100

101回目のプロポーズの100のレビュー・感想・評価

101回目のプロポーズ(1991年製作のドラマ)
3.5
野島伸司の割には結構行き当たりバッタリと言うか薄い内容をなんとか毎週面白くしようと悪戦苦闘してたんじゃないか。という印象でした。
武田鉄矢と江口洋介の兄弟愛が可愛いし、田中律子と江口洋介、石田ゆり子それぞれが可愛い。
特に江口洋介が良かった。生きてるキャラという感じで、近年のドラマにない感情移入させられるキャラクターに脚本と江口洋介の演技でできあがっていて、彼がいるだけで面白みが増していた。
野島伸司にしては…ということで3.5です!