celica

家売るオンナの逆襲のcelicaのレビュー・感想・評価

家売るオンナの逆襲(2019年製作のドラマ)
3.5
『1』の最初の頃は、北川景子のあのキャラに違和感があったけど、数話のうちに慣れて、それがだんだん面白くなってきた。
今回は少しだけ別の表情を見せる部分があって、それも含めて面白かった。

ほかのメンバーも、過剰な表現なのに何故か自然に思えてしまう。特に仲村トオルと工藤阿須加の気弱な演技、そして松田翔太の「ありがと」に、どハマりした。
千葉雄大に関しては、本当に松田翔太の事を好きなんじゃないかとさえ思ってしまった。

物語に関しては、問題となる部分の解決法がいつも意表を突いていて、目からウロコ……と言える程の回も多かった。
「吹き溜まりの殿堂」とか“考え方”について考えさせられた。

私も「落ちた」