エクストリームマンさんの映画レビュー・感想・評価

エクストリームマン

エクストリームマン

他所で書いたものをぼちぼちまとめるのと、新しく観たものを書いていこうかと思います。

映画(809)
ドラマ(11)

劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~(2017年製作の映画)

3.8

はいからって、最早使われない言葉な気がする。

現代では描き得ない形で発現する運命や困難を描く装置としての明治大正時代を舞台としたラブコメ。親同士(というか、祖父母の代で決めた)結婚とか、戦争とか、身
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.7

Want some candy?

プレデター、都へ行く。

様々なパターンで殺しまくるプレデターを観られる。ダニー・グローヴァーのリーサル・ウェポン感が最高。メル・ギブソンがいたら、プレデター殲滅し
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

You kind of look like a slutty Ebola virus.

いや、オークワフィーナ最高だな。しかもケン・チョンと親子役という。

極めて古典的なシンデレラストーリーを、現
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.9

Could any of this be connected to Sarah?

LAパラノイアモノの系譜。ドッグキラー、陰謀を吹聴するZINE、次々と消える金持ち、フクロウのキス、歌詞に隠されたメ
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

3.1

音量を上げなくても、何を言いたいのかはわかった。それくらいストレートな映画。

ふうか(吉岡里帆)の自室でデビルおばさん(ふせえり)、ザッパおじさん(松尾スズキ)、シン(阿部サダヲ)のしょーもないやり
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

2.0

last 1%, that's up to you.

原作がどうなっているのか知らないのだけど、話運びが雑になるところとか、決着の付け方とか、諸々が気になって気になって。イーライ・ロス感微塵もない(
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.4

Well... home is where the battle is.

シャールト・コプリー七変化を楽しむ映画。彼、もともとゲームキャラ感あるもんね。敵役がニコラス・ケイジ版『ゴーストライダー2』
>>続きを読む

トレマーズ(1989年製作の映画)

3.7

I'm older and wiser.

クローズドな舞台であり、誰をどのタイミングで消す(喰わせる)かが全ての映画で、タイミングも消し方も見事。各人のキャラクターの立て方も素晴らしく、低予算だろ
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.6

和服のヨゴシが云々みたいなことは最早言うまい。

修羅の道行きを2時間の映画にするということで、結果として主人公が延々「疲れている」のは別に構わないのだけど、その中にも緩急がないと印象が平面的になって
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.2

By the way, I'm behind you.

ドウェイン・ジョンソンにとって、義足がなんのハンデにもならないことがわかる映画。それだけといえば、それだけ…。

結構明示的に『ダイ・ハード』
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.3

There are two kinds of pain in this world.

※ネタバレしてます。

ロバート・マッコールの帰還。鬼神の如き強さと前作で語られなかった彼の過去を物語ることは、
>>続きを読む

ムーントラップ(1989年製作の映画)

3.3

We don't take no shit from machines!

ブルース・キャンベルが出るに相応しい映画。シンプルに、月になんか技術力高い太古の人類の生き残りと、やたら殺したがるロボット生
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.0

Get to the choppers!

これぞ「人を殺して捨て台詞」映画であり、シェーン・ブラックの映画だ!

とにかくルーニーズが最高で、彼らが楽しそうにしているだけでもう何も文句はない。「軽
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

Luck don't live out here.

※ネタバレしてます

タイラー・シェリダンによる「フロンティア三部作」最終章。インディアン保留地:ウィンドリバーで起きた”事件”を入り口に、元来人
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.8

please stand by.

物語の世界に浸り尽くすこと、そして物語ることが救いと闘い(それはほんの手の届く距離の何かに手をのばす類の、個人的で最も切実な闘いだ)そものとなることを思い出させてく
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

Just keep swimming

元英国飛び込み代表選手ことジェイソン・ステイサムの初☆水辺映画。水を得たステイサム。

これだけ金かけてサメ映画が作られたってことにただただ驚いて、正直出来はど
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.2

科学の境界と世界の秘密についての映画。

生来の気質と教育(主に父親からのものに違いない)の結果、科学的思考を身に着けた主人公:アオヤマくん(北佳那)が、周囲で起こった身近なふしぎから、やがては世界の
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

Everyone says they're trying to help me but nobody can find me the new episode of Brigsby.

あまりにも…あま
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

And it's not in your blood?

緊張感?整合性??ナニイッテンだ、オーシャンズシリーズだぞ!…ということで、チームがオール女性キャストのシリーズ最新作。もう、わざわざ「オール
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

Wazzuuuuup?

なんだろう。とても良くできているし、見所も多々あって、続編としてやるべきこともきちんとやっているのだけど、何かが足りないような。足りないというか、足りないことが特にないことに
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.5

You don't talk, you watch talk shows.

物語は14年前公開の前作ラストの直後から開始。アンダーマイナーのドリルを止めた結果違法ヒーロー活動で逮捕され、ついには政府
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.7

You need a new suit, that much is certain.

個人的にブラッド・バード作品では『アイアン・ジャイアント』がいまのところ不動のベストなので、他がまぁアレ(『ト
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

初回を事前情報ナシで観られたのは幸運だった。ポスターすらちゃんと観ていなかったので、コワすぎ的なやつかなと勝手に思っていた程度。コワすぎとは違ったけど、普通に楽しい(普通に楽しい、ということはとてもす>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.6

個人的にはナンダカナーと思った前作よりはかなり持ち直した感じ。ノワール感のあるオープニングがいいね。

個人的に演技してる北川景子が新鮮だった。彼女の出ている作品をあまり観たことがないからかな。演技し
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.4

Which way, Benji?

トム・クルーズ×クリストファー・マッカリー監督のコンビネーション、第三弾。クリストファー・マッカリーの脚本参加含めると五度目くらい?

シリーズ6作目にして、イー
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

1.0

マジでどうなってんだこれ。

先ず普通にアニメーションとしての質が低いよね。CGゴジラのデータ量は多そうだけど。

無能なサイコパス扇動者が相変わらず主人公ポジション。前作終わった時点でアイツ消しとか
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.8

何か言うなら、ちゃんと観てから。

ということで、笑いに行ってきた。原作知らずに観たらどう見えたのだろう。まぁ、知っていても、不可思議な映画ではあったけど。

個人的に『BLEACH』は何周かして「お
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

Welcome... to Jurassic World.

ウェルカムトゥアンダーグラウンド感。

『プロメテウス』『エイリアン:コヴェナント』に怒ってる人の気持が少しわかったような気がする。遺伝子
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

3.8

バーフバリが真面目になってしまうところが少し残念。カッタッパとか、前編最後からの流れが激アツなのはその通りなんだけど、個人的には蛇で注意を逸した隙に刺青入れるバーフバリが好きだったんだよなー。身分制の>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

前編の方が好きかな。

ニヤニヤ笑いながら、一目惚れした女の腕と肩に勝手に刺青入れるところが全編の中で一番面白い。超人変態ストーカー映画として完成されている。ストーカーが超人だった場合の厄介さがよくわ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.7

Is it a good day?

ロン・ハワードが恐ろしいほど無難でつまらないものに仕上げたと思うけど、逆に引き継いだタイミング考えたらよくそこまでやれたなとも思う。フィル・ロード&クリス・ミラー
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

There are two things that will make the mayor move. Fear and greed.

何を犠牲にしても、そこでしか生きられなかった者たちの物語。題材
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.2

Do you believe in ghosts, doctor?

※ネタバレしてます

ホラーかと思ったらコメディでした。スピエリッグ兄弟、やっぱ独特で面白い。

ヘレン・ミレンが演じるサラ・ウィ
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

2.5

観たのに付け忘れてた。

なんというか、もう何を言ってもね。嫌なら来るな、そういうことなんでしょうね。別に嫌いでないけど好きでもなくて、どうでもいいといった感情が殆ど。『レディー・バード』にあってこの
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.0

ゴリラグロッド=子安武人の出落ちが全て…。

中島かずきらしいシナリオだし、つまらないわけではないのだけど、バットマンでなきゃいけない理由が特に見いだせなくて、バットマン要素と日本(戦国時代)要素が結
>>続きを読む

ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄(1992年製作の映画)

4.7

The times they are a-changin' back.

ギター片手に遊説し、カントリーソングにのせて古き良きアメリカを取り戻そうと説く男:ボブ・ロバーツ(ティム・ロビンス)の選挙活動
>>続きを読む

>|