流之助

THE MENTALIST/メンタリスト<シックス・シーズン>の流之助のレビュー・感想・評価

2.9
最終回はもうこの結末でOK!そんな感じ。ラストに行くにつれて展開がもう読めていくんだけど、ジェーンが普通じゃない男なのはこれまで見てきて分かってるし、普通じゃない男がタイプなテレサと相性が良いのも分かってる。チョウがおとぼけ、アボットは妻帯者の余裕かお見通しといった感じ。とにかくジェーンが幸せになってくれればいいやん!それがシーズン1~6の最終回まで見た私の感想。
ここで、シーズン通しての感想。とうとう真のレッドジョンとの決着を経て海外で暮らすジェーンはテレサとだけは連絡を取り合う。CBIからFBIへ舞台が大きくなってもジェーンのむちゃくちゃぶりは健在で当たり構わず振り回す。それに周囲が乗せられてしまう流れはお決まりだけど楽しい。そんなふうに終始、他人を振り回しまくったジェーンがなりふり構わず足首をくじいて無様に走りながらもテレサに本心を打ち明ける姿にグッとくる。テレサの隣のおばちゃんが視聴者を代弁してて面白かった。大切な人にこそ本心が言えない。なんだか、ワトソンが結婚して221Bを出るときのホームズみたいに見えてほっこり。
事件は割と壮大になりつつも、レッドジョンという大きな軸を失ってからは緊張感がトーンダウン。代わりにジェーンたち主要登場人物のヒューマンドラマに重点がシフトされたような印象だった。