エクストリームマン

マンダロリアンのエクストリームマンのレビュー・感想・評価

マンダロリアン(2019年製作のドラマ)
4.6
Chapter 1: The Mandalorian
やっぱりあのマスクは無性にかっこいい。治安の悪い酒場、道案内してくれる原住民の翁にガトリング砲(ビームだけど)まで出てくるので完全に西部劇!やっぱジョン・ファヴローはわかってる。あとデイヴ・フィローニも実写の実績出来たからもう本編撮っても大丈夫なのでは?

Chapter 2: The Child
盛大に地面泥濘んでたし、翁から忍耐と交渉学ぶみたいな流れあったから、西部劇要素が1話と併せて100%揃った感。そして子連れ狼編突入。集まるとジャワは意外に強い。犀的な動物と戦わさせられるのはシリーズの伝統なのかな。翁いいやつすぎるし宇宙船直せるとかハイスペックすぎ

Chapter 3: The Sin
前半のクライマックス回。マンダロリアンたちが良すぎるでしょ。信仰心も篤いようだし、彼らはある種の僧兵なんだ。そして、自分の紋章を持たない=生まれながらのマンダロリアンではない?主人公が彼らの中で認められ慕われていることがわかる回でもあった。This is the way !

Chapter 4: Sanctuary
ついに来た(来ると思ってた)七人の侍、もとい荒野の七人回。訓練シーン好き。日が昇る前の薄暗がりと霞がかった畦道は一乗寺の決闘か。ジーナ・カラーノ演じるキャラ・デューンがまたいい味。古強者感が素晴らしい。ゲストが毎回カラッとしてていい。子連れ狼に平穏は訪れるのか