎とはならない映画だった...序盤で、あぁこれは人気出そうだわ、と思った
ザックエフロンの成長具合に泣きそう 以上。

通学シリーズ 通学途中(2015年製作の映画)

-

中川大志と福士蒼汰の見分けがやっとできるようになった。

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

-

何で観たのか謎だが、ただの言葉の暴力と服従とモラハラじゃん...って泣いた。世の人々はこれできゅんとなるのか...

ちいさな哲学者たち(2010年製作の映画)

4.0

パリ近郊のZEPにある幼稚園で哲学の授業を取り入れたドキュメンタリー
何を言っても絶対否定しない先生がいいね。子供の発想って限界がなくてすごい
“大人とは?” “友達とは?”“愛とは?”とか難しいな.
>>続きを読む

禁じられた歌声(2014年製作の映画)

3.9

いつでもどこでも自分の好きな歌、唄える世界がいいね。
コーランの解釈次第でこーなるんだもんなぁ...様々なこと思う
全てが混沌としているなぁ。凄く難しいし腑に落ちることはない

愛の渦(2013年製作の映画)

-

麦ちゃんと池松くんの演技力すごい...主役なはずの彼らの台詞の少なさ。新井さんかっこいい
もっと、密室劇っぽい心理戦だと思っていたよ...
⚠︎台詞小さいな、って音量上げるとびびる。

偶然にも最悪な少年(2003年製作の映画)

3.8

中島美嘉のセーラー服姿尊い。俺韓国人だから〜。っていうのを武器に。重いようで軽く、ぶっ飛んだ世界観、嫌でない。

神は死んだのか(2014年製作の映画)

3.4

実際の訴訟が元だがどのくらい反映してるのかな。有神論か、無神論か、反有神論か。“証明”は理論的で、私情と一番遠い位置にあるべき。
キリスト教福音派の宣伝映画?って部分ある。今のアメリカで大ヒットし
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

4.6

「名前ってなに?バラと呼んでる花を別の名前にしてみても美しい香りはそのまま」
日本人でも朝鮮人でも韓国人でもない。国境なんか俺が越えてやるよ

NANA2(2006年製作の映画)

-

かつての青春映画に欠かせない成宮寛貴がいる...ブラスト完璧

NANA(2005年製作の映画)

-

約10年ぶりに観たが覚えてるもんだ。愛しの中島美嘉が演じたナナが、大好きだった。ヴィヴィアンと蓮のタトゥーとタバコ

パッチギ!(2004年製作の映画)

4.3

「お前は何を知っとるんか」1960年代京都。日本と朝鮮。
朝鮮半島を取り巻く状況、『イムジン河』の曲に込められた思い。それぞれにとっての自由と平和。
沢尻エリカいいね。
一つ、もっと韓国語話せよとツッ
>>続きを読む

好きだ、(2005年製作の映画)

-

「好きだー!」じゃなく「好きだ、」が溢れ出てる。邦画ならではの距離感。口数の少なさ。静かな話。
内容より、長回し撮りとアングルが凄かった。
言いたいときに言いたいことを言っとくべきだ。

ペタル ダンス(2012年製作の映画)

-

ほぼアドリブはすごいな。流れる映像と時間。私は、安藤サクラの声が好きなんだ。風のようにさらっと出演していた韓英恵が重要

にがくてあまい(2016年製作の映画)

-

林遣都と真剣佑。料理姿の清潔感が素晴らしい。飯テロ映画

RISE UP ライズアップ(2009年製作の映画)

-

ただ、林遣都の美しい学ランが観れる。太賀が若い。若干涙腺がやられ、負けた感

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

-

いつかの記録。スポーツしてる林遣都は鬼かっこいいんだ。。

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

-

めちゃほっこり。邦題がダサすぎ。ネタバレせずして感想述べらんない

はちみつ色のユン(2012年製作の映画)

-

朝鮮戦争後、ベルギーに養子に貰われたJung監督自身の自伝。アイデンティティとは。la couleur de ma peau est mielっていい。
途中の韓国語訛りのフランス語が下手 笑

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

-

基本、思う存分引っかかってしまう。よくできてる。モーガンフリーマン良き

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

色彩も音楽もスピードも話も、めちゃ騒がしい。声がめっちゃ星野源で、主題歌はめっちゃアジカン。サブカル感。
クセがすごいんじゃ...ね。。

青い春(2001年製作の映画)

4.7

昔の松田龍平、松田優作にソックリ。不良なのに学校大好きやん。屋上の散髪、謎な園芸。ツッコミどころ満載。何気にいい言葉があんだよなー。数々の好きなシーンがあった。
見入る最後。エンドロールの最後まで見て
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.4

「ありとあらゆる言葉は聞こえてくるのに自分の声は誰にも届かない」ってのを意識して監督は作った。
それを踏まえて見るとだいぶ引き込まれた。鬱屈な映像、最果タヒの詩。好きだった東京の懐かしい風景が違って見
>>続きを読む

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

-

俺映画好きなんだよねぇー。よし、拉致して作ろうぜ。ってなるんだな...
でもきっと本当に好きだったんだね。何かが違えば何かが違った。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

-

*スタジオジブリではない
全てにおいてデジャヴュ感。
2次元の神木隆之介安定説。
ホグワーツ?ってなった。うーん...何かが足りない

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.1

ゆづるいいな。
聲って漢字が個人的に好きです。君に生きるのを手伝ってほしい。

東京フィアンセ(2014年製作の映画)

-

J’aime bien l’acteur de Rinri. Sinon, les expressions d’Amelie Nothomb sont un peu particulières et >>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.6

「疑ってんじゃなくて、信じてんだろ」 ってセリフが好きでした。出演者が豪華すぎて画面眩しい。やり場がないのね。信じたくなければ疑うことさえないからね。この映画自体が一種の怒り。

>|