はるる

愛という名のもとにのはるるのネタバレレビュー・内容・結末

愛という名のもとに(1992年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!
江口洋介はほんとに存在感あるよなぁ
ハマり役すぎ
この人がいるかいないでは大きな違い。
ちょろが亡くなったのは本当にびっくりした。こんなドラマなかなかないよね。
ラストも野島さんならではの終わりって感じで良かった。