べらんだ

純と愛のべらんだのネタバレレビュー・内容・結末

純と愛(2012年製作のドラマ)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

忘れられない朝ドラ。まさかの最終回で愕然。

家族がひどすぎる主人公は、空回りしがちだけど前向きでかわいかったのに、ひどすぎる家族やまわりにありえないハラスメントを受け続ける。見えないものが見え、聞こえないものが聞こえちゃうパートナーと支え合って夢を叶える話かとワクワクしてたのだが、惜しいところまでがんばったのだが^^;

遊川和彦さんの作品は、高校教師・家政婦のミタ・〇〇妻を観たけど、えーっていうラストばっかり。毎回、ハッピーエンドを最後まで期待するんだけどはぐらかされます。

生い立ちや家族環境がつらかった主人公が頑張る話が多いだけに、そこはハッピーエンドを期待しちゃうんだけど、そうしないことで、のちのちまでトラウマ的に忘れられないドラマとなってしまうのであった。

純と愛も好きなドラマですけど、トラウマ的に忘れられない。