ANew

蜘蛛ですが、なにか?のANewのレビュー・感想・評価

蜘蛛ですが、なにか?(2021年製作のアニメ)
3.5
「転スラ」「このすば」に代表される異世界転生もの。よくある異世界転生ものと思いきや、差別化はされている。

転生者達はとある高校のとクラス丸ごと。物語開始時点での死亡者を除けば25名。同じ人族への転生者もいれば、エルフ、吸血鬼、モンスターと多種多様。
主人公の「私」は、なんと蜘蛛型モンスターに転生。大人気の「転スラ」では、スライムから後にヒト型へも変身可能になったが本作は常に蜘蛛。ただ厳密に言えばずっと蜘蛛のままで登場しているわけではないが。転生前は葉月というおとなしい子だったようだが、もしかして違う?というシーンもあり、アニメではあえてぼかしてある。

蜘蛛型モンスターになった「私」と、王子であるシュンの視点が切り替わることでストーリーは進む。一応主人公は「私」なのだが、途中からシュンのパートにもかなり尺が割かれるため実質ダブル主人公制となっている。

18話くらいまではトントンと話が進み飽きさせないが、終盤はダラダラし過ぎて退屈。しかも棒立ちシーンやあまり動きがなかったりと手抜きが目立ち始める。挙げ句に「私」の傲慢さが戦争招いたのに悪びれることがなく、ムカムカが強くなる。Wikiによると傲慢というスキルの影響だそう。

極めつけは何も解決せずに続編ありきの終わり方。こういう終わり方ならキレイなまとめ方をして次に……という形にしてほしい。
続編に期待大。