TOTさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • TOTさんの鑑賞したドラマ
TOT

TOT

映画(1489)
ドラマ(73)

アンビリーバブル たった1つの真実(2019年製作のドラマ)

3.7

女性が守る女性の尊厳を丁寧に描く製作陣もまた女性。
被害者少女が追い詰められていく様に気持ちが沈みまくったところで、爆イケなトニ・コレットが登場して物語に光が差し込み出す。
女だらけのビリヤード場シー
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

2.0

90年代Jホラーを視点を家に変えただけ。
ホラーには女性を嗜虐する、または女性を恐ろしいものとして描く美しさ、様式美があることは認める。
でも、女性蔑視の嗜虐を、20年代の今また繰り返すことに無理があ
>>続きを読む

0

またの名をグレイス シーズン1(2017年製作のドラマ)

3.9

原作未読。
彼女はいかにして女性殺人者になったのか、有罪か無罪か。
そうでなければ生きれなかった、移民女性が受けた仕打ちの苛烈。
彼女と向き合う学者の苦悶。
ホルクロフトくん相変わらずいい声。
クロー
>>続きを読む

0

モーツァルト・イン・ザ・ジャングル シーズン2(2015年製作のドラマ)

3.8

‪ロドリゴの憂鬱、ヘイリーの変容、それぞれに愛情と仕事を謳歌しながら大人な距離でつかず離れずのじれったい恋模様。
労使交渉や理事会など、いよいよジャングル感が出てくる楽団内のイザコザも楽しい。
メキシ
>>続きを読む

2

ウエストワールド<ファースト・シーズン>(2016年製作のドラマ)

4.1

アンドロイド版ジュラワと思いきや、園内の精緻な細部、西部劇世界における女性への辟易するほどの暴力、翻って自我が目覚めて反撃開始した時の振り幅。
途中、あまりの暴力に辛くなったけど意外なラストも含めて鬼
>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.3

シーズン1の十代の性への優しい視点から、恋愛の多様性へ。
カップル地殻変動の予定調和はさておき、アダムのシーンだけはアホほど観た。
ってか、シーズン1よりアホになってないか、アダム。
まぁいいや。
>>続きを読む

0

きのう何食べた?(2019年製作のドラマ)

3.5

良配役。良演出。
特に内野さんのケンジがいい。
ほぼ原作通りの脚本だが、漫画では成立するけど実写では成立しないようなシーンでの、コマとコマの間を埋めるような台詞作りもうまい。
原作連載開始が10年以上
>>続きを読む

0

義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル(2020年製作のドラマ)

3.0

高岡蒼佑のために見ました。
孤独なシングルファーザー役。
彼の複雑な生い立ちも頭をよぎって涙が出た。
配役と小道具の野球ボールは、『ルーキーズ』の演出である平川雄一朗さんの采配でしょうか。
ありがとう
>>続きを読む

0

きのう何食べた?お正月スペシャル(2020年製作のドラマ)

3.5

ドラマシリーズの時より更に原作の余白を広げるような脚本。
1時間半あっというま。
小日向さんの料理作り置き劇場ワラた。
昔なら忠臣蔵見てた時間帯に何食べ見てるの感慨深かった。
2020年だね〜。
また
>>続きを読む

0

リトル・ドラマー・ガール 愛を演じるスパイ(2018年製作のドラマ)

3.0

物語はル・カレ印な面白さだけど、演出にパク・チャヌクらしさは感じられなかった…

0

チェルノブイリ(2019年製作のドラマ)

4.5

このドラマがロシアではなくアメリカで作られたことが凡ゆる腑に落ちなさの始点だろうけど、未曾有の人的災害をエンターテイメントにする演出の巧さはアメリカ産だからこそとも思う。

0

ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン3(2018年製作のドラマ)

4.3

楽しさと悲しさ、ホラー強度を更新してきた最新シーズン。
ジムとイレブンの擬似親子愛にほろりときたり、恋愛や友情に悩む子供たちの成長に目を細めたり。
何を言ってもネタバレになってしまうけど、あの人が消え
>>続きを読む

0

アメリカン・ホラー・ストーリー(2011年製作のドラマ)

3.0

セックス!ホラー!オカルト!バイオレ〜〜〜〜ンッス!!!!!
時系列はわかりにくいが、サービス満点。
大島てるもビックリの事故物件。
こんな家に住みたくない。
エヴァン・ピーターズかわいいじゃねぇか、
>>続きを読む

0

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)

4.5

セントラルパークジョガー事件で人種差別から冤罪となった少年たちの実話ドラマ。
14歳から16歳の罪無き彼らが、ひとりで長時間飲まず食わずの尋問を受け、自白を強要される。
地獄の服役、出所後に待つ無理解
>>続きを読む

0

ハウス・オブ・カード 野望の階段 ファイナル・シーズン(2018年製作のドラマ)

3.0

コーディ・ファーン目当てでS6だけ鑑賞。
美しい母ダイアン・レインの美しい息子役。
ワルい子…しかしそれ以上にシェパード家はおつらみ…。

0

アンブレラ・アカデミー シーズン1(2019年製作のドラマ)

3.5

懐かしオールディーズがよい。
わりとベタで展開が読めちゃうのが玉に瑕。
ヴァーニャが哀れでしんどいな。
クラウスとベンが好きです。

0

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章(2019年製作のドラマ)

3.5

E1〜E3まではまだ良かった…。
E4はファンフィクみたいだったね。
全体としてS1〜S7よりはグンと落ちるし、せめてE10まで作れば良かったのにとか、そもそもハッカーが脚本盗んだのがよくないんじゃ…
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編-(2014年製作のドラマ)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最終シーズンに向けてリピート中につき以下メモる。

E1
タイウィンがエダードの持っていたスターク家のヴァレリア鋼の剣を溶かし、新たに2本の剣を作らせている。
1本をジェイミーに。
タイウィンはジェイ
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編-(2013年製作のドラマ)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

最終シーズンに向けリピート中のため以下にメモる。

E1
開始早々にワイツに襲われるサム。
イグリッドに連れられて、ジョンが野人の住処に到着。
マンスレイダー、トアマンド初登場。
ロブとキャトリン、ル
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突(2012年製作のドラマ)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

皆んな方々で大活躍するので少しゆるっとしてる(ゲースロ比)。
ジョンは壁の向こうで野人に捕まり、アリアはラニスターパパに従事したり、ロブは彼女と出会ったり?
ブライエニーとメリサンドル、シェイ、オシャ
>>続きを読む

0

セックス・エデュケーション(2019年製作のドラマ)

4.5

ティーンと性のあれこれを、童貞によるセックスセラピーで切り取る超優良健全青春コメディ。
Ep1から面白いんだけど、Ep8の展開にうぉぉぉぉぉ早く続きを見せてーーー!!とテンションだだあがり。
オーティ
>>続きを読む

0

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 シーズン2(2018年製作のドラマ)

3.7

うんざりするほど同じことの繰り返しでエリザベス・モスの苦行顔アップにも大概飽きてきたけど、ほぼ惰性で観る。
ep6でX-Ray Spexが流れた時はテンション上がった。

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章: 氷と炎の歌(2017年製作のドラマ)

4.7

ラストシーズンに向けたステップ。
皆んな移動が早いな。
読めてた展開もありつつ、そのキャラそんなにあっさり死ぬの?みたいな寂しさありつつ。
はー次で終わっちゃうのかー。寂しい

0

Looking/ルッキング(2014年製作のドラマ)

4.5

サンフランシスコの光溢れる景観も素敵な、ゲイ男性の恋と仕事三人三様。
観たらこんなに恋がしたくたる系と思っておらず、誰だよ〜こんな日常ときめきストーリー作ったの〜〜〜!!!って悶えていたら、そうでした
>>続きを読む

0

Looking/ルッキング シーズン2(2015年製作のドラマ)

4.5

E8とE9のエンディング選曲がズルい。
スペシャルのThe Movie の方は配信予定ないのかな。
とりあえずリッチーを幸せにしてください(パトリックてめぇこんにゃろー)
またリッチーに会いたい。

2

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから(2016年製作のドラマ)

4.5

「人生がどんなに酸っぱいレモンを差し出してもレモネードを作ることはできる」この強力なサビを繰り返しつつ毎回キラーフレーズが飛び出して、よくある感動モノと油断してた私の瞼が毎回腫れる。
展開も泣かせテク
>>続きを読む

4

ナルコス:メキシコ編 シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.1

元警官の麻薬王と警官。
同じ道を歩んだかも知れぬ二人の男を軸に、グアダラハラ・カルテルの誕生と隆盛を経てDEAの歴史的悲劇であろうキキ・カマレナ事件に至るドラマ。
コロンビア編より地味かと思いきや、や
>>続きを読む

0

ナルコス シーズン3(2017年製作のドラマ)

4.2

S2までのエスコバルのカリスマ性で引っ張る作劇から、カリ・カステルのメンバーが群雄割拠して多彩な個性が魅力ある作劇に。
まぁもうなんと言ってもパチョが好き。パチョ最高。パチョ命。
パチョが気がかりで最
>>続きを読む

0

ナルコス シーズン1(2015年製作のドラマ)

4.2

悪い奴ほど家族思い。
でも裏切ったら即コロす。
まあ毎回毎回ようけ人が死ぬこと。
実話に基づいた規格外の面白さ。

0

このサイテーな世界の終わり シーズン1(2017年製作のドラマ)

3.8

YouTubeの『Wayne』ついでに鑑賞。
二人の主人公の予測できなさが気になって最後まで見た。
モラトリアムなラストは、雰囲気はいいけど物足りなさも。

0

Wayne(原題)(2019年製作のドラマ)

4.2

マサチューセッツからフロリダへ、正義感が強い16歳のウェインが想い人デルと共に父の車を取り戻すため東海岸をダートバイクでひた走るロードムービー。
誰かを助け、傷つき、失い、血と暴力とFワードにまみれた
>>続きを読む

0

アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺(2018年製作のドラマ)

4.2

5人を手にかけた殺人鬼クナナンと、最後の犠牲者となったヴェルサーチ。
行き来する時間の中で、クナナンと犠牲者たちが生きた時代、同性愛者への抑圧と嫌悪、あの病の影を描出する。
ダレン・クリス他キャストの
>>続きを読む

0

宮本から君へ(2018年製作のドラマ)

3.7

思いのほか良くて、泣いたり泣いたりぐいぐい見進めたものの終わり方が少し物足りなかった。
第二弾構想とか無いのかな。

OPとED最高。

0

HOMELAND/ホームランド シーズン2(2012年製作のドラマ)

3.5

ティモシー・シャラメさん目当てでS2だけ鑑賞(ごめん)。
シャラメさんは副大統領の息子役で、彼と恋に落ちるモーガン・セイラーと共に大人の事情に絡め取られて苦しむ若者を好演してた。
出演回だけ見ようと思
>>続きを読む

0

ナルコス シーズン2(年製作のドラマ)

4.1

パブロ・エスコバルの栄枯盛衰クライマックス。
退場に惜別の思い冷めやらず。
いや、良くも悪くも悪くも悪くもこの人すごいよねっていう稀代の悪人を演じ切ったヴァグネル・モウラに拍手。
ボイド・ホルブルック
>>続きを読む

0

ロイヤル・ペインズ ー救命医ハンクー シーズン4(2012年製作のドラマ)

3.0

ティモシー・シャラメさん出てるS4E1とE2だけ視聴。
S2が割りと彼のメイン回。
パパ役がヴァイキングのホリック王役ドナル・ローグ!

0
>|