ゆうまりさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうまり

ゆうまり

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.1

フランスの雪国で起こったひとりの女性の失踪事件が遠く離れた国へと「偶然」をテーマに複数の視点で絡み合うサスペンスミステリー。

殆ど満席でした😂

非常に面白かったです。好みの作品でした。
脚本の妙が
>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.9

高齢者たちから資産を搾り取る悪徳後見人ビジネスを展開する主人公をロザムンド・パイクが演じるクライムサスペンス。

ほぼ満席だったと思います😥

宣伝コピーの「100%共感不能!なのに爽快!」はまさに言
>>続きを読む

The Hand of God(2021年製作の映画)

3.1

1980年代の激動のナポリを舞台に、少年の成長を描いた作品。

NETFLIXの先行上映作品。

とにかく長い😂
前半と後半でガラッと変わりますが、その後半を活かす?為の前半のコメディノリがちょっと合
>>続きを読む

天才ヴァイオリニストと消えた旋律(2019年製作の映画)

3.9

21歳の初コンサートの日に失踪した、将来を嘱望されていた天才バイオリニストと彼と兄弟のように育った友人の話。

タイトルの「THE SONG OF NAMES」の意味は作品の中で明らかになります。
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.7

VENOM第二弾。

時間の都合でatmos鑑賞。

前作より楽しめた気がします。
ちょっとコメディ要素が増えたかな?

単純なストーリーでテンポも小気味良いので、難しく考える事無く、ベノムVSカーネ
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.0

ピノコの話。

誰ですか、怖くないなんて言ったのは😭😭😭😭😭😭😭😭

もう前半めっちゃ怖くて3回くらい心臓が止まるかと思った😂

アレが落ちて来た時、ゲラゲラ笑ってる人いたけど、何が面白いんだよ〜😫😫
>>続きを読む

スパゲティコード・ラブ(2021年製作の映画)

3.5

誰もいない森の奥で一本の木が倒れたら音はするか?
アイドル役で出演もしている≠MEの曲ですが、この哲学論?に基づいた東京に住む13人の若者の物語。

全員何らかの形で関わるのかと思ってましたが、そんな
>>続きを読む

ダ・ヴィンチは誰に微笑む(2021年製作の映画)

3.5

レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされる『サルバトール・ムンディ』をめぐるドキュメンタリー。

結構混んでてびっくりしました。
先日行った「ゴッホ展」も混んでたし皆さん絵画が好きですね←

絵画の
>>続きを読む

消えない罪(2021年製作の映画)

3.9

とある罪で服役していた主人公が出所後、離れ離れになった妹を探そうとするが、そこに待ち受けていた社会の冷たさを描いた
これまたNETFLIXの劇場先行作品。

サスペンスドラマですが、終始緊張感もあって
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.5

トニー賞やエミー賞を受賞したブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品。

手紙と嘘がキーワードなのですが、その嘘は"思いやり"というよりは自分勝手な嘘に感じました。

もし、露見しなかったらそのままな
>>続きを読む

昨日より赤く明日より⻘く-CINEMA FIGHTERS project-(2020年製作の映画)

2.7

6編からなるオムニバス短編映画。

阿部純子さん案件

各作品ともEXILEグループの人かな?(ごめんなさい。詳しく無いです。5話目の人と6話目のメンディーさんは知ってました)が主演。

各作品の星は
>>続きを読む

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実(2020年製作の映画)

3.5

1941年、ドイツの侵攻によりモスクワ陥落の危機に瀕したソ連軍が訓練中の学生兵3500人を前線に送り込んだ実話に基づく話。

戦闘シーンが激しかったからなのか、仕事帰りに観たからなのか、劇場の空調が暑
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.2

舞台は1925年。
牧場を営む兄弟とそこの弟に嫁いできた未亡人と息子の話。

NETFLIX作品で、ベネチア国際映画祭銀獅子賞作品。

原作未読

「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン監督の実に
>>続きを読む

モスル~ある SWAT 部隊の戦い~(2019年製作の映画)

3.5

イラク第二の都市モスルを舞台に、ISISに家も家族も奪われたSWAT部隊のゲリラ作戦を描いた実話に基づく話。

最初に"製作者の意図により字幕を表示しない箇所があります"とテロップが出ました。

銃撃
>>続きを読む

ミュジコフィリア(2021年製作の映画)

2.8

現代音楽をテーマにした青春群像劇&京都のご当地ムービー

漫画原作未読。

都内だと立川と日比谷しかやって無いからか、まぁまぁお客さんは入ってました。

申し訳無いですが、全編通して薄っぺらく、中身が
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

3.7

ミュージカル「RENT」の作曲家ジョナサン・ラーソンによる同名の自伝ミュージカルをもとに映画化した作品。

Netflix作品。

さすがに「RENT」は知っていましたが、ご本人がそれを観る事無く若く
>>続きを読む

皮膚を売った男(2020年製作の映画)

4.2

国内にも国外にも居場所の無いシリア難民の主人公が偶然出会った世界的アーティストから、背中にタトゥーを入れて彼自身がアート作品になることを提案される話。

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作
>>続きを読む

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

2.1

潔癖症と視線恐怖症と寄生虫の話。

原作?未読。

いや、酷いねこれは(笑)
ストーリーに統合性も中身も無いのが致命的。

良くこれを映画にしようと(公開しようと)思ったね😅

小松菜奈さんを愛でるだ
>>続きを読む

カオス・ウォーキング(2021年製作の映画)

3.1

汚染した地球を離れ、女性が死に絶え、男は相手に思考が全部見えてしまう星「ニュー・ワールド」に移住した人類とそこに突然不時着してきた女性の話。

原作未読ですが、設定だけみると小説は面白そうにも感じます
>>続きを読む

シノノメ色の週末(2021年製作の映画)

2.8

母校の女子高校が取り壊しになる事になり、隠したタイムカプセルを探しに集まった3人のアラサー女子の話。

浅く薄っぺらいストーリーに演出、映像と何1つ観るべき所がありませんでした😅

せっかく美人のキャ
>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

3.3

ULTIRA鑑賞。
観客1桁😭

爆発事故で鉱山に閉じ込められた作業員達を救う為にトラックで巨大な救出装置をアイスロードと呼ばれる氷の張った道で運ぶ話

話は良くあるパターンで先の展開は読みやすいです
>>続きを読む

アンテベラム(2020年製作の映画)

3.7

見終わった後、タイトルの意味を知って得心。
これから鑑賞予定の方はタイトルの意味も事前に調べない方が楽しめると思います。

ネタバレサイト観ると至る処に伏線が貼ってあって、映画を思い返しながら読むと楽
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

4.6

1990年代からコロナ禍の2020年まで、時代を彩ったカルチャーを交えつつ、テレビ業界の末端で働き続けた青年の恋と友情を描いた作品。

原作未読。

世代もあってか、めちゃめちゃ刺さりました😭 最後ホ
>>続きを読む

ほんとうのピノッキオ(2019年製作の映画)

3.8

イタリアの児童文学、ピノキオの話。

ポスター画の雰囲気やダークファンタジーうんぬんというコピーに騙されて?想像していた話とは違いました。

もっと闇深いのかと思っていたらほぼ原作に近い感じでした(そ
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.0

サノス以降、新たに人類に訪れた脅威に、7千年前から人類を陰から見守ってきた不死の種族、エターナルズたちが姿を現し謎の生物を討伐する。

IMAX鑑賞。

面白かったです。
話も比較的わかり易かったです
>>続きを読む

MONOS 猿と呼ばれし者たち(2019年製作の映画)

3.0

南米のどこかの山岳地帯で人質のアメリカ女性を監視しながらゲリラ活動を行う8人の少年少女の話

仲良くじゃれ合っていた仲間達に次第に亀裂が入って行く様を描いてるのですが、特にストーリーに惹かれる所は無か
>>続きを読む

アイの歌声を聴かせて(2021年製作の映画)

2.8

AIと歌のハートフル青春ストーリー。

待ち合わせまで中途半端に時間が空いてしまって、ちょうどこの作品がタイミング良かったので鑑賞。

2日続けてAIロボットアニメを観る事になるとは😅

アニメーショ
>>続きを読む

ロン 僕のポンコツ・ボット(2021年製作の映画)

3.6

友だちのいない一人ぼっちの男の子と、彼に届いた本来備わっている友達を探す機能が作動しない不良品のデバイスロボットの友情とは?を描いた作品。

観る予定にしてなかったのですが、評判良さげなので鑑賞🙆
>>続きを読む

モーリタニアン 黒塗りの記録(2021年製作の映画)

4.2

9.11の容疑でキューバにあるグアンタナモ米軍基地に連れてこられ、、起訴される事なく長期間勾留されたモーリタニア人の青年と、不当な勾留から救おうとする弁護士、死刑に持ち込もうとする軍の検察官の実話によ>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.0

瀬尾まいこさん原作で2019年の本屋大賞受賞作品。

原作既読。

血の繋がらない親を複数人持つ少女の話。

ラストが少し改変されていましたが、基本原作通り。

それぞれの親子の繋がりの描き方に深みが
>>続きを読む

彼女はひとり(2018年製作の映画)

3.5

ある出来事が原因で自殺したものの未遂に終わった女子高生の澄子。死の淵から戻った彼女の復讐劇とは?

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 国際コンペティション部門でSKIPシティアワードを受賞した
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク 4Kデジタルリマスター版(2000年製作の映画)

-

12/10から公開される4Kデジタルリマスター版の有料先行上映にて鑑賞。

2022年6月に国内上映権利が終了するため、今回が日本最後の劇場ロードショーだそうです。

鬼才ラース・フォン・トリアー監督
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

3.7

受験間近の女子高校生が好きな相手の為に手段を選ばず気持ちを近づけようとする話。

綿矢りさの原作未読。

こういう独占欲、嫌いじゃないです。
主人公みたいな女の子、苦手な人も多いと思いますが自分は少し
>>続きを読む

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

3.9

父子家庭の中学生の娘の家に再婚相手と連れ子の娘が加わり4人家族となった話

窪美澄の原作は既読ですが、短編集でしたし、読んだのは5年ほど前なので内容は若干忘却の彼方。

特に特別な事はおき無いのですが
>>続きを読む

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

3.6

全米雑誌大賞を受賞したエッセイを映画化した、末期癌宣告を受けた妻とその夫と夫婦の闘病生活を支えた親友の男の話。

感動もしたし、良い話ではあるのですが、時系列がちょこちょこ行ったり来たりするので、そこ
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.3

14世紀のフランスで実際にあった史実をベースに、フランス最後の決闘裁判を、被害者の夫、訴えられた容疑者、告発した被害者の順番に3章仕立てに分け、それぞれ3人の異なる視点で描いた羅生門的な作品。

原作
>>続きを読む

>|