ピピさんの映画レビュー・感想・評価

ピピ

ピピ

今年中にmark1000行きたいね。
邦画洋画問わず、商業インディペンデント問わず、
ラブコメ・ホラー、実写、アニメ…
何でもかんでも観たい人。
スコアは直感です。
ベストムービーももう全部1位だよ。

みなさまの感想読むのが好き。
私が大傑作だと思っても、駄作だろと思う人がいるのが面白いところ。
映画廃人。

映画(966)
ドラマ(34)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.6

ラストがすごく好きです。

カセットから、ダンスまで。

でもきっとやっぱりわたしはSFが苦手…

ジュラシックワールドは好きなんだけどな、マッドマックスも大好きなんだけどな…スターウォーズもそこまで
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

これまでのあらすじが宇宙の彼方に向かって流れていく演出がないなんて…お主スターウォーズシリーズじゃないな…?
って思いながら観ました。

でもスターウォーズネタにもっと詳しかったらもっと面白いのかな…
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.5

石井岳龍a.k.a.聰亙作品(立川シネマシティ公式が言ってた、好き)

訳分からんカオス映画だと思って観に行ったけど、前半は割としっかりしたお話があって面白かったです。

逆に後半のカオスに次ぐカオス
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.7

みーんな良い人たちで、みーんな良い人たちだな!!!ってなります。

オギーだけでなく、周りの人も主人公だと思える作りが好きでした。

オギーのユニークな性格は、あの家族あってだなと。

誕生からいろん
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

本物のうさぎじゃんって感じで可愛かった〜生意気うさぎ〜〜🐰もふもふ。

ピーターのお父さんがどうなったかも原作に忠実で、ちゃんとしてました。

すこーしデッドプールに似てて、観客も巻き込んで作品を楽し
>>続きを読む

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

2.5

トリアーがやったら感動した演劇セットを撮影する手法。

今作では全くもって一貫性がなく、なぜここで屋内?なぜここで野外?とあやふや。

もう映画じゃなくて演劇でやった方が良かったんじゃないか…と。
>>続きを読む

ネガティブ・スペース(2017年製作の映画)

4.5

アカデミー賞短編アニメ部門ノミネート作品。

アニメーションならではの演出が良いし、終わり方もすごく好き。

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.8

止まらない車ってだけでこんなに面白くてすごいと思う。

こういう映画いっぱいあるのはわかってるけど、フランス映画でこんなにバカやってくれてるってのが楽しい。

どんだけネタがあるんだ!ってぐらいに色々
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.5

ドランガチ勢なもんで、トコトン調べ上げてるもんで、知ってる情報語られて終わりました。私の調べは合ってたんだ!と安心。

そんなことより、みんなの恋人ニールス・シュネデールが髭面で膝から崩れ落ちたよ。
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.0

このサイケなパッケージから勝手に、
(これはぶっ飛んでる訳わからない系の秀作か…?)
と思っていましたが、
ちゃんとした秀作でした。

今じゃできない迫力満点のカーチェイス、爆破。なのに切なさもある。
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

5.0

私はウェスのアニメが好きだったのかとやっと気付きました。

Mr.FOXのベージュスーツ、ウェスとそっくり、てかほぼウェスでした。

『犬ヶ島』に比べてまだ雑さが目立ちましたが、ワクワク感が堪らなく好
>>続きを読む

アダプテーション(2002年製作の映画)

3.6

チャーリー・カウフマン役をニコラス・ケイジが演じた、ちょっと実話を元に作ってるであろうフィクション。

チャーリー・カウフマンの弟?役もニコラス・ケイジという異次元で、でもその仕草でどっちがカウフマン
>>続きを読む

イディオッツ(1998年製作の映画)

3.5

やっと観た、
障害者を演じる健常者集団の話。

音楽とかもあまりなく、手持ちカメラで撮られたドキュメンタリー風なんだけど、終始衝撃的で迫力がある。

『奇跡の海』でカンヌグランプリを取って、今作挟んで
>>続きを読む

ヒューマンネイチュア(2001年製作の映画)

3.9

全身毛むくじゃら女子VS
自分を猿だと思ってるターザン系男子VS
すぐ誘惑してくるパリジェンヌVS
ネズミにテーブルマナー教える博士!

全員キャラが強いんじゃあ…!
なんでネズミにテーブルマナー教え
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

この時間の描き方は、わたしは初めて観るパターンで、虜になり、静かなSFで静かに泣いてしまいました。

時の流れに縛られずに生きているモノはいるのだろうか。

考えさせられました。

ただ、結局彼らがな
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

-

名俳優・マルチェロ・マストロヤンニがかっこいい。

高校生の時に観た『脳内ニューヨーク』がこんな感じの映画だった気もする…どちらも妄想を描いてて、観てると訳がわからなくなる感じです、確か。

フェリー
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.6

続編公開前に前作再鑑賞。
最高にハッピーな真夏のミュージカル!

若い頃、3人の男性とひと夏の恋を経験した、元パリピ、ドナ(メリル・ストリープ)

その3人のうち誰かが娘ソフィー(アマンダ・セイフライ
>>続きを読む

劇場版 お前はまだグンマを知らない(2017年製作の映画)

3.0

ほぼドラマと一緒だった。。

群馬を知れるグンマー作品。
みんな群馬が大好き。

転校生が馴染んできたところで、その土地のこと話すと、「でも君転校生だよね、地元民じゃないよね」って排除するかんじ、すご
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.6

ドレスが本当にめちゃくちゃ良い。
作るところと作ってるお姉様方がめちゃくちゃ好き。

口紅のシーンが凄く良い。

違う展開を期待していた身だし、おじ様ウッドコックも女性アルマも好きになれず、えー…と消
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

全編iphoneで撮影された、インスタ映え抜群ポスター、母親役の女性はインスタでスカウトというこの作品。凄かった。

フロリダ・ディズニーワールドのすぐそばに、ウィレム・デフォーが支配人を務める、ピン
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

話の内容はすごく重いけど、なんかケイシーの真顔が面白かったり、台詞が面白かったり、救いのある感じが良かった。映像の透明感も良かった。

カンヌが好きそう!って思ったけどアカデミー総ナメだった。

過去
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

良かったけど、もっと描いてほしい部分がたくさんあった。フェードアウトが多かった。

けどあの家族のキャラも役者陣も良すぎて…実際監督が各世代の一番良い役者を抑えたイメージらしい。

松岡茉優ちゃんが安
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.5

やっとちゃんと理解できた…!
そして最高だった…しかも完全版あれもあれも追加されてる!うれしい!

絶叫爆裂マサラ上映体験しちゃったから、もう静かに観るなんてできそうにないよ。

バーフバリーーーーー
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画って近親者亡くなって仲間が裏切る作品多くない?これが韓国ノワールってこと??(韓国映画初心者)
出所後のオープニングが完全にブルースブラザーズだった。
たまにめちゃくちゃカッコいい2人のシーン
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

これが本当のママレード・ボーイじゃん。
甘酸っぱい。切ない。苦しい。

主演の二人が美しすぎる!これに限る!ずるい!映画としての話の展開がどうとか考えられなくなるぐらいの美貌!ずるい!しかも舞台が80
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

もふもふしたワンちゃんたちと男の子の主人公…可愛い日本語フォント…私の大好きなものが詰まってた…

北野にトシロウと(レディプレイヤー1も(三船)トシロウだったね)おなじみの日本名も満載で、ウェス監督
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

こうなるんだろうと読みきっていた通りの展開だったのに、観終わってズドンとのしかかる重み。

環境音で描かれた世界はまるでドキュメンタリー映画のようで、これがリアルなんだと感じさせる。

電話の保留音と
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

広島弁が効いてて良かったです…昭和の泥臭さ、暑苦しさが眩しかったです。

もうヤクザの似合う役者は『アウトレイジ』で出揃っちゃってるでしょと思ってましたが、そんなことなかったです。『アウトレイジ』はバ
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

3.6

現実はそうなんだよなと思った。

天文部の地味さ、軽音楽部の(たぶん文学部の中での)派手さ。

台詞のセンスが抜群に良かった。
編集の演出に驚いた。

たしかに相米慎二の香りがした。

スーパーの女(1996年製作の映画)

3.7

今も活躍する役者の20年前の姿を見られるのが楽しい。みんな若い。

話は単純だし茶番なんだけど、衣装とか音楽とかカメラワークが独特で(ミュージカルでも行けそうなぐらい楽しい)、そこが良かった。

有名
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.8

日本人より日本をリスペクトしてくれている原作者、スピルバーグ監督があってからこその作品!!!

にしてもKUBOとかパシリムとか犬ヶ島とか日本舞台作品が多い!

スピルバーグおじいちゃんなのに、VR世
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

3.0

廣木監督作品かつ吉沢亮さんなので観にいきました。

演出はオオカミ少女と黒王子と変わりないです。カメラが動くロングショット多め。
BGMの主張激しめ。

両親の関係が複雑でしたね。
私の読みは外れまし
>>続きを読む

グッバイ!ベルイマン(2013年製作の映画)

4.5

日本でのDVD化希望!

ノーザンライツフェスティバルで観た、ベルイマン追悼ドキュメンタリー。

ベルイマン作品名シーンと共に、偉大な映画監督・役者がベルイマンへの愛を語る。

実際にベルイマン宅を尋
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

ずっとピーク!
ずっとクライマックス!!
ずっと時速1万キロ!!!(?)

あとオカンの目力!笑うからやめて!
(あーアップにしないで!)

ポスタービジュアルにもなってる弓矢のシーンが大好きです。
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

4.0

監督の前作「走れ、絶望に追いつかれない速さで」よりも美しく爽やかで、朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、青柳文子の面々が、彼の描く世界に驚くほどマッチしておりました。

死という重い題材を扱っているにも関
>>続きを読む

>|