YusukeTaruyaさんの映画レビュー・感想・評価

YusukeTaruya

YusukeTaruya

批評家みたいな感想を書かずに、映画の面白かったところを見つけようと努力しています。(2018/1/12)

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

公開一週目くらいに鑑賞。
北朝鮮がミサイル落とす~みたいな時期に観たから「戦争ってやべーな」ってとにかく月並みな衝撃を受けたことを覚えてる。

『ダークナイト・トリロジー』や『インターステラー』、『イ
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.5


当時は同性愛者間で発症すると認識されてたHIV。
南部のカウボーイ何ていうゴリゴリの保守的なイデオロギーを持つ主人公にとってそれは到底受け入れがたくて、自分自身が病気と戦いながらも、本当に効く薬を患
>>続きを読む

シャフト(2000年製作の映画)

2.5

お決まりの昼ドラにありがちな「勧善懲悪」ストーリー。20世紀末の白人のパラダイムをサミュエル・L・ジャクソンが演じるのが皮肉でしかない。

ちょこっと黒人差別に立ち向かう反権力、ハードボイルドな主人公
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.5

これが実話なのがまたいい。

多少の脚色はあれど、実話はもっと素敵なところが更にいい。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.0

二回も劇場で観たのにマークし忘れてた。


再定義される“Choose Life”は、
「あの頃は」とテレビを見ながら懐古主義に浸る今の英国市民に向けられたメッセージだろう。


一作目がEU設立にな
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

3.0

新宿バルト9

クリスチャン・ベール目当てで鑑賞。残酷な真実を伝えるアメリカ人記者の役。彼女への嫉妬など、うまくハマってた。

オスカー・アイザックの演技も見事でスター・ウォーズシリーズのポー・ダメロ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

新宿TOHOシネマズ


際限無く膨張する憎悪に胃がキリキリ痛みながらも、スクリーンから目を離すことができなかった。


エンディングは鑑賞者にとって設問として機能する。
「あなたはハービーデントか?
>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

3.0

世界観もストーリーもカオス。ポリティカルコレクトネスを遵守してるようでしてない。でも、そこがよかった。脱ハリウッドを目指してるような印象を受けた。続編が出てきたらまた観たいなと。

アフター・アース(2013年製作の映画)

2.5

ラッパー出身のドル箱俳優ウィル・スミスが息子とW主演、っていうWhat a hollywoodな作品。
『インデペンデンス・デイ』、『メン・イン・ブラック』よりも高い1億ドルの制作費、そりゃメディアは
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.5

色んな要素がオーバーロードしてたのに、不思議とまとまっていた。主人公(ジョゼフ・ゴードン・レヴィットの方)が未来を見通し始めた時に、ストーリーを見通して名残惜しい気分になったのは自分だけではないはず。>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.0

ケリー・マリー・トランと彼女の演じる脚本が乗算的に作り出すノイズがなければもう少し楽しめたのだろうか…?

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

今作『オール・ユー・ニード・イズ・キル(原題:Edge of Tomorrow)』は、「日本原作」「トム・クルーズが主演」など地雷臭ただよい、ともすれば映画が好きで鑑賞頻度の高い人ほどパスしてしまいそ>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

3.0

ゲイリーオールドマンってこんな役もできるのか

セッション(2014年製作の映画)

3.0

主人公のフロー状態を、少しでも体感できたなら、この映画を見てよかったと感じられるはず。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

ヴォルデモートありきのハリーポッターだと再認識。敵のインパクトがもう少しあれば。。。

次章はあのグリンデンバルトが出て来るということで期待大!

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.0

晴れ晴れするほど子気味の良い(主観的)勧善懲悪ストーリー、

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

Goodだったけど、この手の物語は日本の方がクォリティ高く書けそう

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.5

「即死」が強烈すぎて。。

小学校の頃狂って見てたから、思い出補正でこの評価

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

マリオン・コティヤールってもともとこういう役柄演じるんだね

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

TOHOシネマズ新宿

アベンジャーズ正史上の一大イベントであるシビルウォーに登場しなかったソーとハルクを中心に描かれた今作。



Led ZeppelinのImmigrant Song最高の曲選な
>>続きを読む

バビロン A.D.(2008年製作の映画)

3.0

後半の急展開は、描写不足感は否めなくて、多分制作費の問題があったのだろうなと推測。

SF系では決して悪くない方だけど、もっとお金をかけてたら、後半がもっと面白い作品になったんだろうな。

多分本気で
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.5

アメリカン・ニューシネマは体制への反抗が描かれることが多いが、自由が手に入ることはない。

本作は代表的な作品群の中でも『タクシー・ドライバー』と並んで後期に製作、上映されたものだけれども、それにふさ
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.0

現代を知ってるからこそ薄暗い雰囲気の近未来に感興がなかったけど、上映時に見た人にとってそれはそれは衝撃的だったのだろう。

バックトゥザ・フューチャーIIはブレードランナーの薄暗い未来観を払拭するのに
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.5

この映画、出会うのが遅すぎた。


ここぞというときに現れるポールニューマンの演技の迫力さたるや。お芝居ごっこ優勝は文句なしに彼だ。

かたやフッカーを励ます時の、父親のような目。ブルーなのに温かさに
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

『イミテーション・ゲーム』の直後に続けて観たから、主人公の性格を混同してる……

どれほど事実に脚色か分からないけど、どの登場人物にも共感できる。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.5

予備知識がなかったので、イミテーション・ゲームという題意が分かった時とても興奮した…!

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.0



"シンギュラリティ"というのは人工知能が人間の能力を超えることを意味し(ざっくり)、2045年に到達すると云われている。

シンギュラリティの到来によって起こる出来事を網羅的に描いたのが『トランセ
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.5

二回ぶっ続けててみても理解が難しい…!

Filmarksとかブログとか色んな解釈を読んで、こういう解釈もあるのか〜と感心するのが大変楽しかった…!

今年中にデイビッド・リンチ攻略しようと思いました
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5


MCUの面白さの1つは、「現実」にコミットしていることだと思います。
ヒーローがヘマをしたり、ヒーロー映画の雰囲気をぶち壊すようなジョークを並べ立てたりするところに、フィクションと分かっていながらも
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

1.5

アメリカの世相を反映した
100%王道の勧善懲悪なストーリー。

マーベルシリーズがパラダイムシフトで魅せる映画なら、DCエクステンデッドは伝統的なヒーローのスタイルの踏襲をウリにするんだなと、この映
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

3.5


個人的な体験ですが、LAからラスベガスへの移動中 途中、アメリカ南西部(多分ネバダ州)のモーテルを通りがかったとき、「本当に何も無い」という感想しかありませんでした。

考えてみると、アメリカの国土
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

2.0


火星に取り残された彼の心境を追体験するには描写が不十分で、かといって見守るには緊張感がイマイチ無かったように思えます。


ところで中国のくだりは何だったんだ…

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.0


ポールオースターの小説にありそうなストーリー。

この映画にヒーローは存在しないし、
シンギュラリティや相対性理論などの広大な概念もないけれども、

時間軸の分解と再配置が、物語に奥行きと一人称的視
>>続きを読む

>|