ユナマリア

タイガー&ドラゴンのユナマリアのレビュー・感想・評価

タイガー&ドラゴン(2005年製作のドラマ)
5.0
■2回目(2021/1/3)
古典落語と現代劇をミックスさせたクドカンらしい人情コメディ。

古典落語が大好きだから、とにかく終始最高の気分で観れる。

長瀬智也演じる小虎による脚本が本当に面白いし、良く出来てるなと感心する。

最後にクレイジーケンバンドの主題歌と共に小虎が顔を上げる瞬間に、最高のカタルシスを感じる事が出来る。


■1回目(2005/6/11)