TOT

ナルコス:メキシコ編のTOTのレビュー・感想・評価

ナルコス:メキシコ編(2018年製作のドラマ)
4.1
元警官の麻薬王と警官。
同じ道を歩んだかも知れぬ二人の男を軸に、グアダラハラ・カルテルの誕生と隆盛を経てDEAの歴史的悲劇であろうキキ・カマレナ事件に至るドラマ。
コロンビア編より地味かと思いきや、やはり面白い。
前3作とはまた違うアプローチで、メキシコ麻薬戦争の始まりを語り、Ep5で現れる彼らがフェリクスの鏡‬となって物語をブーストさせる。
好きなキャラはディエゴ・ルナ演じるフェリクスとホセ・マリア・ヤスピク演じるフエンテス。
S2も楽しみ。