Train

不滅のあなたへのTrainのレビュー・感想・評価

不滅のあなたへ(2021年製作のアニメ)
3.5
原作は1〜15巻までレンタルで読了済み。(11巻までは3年前に読んだのでサールナイン島編からレンリル編は結構忘れてる) 原作を点数で評価するなら8/10点ぐらい。個人的には傑作の範疇の作品。今やってる現世編も目が離せない。

ファンタジー作品であっても人との出会いと別れ、社会の条理と不条理など我々が日々を生きる中で必ず訪れる"優しさ"や"痛み"の話にフィーチャーするあたりは正に『聲の形』の原作者らしい作品と言える。フシが人(動物)に変身する為にはその人(動物)が死んでいないと駄目だというルールが中々に殘酷。とあるフォロワーさんの感想にもあったけど「人間とは犠牲がなくては生を謳歌できぬ獣の名だ」というギルガメッシュの台詞を思い出す。皆を幸せにすることが彼の目的になっていくがその戦いには犠牲がつきもの。彼が戦うことを辞められるのは果たしていつなのか。彼の生き様を今後も見守りたい。

さて絵の方に関してだが正直な話全体的にのぺーとしてる感が多かった気がした。特にジャナンダ編は。それ故このアニメ版は点数は少し低め。アクションシーンもあんまりメリハリが無かった気がしたけど、漫画の絵やコマ割りとかが印象強いせいなのかな...

2期はレンリル編終了までやるのかな?(流石に尺が短いか?)確かレンリル辺りからフシの能力の設定が複雑なってて説明も多かったハズ。漫画だと気にならないことが映像化されると小さな粗でも結構目立つし、作画も高いレベルが求められるから若干不安があるのだが果たして大丈夫だろうか。